コストブログ2 本・映画・ドラマ等レビュー

プロフィール

Cost

Author:Cost
管理人のコスト(cost)です。
ご連絡はcostblog2@yahoo.co.jp まで、当ブログの著作権は一部画像をのぞきコストに帰属します。無断転載禁止。
FC2 Blog Ranking


カウンターは旧ブログと共通(カウントも通して計測)

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

広告バナー

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

広告バナー2

【オススメ番組】IPPONグランプリ

 最近、ネットで『IPPONグランプリ』を観ている。
IPPON
IPPONグランプリのチェアマンの松本人志

これが面白いっ。

 大喜利(おおぎり)番組なんだけど、芸人の頭の良さ、回転の速さがもろに出てる。 IPPONは天国(尊敬)、0ポイントは地獄(さらし者)。

 また、日村や吉村などは、IPPON取れない=すべった後でもキャラで笑いを取ってるからすごい。

 芸人ってほんと頭が良くないとできない。一部、狩野英孝みたいな天然もいるが、一般人はあの短時間で笑いを取る回答なんか出せないよ。

さらに過去の動画を観てると、ホリケンが優勝した回があって驚いた。あのホリケンがw

オススメ番組。

~~~~
関連記事:【特別ドラマ】『報道ドラマ 生きろ 〜戦場に残した伝言〜』『LEADERS リーダーズ』【オススメ】
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-881.html
【オススメ】福山雅治の上京物語【ラジオ】
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-784.html
【オススメ】踊る!さんま御殿 沖縄出身芸能人SP
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-751.html
【オススメ】しくじり先生「マラドーナ」
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-710.html

【Wiki】MMR マガジンミステリー調査班
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-667.html
【書評】塩野七生著『海の都の物語―ヴェネツィア共和国の一千年―』
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-765.html
本・映画・ドラマレビューカテゴリー
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-category-11.html

テーマ : TV番組 - ジャンル : テレビ・ラジオ

tag : IPPONグランプリ

【Wiki】ドラマ『ロケット・ボーイ』のWiki

 2001年に放送されたドラマの『ロケット・ボーイ』は、1回も観てないが主演の織田裕二が椎間板ヘルニアで入院したことで、当初全11回の予定だったものを再構成して、全7話で制作・放送されたのを覚えていて、Wikiを読むとなかなか面白かった。

Wiki『ロケット・ボーイ』から抜粋。
「とあるハプニングをきっかけに知り合い意気投合した、30代のサラリーマン3人が成長していくさまを描いた青春グラフィティ。
 
 主人公・小林晋平が宇宙飛行士への夢に挑む姿や、3人の親子関係・結婚をめぐるドタバタなどがストーリーの軸になっている。

 本作品収録中、主演俳優の織田裕二が椎間板ヘルニアで入院し、第3話以降の収録・放送が一時不可能な状態になった。

 それに伴い、第2話オンエアのあと4週間放送を休止し、当初全11回の予定だったものを再構成して、全7話で制作・放送された。

 なお、中断期間中はドラマ『踊る大捜査線』(織田とユースケ・サンタマリアが出演していた)の特徴的な回を抜粋した再放送『ザッツ踊る大捜査線』が充てられ(ユースケと市川染五郎が解説役を務めた)、『ロケット・ボーイ』本編よりも平均視聴率が上回るという、本編スタッフにとっては屈辱的な結果となった。

 全7回の平均視聴率は18.8%(『踊る大捜査線』再放送全4回の視聴率は平均21.3%)。なお、この再放送の好評を受け、視聴者からの要望もあり、当初放送予定の無かった最終回部分を『ザッツ踊る大捜査線ファイナル』として別枠で再放送を行った。

 本作は一度もセルおよびレンタルソフト化されていない。」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%82%A4

 再放送『ザッツ踊る大捜査線』が新作ドラマよりも視聴率良かったってwなんのための新作だよw

 脚本は宮藤官九郎で、今『ゆとりですがなにか』(日テレ)の脚本も担当していて、2chの掲示板では『ゆとりですが』は『ロケット・ボーイ』のやり直しなのではと書かれているが、確かにところどころ設定が似ている。

 『ゆとりですがなにか』の舞台は高円寺で、同じ杉並の中央線ということもあって観ている。
 今ドラマで観ているのは、『真田丸』と『ゆとりですがなにか』の2本。
 しかし、この2年ほどでテレビを一切見てないという人が2人いて、宇宙人と遭遇したかのように驚いた。マジかw
 観ないことにもメリットはいくつかある。しかし、観ないという選択肢は選べそうにない。

【オススメ番組】IPPONグランプリにつづく
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-1013.html

~~~~
関連記事:【特別ドラマ】『報道ドラマ 生きろ 〜戦場に残した伝言〜』『LEADERS リーダーズ』【オススメ】
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-881.html
【オススメ】福山雅治の上京物語【ラジオ】
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-784.html
【オススメ】踊る!さんま御殿 沖縄出身芸能人SP
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-751.html
【オススメ】しくじり先生「マラドーナ」
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-710.html

【Wiki】MMR マガジンミステリー調査班
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-667.html
【書評】塩野七生著『海の都の物語―ヴェネツィア共和国の一千年―』
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-765.html
本・映画・ドラマレビューカテゴリー
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-category-11.html

【特別ドラマ】『報道ドラマ 生きろ 〜戦場に残した伝言〜』『LEADERS リーダーズ』【オススメ】

 実話を基にした特別ドラマのオススメを紹介。
 HDDのおかげで100時間以上軽く保存できるので、数年前のドラマでもすごくいいのは残してあるが、その中で何回観ても良い作品だと思うのは、以下の2作品。

 『報道ドラマ 生きろ 〜戦場に残した伝言〜』(2013年8月7日放送)。
 テレビ未来遺産"終戦"特別企画として、戦中最後の沖縄県官選知事・島田叡知事の昭和20年1月6月23日の沖縄戦終結の日までの5ヶ月間を描く。
 主演は緒形直人。
 制作プロデューサーの藤原康延は、島田叡の母校である兵庫県立兵庫高等学校の後輩。

 多くのWebサイトで解説もされているし、解説よりも実際の作品を観たほうがいいと思う。それぐらい島田叡知事を演じた緒形直人や的場浩司(沖縄県警察部長・荒井退造)の演技が良く、ドラマの構成も見事だった。

 この2人(ともに内地出身)は島守(しまもり)として、戦没した458人の沖縄県庁職員とともに糸満市摩文仁が丘に合祀されている。

 沖縄好きなせいか、2時間以上の作品だけど何回も観ている。再放送してもいい作品。
 沖縄には15回以上行っているが、そろそろ摩文仁の丘にも行こうかと思う。沖縄本島の最北端まで行っているが、激戦地だった糸満には未だに行っていない。
 
関連記事:S川話「尊き人、沖縄県知事 島田叡」
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-953.html


 トヨタ自動車の創業のドラマ『LEADERS リーダーズ』(2014年3月22日、23日放送)。
 トヨタ自動車創業者、豊田喜一郎をモデルに、国産自動車に人生をかけた人々を描く。
 主演は佐藤浩市。

 このドラマで、トヨタの創業者は資金融資繰りで心労で亡くなったことを知った。ドラマでは、経理担当者が亡くなった設定だが、現実のほうがすごかった。トヨタですら銀行の貸しはがしにあっていたのか。

 ドラマの中では西国銀行と架空の銀行になっていたが、ドラマを観た後はほとんどの人が検索したと思う。この時の悪役の銀行担当者は、演技うますぎw嫌なキャラ過ぎるw

  『LEADERS リーダーズ』視聴率は、関東地区では前編13.7%・後編15.4%、トヨタ本社のある名古屋地区では前編20.3%・後編22.2%。

 偶然、2作品ともTBSの制作。
 TBSは、オウムの坂本弁護士事件のTBSビデオ問題や、『どうぶつ奇想天外!』で写真家の星野道夫氏の死の原因を報告書で隠蔽する(星野道夫ヒグマ襲撃事件)など問題が多いが、この上記の特別ドラマ2作品は素晴らしかった。

~~~~~
関連記事:S川話「尊き人、沖縄県知事 島田叡」
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-953.html
【オススメ】福山雅治の上京物語【ラジオ】
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-784.html

【オススメ】踊る!さんま御殿 沖縄出身芸能人SP
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-751.html
【オススメ】しくじり先生「マラドーナ」
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-710.html

【Wiki】MMR マガジンミステリー調査班
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-667.html
【書評】塩野七生著『海の都の物語―ヴェネツィア共和国の一千年―』
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-765.html
本・映画・ドラマレビューカテゴリー
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-category-11.html

tag : 報道ドラマ 生きろ 〜戦場に残した伝言〜 LEADERS リーダーズ 島田叡知事

【オススメ】福山雅治の上京物語【ラジオ】

 youtubeでアップされている「福山雅治の上京物語」を全部聞いてしまった。
作業用BGMとして聞いたのだが、テンポも良くてなかなかに面白かった。1話から12話まで、1回3~10分程度(最終回だけ31分)。

 タイトル通り福山雅治が、長崎から上京して事務所オーディション、メジャーデビューまでの物語なのだが、これが高校受験の話やら小学校体育ボイコット事件、東京に来て住んだ部屋、材木屋でのバイト先での話など色んな話があって実に面白かった。
 よく出てくる単語の「バカばい~」の九州弁がウケるwひさびさに九州弁聞いたなあ。

 俺も上京して10年過ぎたんだよなあ。この部屋も11年目だ。
福山20151030
福山雅治の上京物語 第1話 高校卒業編
https://www.youtube.com/watch?v=ufYQo0uhOrs

~~~~~~
関連記事:【オススメ】踊る!さんま御殿 沖縄出身芸能人SP
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-751.html
【オススメ】しくじり先生「マラドーナ」
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-710.html
【Wiki】MMR マガジンミステリー調査班
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-667.html
本・映画・ドラマ等レビューカテゴリー
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-category-11.html

tag : 福山雅治の上京物語

【書評】塩野七生著『海の都の物語―ヴェネツィア共和国の一千年―』(ver.1.5)

 6月末の沖縄旅行あたりからずっと塩野七生のイタリア関係の本を読んでいるが、どれも面白い☆

 偶然最初に『ルネサンスとは何であったのか』を読んだのも入門編としてはちょうど良かったが、今は『海の都の物語―ヴェネツィア共和国の一千年―』の3巻まで読み終わった。
 
 都市国家として成立したヴェネツィアの素晴らしい国家運営(統治ではなく、会社経営に近い)、経済を中心に政策で、専制君主国家にもならないよう権力の集中を避け、独自の政治機構を生んだところは、「こんな形の国家もあるのか」と人間の歴史のバリエーションの深さを思う。

 世界史で第4次十字軍を、
「第4回十字軍(1202年 - 1204年)は、フランスの諸侯とヴェネツィアを中心として行われ、結果的にキリスト教国の東ローマ帝国を攻略し、コンスタンティノープル(現イスタンブル)を陥落させ、略奪・殺戮の限りを尽くしたため、最も悪名の高い十字軍と言われる」
と授業で習ったが、それをヴェネツィア側の歴史と見れば実際はどういう事情だったのか、面白いほどその謎が解けた☆

 省略するけどそんなにいろんな事情あったのか、銭ゲバだけじゃなかったんだな、納得。塩野七生グッジョブ!!世界史の授業でもこういう説明があると面白いんだけど、今の授業は受験用だからそこまでやらないんだよなあ。でも、世界史やっておいて良かった。

 ほんと、悪ってのは見る立場によって変わるなあ。ヴェニスの商人とか、あれを史実だと思ってたらダメだな(笑)。

 そして、3巻の同じくイタリアの都市国家のジェノヴァとの海洋国家との覇権をかけたライバル決戦は、これが歴史を元に書かれたとは思えないほど手に汗握った。

 簡単に説明すると、
 組織力と政治力のあるヴェネツィア、個人主義(共同歩調が大嫌い)で天才的な船乗りを生み出すジェノヴァの、まったく異なる海洋都市国家同士の百年以上の争いは、経済的にも軍事的にも同じ規模の国家同士なので両者ともに決定的な勝利を勝ち取れないまま続いていたが、

 1378年、第4次ジェノヴァ・ヴェネツィア戦役で、ついにジェノヴァがハンガリー王国とパドヴァ僭主との三国同盟と、海戦の勝利によってヴェネツィア本国を包囲するに到る。
 
 陸上も海上も封鎖され、建国以来の危機が迫ったヴェネツィアは、他国からの援軍も期待できない状態で死力を尽くして防戦をすることを決意する。

 ここで、ヴェネツィアの組織力と政治力が発揮される。
・元々、食糧を輸入に頼っていたヴェネツィアは、常時三ヶ月分の備蓄がある小麦を配給制にする
・各地域の防衛には、その区の住民が受け持つ総動員令を敷く(当時のヴェネツィアには陸軍がない)

・ヴェネツィアの城壁ともいえる潟(ラグーナ)の水路にジェノヴァの艦が入れないように杭を打つ。
(ラグーナの中にある島がヴェネツィアなので、陸からは攻めることができない。海からはラグーナの水深が複雑なので、座礁の危険を避けたジェノヴァは直接的な攻撃はせずに包囲して干上がらせて降伏させようとした)

・海戦で敗退した艦隊を造船所で再建する。しかし、艦には戦闘員と水夫がいるので、戦闘員は傭兵を雇うことにして、その費用を貴族への国債の割り当てと、多額な寄付をした者には政治に参加できる貴族の資格や、外国人なら市民権を渡すことにしてまかなう。
 水夫は海外からの調達ができないので、一般市民の商店の店主などを駆り出して特訓し、にわか水夫に仕立て上げる。

・ジェノヴァの勝利に終わった先の海戦には参加してなくて、海外に出ている別のヴェネツィア艦隊を呼び戻すため、包囲網を突破する決死隊を出す

・敵の三国同盟の解消のために外交交渉を続ける

・海戦の敗戦の責任を問われて投獄されていた海戦の司令官を、法の権威を捨ててでも釈放し、再び海戦の指揮を任せる決断をする。(これには、船乗りたちからの絶大な支持が司令官にあったという背景がある)

 自力で防ぎきると、背水の陣で挙国一致体制を敷いたヴェネツィアがジェノヴァを追い払うところは、本当に歴史って面白いって思った。

 著者の塩野七生は、「優れた統治能力こそ、資源を持たない、土地と人口の少ない都市国家にとって、生きのびる唯一の道であったからである」と書いている。1300年代の話だよ、これ。

 また、ヴェネツィアが長く繁栄したことについて、
「すべての国家は、必ず一度は盛期を迎える。しかし、盛期を何度も持つ国家は珍しい。なぜなら、一度の盛期は自動的に起こるが、それを何度も繰り返すのは、意識的な努力の結果だからである」
とも書いている。
 
 その後、ジェノヴァは個人主義の一方で政治的には内ゲバが多くまとまりを欠き、国家としてはヴェネツィアよりも先に衰退していく。
しかしながら、ジェノヴァの船乗りが優秀なのは後にアメリカ大陸を発見するコロンブスが出たことでもわかる。

 ああ、イタリア行きたいなあ。ヴェネツィア、ジェノヴァ、ローマ・・。よだれが出そうだ。でも、今のイタリア人って「イタ公」って呼ばれるほど、マナーが悪いとヨーロッパじゃ言われてるんだよなあw

 元々は、移動中にスマホの電池が予備も切れた時の読書用と、機内で電波が使えない時に読み始めたのだが、めっちゃはまってる。残り、4.5.6巻も楽しめる。塩野七生の文章がこれまたうまいんだよなあ。そのなめらかさと鋭さにほれぼれする。
機内での本
沖縄から羽田に戻る機内で読んでいた 『ルネサンスとは何であったのか』

~~~~~
関連記事:【読書】『悪者見参 ユーゴスラビアサッカー戦記』『オシムの言葉』
http://cost-off.seesaa.net/article/158464162.html
【ドラマ】リーガル・ハイの長台詞
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-378.html

テーマ : 紹介したい本 - ジャンル : 本・雑誌

tag : 塩野七生 海の都の物語 ヴェネツィア

【オススメ】踊る!さんま御殿 沖縄出身芸能人SP

 2015/9/1.に放送された踊る!さんま御殿 沖縄出身芸能人SPを観た。めちゃめちゃ笑ったw
 毎年沖縄に行ってるが、沖縄のテンポというか、イージーさに慣れるのに何年もかかったのを思い出した。

 さんま御殿で特に笑ったのはタクシーの下り。
・恩納村でタクシーをひろって那覇空港までと言うと、「遠い・・」と首を振って拒否される。儲かるのに遠いからと断られる
・バックをする時にお客さんに「バック見といてね~」と平然と言う
・高速道路に乗ると、高速のチケットを助手席のお客に持たせる
・夕方の交代時間になると、お客が手を上げていてもスルー
・個人タクシーで車内をプライベート空間にカスタム化する
・あきらかに遠回りの海沿いの道を行くので、これ遠回りですよね?とツッコむと
 「すいません、さっきちょっと嫌なことがあって・・」と、海が見たかったという

・支払いで1万円を出すと、不機嫌になって「つり銭ないよ!コンビニで崩してきて」とお客に言う
・賃走中にレンタルビデオ屋に寄って「ちょっとレンタルDVD返すね~」と言って、自分がレンタルしているのを返却しようとする

 あと、食堂で味が落ちたと思ったが、気をつかって「作っている人変わった?」というと、「あんたっ毎日おいしく作れないよ!」と言い返れたとか、ほんとひどいwビバ!沖縄w
20150901odoru-sanma
ガレッジセールのゴリは沖縄ネタと毛深いネタの時は面白いw

~~~~
関連記事:【オススメ】しくじり先生「マラドーナ」
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-710.html
【オススメ】福山雅治の上京物語【ラジオ】
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-784.html
【Wiki】MMR マガジンミステリー調査班
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-667.html
時事ニュース・2chネタカテゴリー
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-category-16.html
本・映画・ドラマ等レビューカテゴリー
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-category-11.html

テーマ : お笑い/バラエティ 全般 - ジャンル : テレビ・ラジオ

tag : 踊る!さんま御殿 沖縄出身芸能人SP ガレッジセール

【Wiki】大槻ケンヂ

 移動中、手持ち無沙汰なので、昔テレビで、医者から「UFO禁止令」が出されたという話をしていた大槻ケンヂのWikiを見たら、爆笑ww

 ファンでもなく、まったく思い入れはないが、あまりにも面白かったのでWikiネタとしてアップ。
以下、Wiki「大槻ケンヂ」から引用。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E6%A7%BB%E3%82%B1%E3%83%B3%E3%83%82

 まず冒頭にわざわざ「当Wikipediaの記載を大槻ケンヂ当人は不本意と考え、一切参考にしてほしくないと思っている」との記載がある。

・父、母、兄の4人家族。父は信用組合の理事で支店長をしていた。兄はTVカメラマンの大槻慎一。父方の伯父は松竹を経てフリーとなった映画監督の大槻義一。特に両親は大槻のエッセイにも度々登場しており、その時々で面白おかしくエピソードが披瀝されている。

 大槻いわく父は「石橋を叩いても渡らない」几帳面な人間で、母は「イー加減」「アバウト」で大らかな人間である。筋肉少女帯が売れ出した頃、ライブに出かける際、母親に「ケンちゃんコロッケ揚げたてだから、食べていきなさい!」と呼び止められたり、感謝の意も込め収入からまとまったお金を渡すも、父親は息子が仕事にあぶれても収入が得られるようにとそれを元手に賃貸アパートを購入するなど、家人のおよそロックとはかけ離れた庶民臭さを嘆いている。

・26歳からの3年間、タイで食べたオムレツに入っていたマジックマッシュルームがきっかけで心的外傷後ストレス障害に悩まされる。

・快獣ブースカのぬいぐるみを我が子と称して多数所持しており、寝食を共にするほど。特撮ではブースカをモデルにした「文豪ボースカ」という曲を制作、ライブのMCにもボースカ(ブースカ人形)を参加させている。

・エッセイなどで臆面もなく「スケベー」と自認する。幼少時に水に濡れてスーツがテカテカになっていたウルトラセブンを観て性に目覚めたと語る。
 また、第39・40話「セブン暗殺計画」での夕日に照らされる十字架張りされたセブンに勃起したとも発言している。

 バンド結成以前は女性との縁も皆無で交際のきっかけさえ掴めずポルノ雑誌やビニ本、アダルトビデオで性欲を処理、バンドを結成してインディーズで話題になるまで全くモテなかったと言う。
 また初体験の相手はデビューしてから彼を取り巻きはじめた『ナゴムギャル』(ナゴムレコードファンの女の子)で、言い寄ってきた女性ファンらとその都度性交目的の交渉を行っていた。
 バンドブームが隆盛するに従い、スタッフがバンドメンバーに女性ファンを手配するようになり、さらにはロックバンドとの性交渉目的の女性ファン(ファック隊)にまで手を広げる。

 数多の女性遍歴を自著やトークなどにおいて赤裸々に語っており、性経験を題材にしたエッセイ『愛の履歴書』や『バンドマンの恋人になる方法』を著している。噂に基づく推測で「千人斬り」と目されてきたが、テレビ番組『美しき青木・ド・ナウ』にゲスト出演した際、大槻は「千人も斬ってないから300人くらいに直しておいて」と訂正を求めた。
 童貞時代の性に対する執着と妄想を熱心に語る反面、言い寄ってきた女性らに「自分だけは特別でありたいと願う自己顕示欲を満たす代償行為としてのセックスではないか」と述べている。

・「物品販売も大事」と悟り、バンド活動と共に販売促進に勤しむ面もある。

・特にUFOに関しては本人もマニアを自称するほど詳しく、一時期は心療内科の医師から「UFO禁止令」を出されたほどであったという。
 関連書籍も「百冊以上」読んできた識者とも言えるこだわりようだが、本人はUFOのみならず超常現象全体について「単純に「ある」「ない」だけで考えるのは馬鹿げている」「超常現象に関わった人々の人間ドラマ、その数奇さが面白い」という持論がある。

・荒木飛呂彦の長編作品『ジョジョの奇妙な冒険』第四部「ダイヤモンドは砕けない」には、筋肉少女帯の曲の歌詞からの引用や、当時の大槻のルックスを参考にしたキャラクター・音石明(スタンドはレッドホットチリペッパー)が登場している。
 
・藤田和日郎の短編集「暁の歌」に収録されている「空に羽が…」では筋肉少女帯の「機械」から出典となっており、内容も同曲を漫画にしたような内容となっている。

・冴島奈緒・結城ゆかり共演のアダルトビデオ「女教師の下着」(1989年4月24日 マドンナメイト)に生徒役で出演したことがある。絡みシーンはない。AV出演したことを宝島に掲載され、それが大槻ケンヂ本人であることを1989年6月28日の伊集院光のオールナイトニッポンにゲスト出演した際告白している。

・オールナイトニッポンのパーソナリティーを担当した際、当初はプレッシャーから放送前に毎回のようにブロン液を一気飲みしたり、飲酒して放送していたと後に告白している。
(引用終わり)

ロックミュージシャンというより芸人やんw

~~~~
関連記事:【Wiki】MMR マガジンミステリー調査班
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-667.html
【オススメ】しくじり先生「マラドーナ」
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-710.html
【オススメ】踊る!さんま御殿 沖縄出身芸能人SP
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-751.html
【盗撮逮捕】2015田代砲発射!【タシーロ】
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-717.html

テーマ : 芸能界のニュース - ジャンル : アイドル・芸能

【オススメ】しくじり先生「マラドーナ」

 昨夜放送された「しくじり先生 俺みたいになるな!!」(TV朝日)の「しくじり偉人伝 マラドーナ」を観た。
めちゃめちゃ笑ったww
ぜひオススメ!
バラエティでは今年上半期トップクラスの面白さだった。

 旅行に出るので詳細を書く時間がないが、
キーワードだけ書くと、
・ワールドカップ5人抜き、神の手などサッカーで国民的英雄になり、世界的な名声を得る
・名声の次に手にしたのが麻薬(コカイン)→中毒になる
・ドーピング検査で発覚する→ドラッグでサッカー界を追放
・隠し子騒動→隠し子などいない!→DNA鑑定で子どもと確定→ただ忘れていただけだった
・別荘に詰め掛けた報道陣にエアガンを乱射!(ここが一番笑ったww)
・ドラッグで危篤状態になる
・死亡説が流れる→アルゼンチン政府が生存確認に動き出す→病院でバーベキューをしていたw
・年を取ってから愛人にもっと格好良くなってと言われて整形手術→おばさんみたいな顔になる→あだ名が「ママドーナ」
・天狗期→大天狗期→超天狗期(今ここ!)

これが内容の一部ってどんだけ濃い人生なんだよw
こんなに笑った1時間番組は久々w
しくじり先生
オリラジのあっちゃんが先生の回はハズレがない

~~~~
関連記事:【オススメ】踊る!さんま御殿 沖縄出身芸能人SP
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-751.html
【オススメ】福山雅治の上京物語【ラジオ】
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-784.html
【盗撮逮捕】2015田代砲発射!【タシーロ】
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-717.html
本・映画・ドラマ等レビューカテゴリー
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-category-11.html

tag : しくじり先生 マラドーナ エアガン乱射 ママドーナ

【Wiki】MMR マガジンミステリー調査班

 移動中、読む物がない時にはWikipedia(ウィキペディア、以下Wiki)を読むのだが、「な、なんだってェー!!」で有名なMMR(マガジンミステリー調査班)のページを読んだら、あまりにも面白かったのでいくつかを抜粋して紹介。
・の後が抜粋部分。
mmr
有名なMMRの「な、なんだってェー!!」

・『MMR マガジンミステリー調査班』は、石垣ゆうきによる日本の漫画作品。
『週刊少年マガジン』(講談社)に不定期連載(連載期間1990年-1999年)された。

・当初はMMRのメンバーが様々な超常現象を科学的に解明していくという主旨であったが、単行本の2巻以降はノストラダムスが残した予言詩を物語の軸に据えることで、謎の組織や政府の陰謀が登場し始め、後年のテレビドラマ『Xファイル』にも似たSFミステリーとなっていった。掲載されるのは合併号が多い。

↑そうか、合併号が多かったのか、子どもだったのでそういう掲載の周期のルールはわからなかった。
ただ、よく覚えているのは、ブログの記事にもなっているこっさん(中学の友達)の家に中学のテスト期間中に行き、
(こっさん関連の記事は、http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-14.html

俺「こっさん、テスト勉強はどれぐらいやってる?」
こっさん「君はマガジンを読んでいないのかね?テスト勉強をしても意味がない!世界が終わるというのに」
俺「は?」
こ「MMR!MMRにそう書いてある!」
(マガジンを指差すこっさん)
とのやりとりがあった。

 説明すると、テスト期間中でマガジンにMMRが掲載され、世界の終末が近いみたいなことをキバヤシが熱弁していていたのだ。
こっさんは、それを理由にしてテスト勉強から逃避していたという話だったw
 MMRの内容はほぼ覚えていないが、多感な中学生にはもう世界は終わってしまうと読んだ瞬間に意識させてしまうインパクトがあった。
でも、翌週には忘れてしまうというパターンなので、毎回掲載されるごとに新鮮な世界の終末を味わえたものだったw

キバヤシ3
キバヤシが「必然」といえば必然なのだろうw

Wiki「MMR」の抜粋に戻る。

・キバヤシ(隊長)
  IQは170の超天才で、日本語・英語・フランス語の3ヶ国語を扱える。超常現象・ノストラダムス解釈に精通している。
  信条は、「即断は禁物」。自分が納得行くまで調査し、MMR内でも最も真面目に描かれる。当初は超能力に否定的な姿勢も見せていたが、後にナワヤに簡単な実験で説得され、鍼治療のこともあり再評価するようになった。どんな謎も調べて結論を下してしまうが、詳細が分からない場合も多い。
モデルは当時週刊少年マガジンの編集者であった樹林伸(1巻「超能力は実在した!」にて本人とおぼしき人物の写真も掲載されている)。

↑キバヤシの漢字表記は「樹林」だったのか。「木林」ではなかったんだなwWikiによって長年の謎が解けていく。
IQの基準は、キバヤシ以上だとIQ170になれるということか。とにかく、キバヤシの絶叫とポーズまで鮮明に覚えているw
キバヤシ
MMRのキバヤシ
画像拾って来ようにも台詞をいじったネタ画像ばかり出てくる。衰えないキバヤシ人気!
この画像も台詞いじっているのかどうかもわからないw
毎回の決め台詞とポーズはマネした記憶があるw

・イケダ
3巻から加入した隊員。フルネームは池田雅行。
漫画家柴田亜美はブログで、今の講談社の担当編集者はイケダ隊員その人であると記載している。また、柴田亜美の漫画の中にも「MMR イケダ隊員」として登場した。
いけだ
たぶんこれがイケダ

・イガラシ(五十嵐)編集長
『週刊少年マガジン』編集長。MMRの名付け親。取材費等の金銭面からMMRを陰から支えた人物。
  MMRに関しては口出しはせず、自由放任の方針であったが、ナワヤが事故で重傷を受け脅迫電話がきた時は危険性を考慮してMMRの取材を断念させた。後に局長に昇進した。モデルは『週刊少年マガジン』6代目編集長の五十嵐隆夫。

↑確かに、脅迫電話で取材中止で内容が尻切れトンボで終わるパターンがあった。
その時には、
「また、核心はわからないまま脅迫電話で編集長判断の取材中止だよ。この編集長が俺たちの楽しみをつぶしてる」
と、こっさんや友達と文句を言っていた記憶がある。

・今までの予言
※大半がキバヤシの持論である。


↑この※の説明に爆笑www
 ただのキバヤシの持論だったのに、あの絵の説得力に中学生だった俺たちはすごい説得力も持たされてしまっていたww
Wikiには、全巻の予言の内容が説明されているが、残念ながら2015年現在、ほぼ当たっていない。ハズレばっかw

・漫画の冒頭には「この物語は事実をもとにしたフィクションです」という但し書きが添えられている(2003年の『MMR』では単に「この物語はフィクションです」となった)。
 単行本の初めのページにも同文が添えられていたが、5巻以降は「この物語は事実をもとにしたフィクションです。内容に関する問い合わせは、電話では一切受け付けておりません。ご了承下さい」という但し書きに変更されている。

・隊員のキバヤシの結論がことごとくノストラダムス関連に繋がってしまう。唯一の反論担当であるナワヤの意見もキバヤシの結論同様、根拠に乏しいとされており、冒頭表記の“事実に基づいたフィクション”の文言も説得力を欠いていると、何度も批判されている。
 また、当時講談社は『週刊現代』でもノストラダムスや終末予言特集を頻繁に特集していた。1999年が既に過去となり、通俗的なノストラダムス現象が下火になってからは、これらの議論も同様に下火になっている。
mmr2
毎回レギュラーのように登場するノストラダムス
キバヤシ2
キバヤシの予言当たるw

・1990年代後半にラジオ番組のゲストで樹林伸が出演し、ナワヤをミステリーサークルのど真中に寝させた件などを話す。その際、受験を控えた不安定な年頃の子に人気があると発言。本人はあくまでフィクションとして作っていた様子がここから伺える。

MMRは単行本12巻に描かれた様に実際に米国のNASAに赴き取材を申し込んでいるが門前払いされている。この体験をMMRはNASAが何か秘密(宇宙人を隠している等)を知られるのを嫌っているためだ、と結論付けている。

↑この説明爆笑wwそうなんだよ、このパターンがMMRティスト(笑)
でも、エリア51だけは2013年にアメリカ政府が公式に認めたんだよなあ。

・1995年3・4合併号〜5号に掲載された『甦るノストラダムス 暗黒大予言』の回は単行本未収録となっている。
 要因としては、当時は犯人が謎だった松本サリン事件を下敷きにして「世界を裏から支配する『300人委員会』によるサリンを使ったテロが起きる」という予見を描いた所、掲載の2ヶ月後に地下鉄サリン事件が実際に発生して、一連のサリン事件が300人委員会ではなくオウム真理教の犯行と判明したためであるとされている。

↑ほんとキバヤシの持論はスケールが大きいのに対して、現実はまだまだ負けている。


伊集院光は『MMR』を『週刊少年マガジン』史上最高のギャグ漫画と評していた。
 伊集院はキバヤシについて「キバヤシさんていうのは、昔ね『金田一少年の事件簿』を立ち上げた時の編集部員で、何つったらいいのかな青瓢箪?って感じの人なんです俺がそん時会った時には。仇名を付けるとするならもやしっ子って感じの人だったんですけど。
 あと絶対付けて欲しいのは、キバヤシさんの生写真。これを付けて貰う事で、子供達はほっとする事ができます。「あ、漫画は漫画だ」っていうそのほっと感が出ますんで」と実物と漫画の違いを評している。実物と漫画のキバヤシの違いは単行本6巻のおまけ漫画でもネタにされている。

↑伊集院最高wほんと、半分はギャグ漫画と思っていたw

・サイエンスエンターテイナーあすかあきおは、MMR開始前にキバヤシと会いMMRのシンクタンクとしての仕事を打診されていたが名前が出ない事を理由に断っている。単行本1巻の監修は南山宏が担当している。

↑すごいところに監修の依頼かけたんだなw

MMRで久々に笑わせてもらった。Wikiの解説は時々秀逸なのが多くて実に面白い。
やっぱMMRは、漫画家の石垣ゆうきの画力というか、あの絵が威力あったんだよな。
mmr3.
石垣ゆうきの画力が炸裂していたMMR

<参照>
Wiki:MMR マガジンミステリー調査班
http://ja.wikipedia.org/wiki/MMR_%E3%83%9E%E3%82%AC%E3%82%B8%E3%83%B3%E3%83%9F%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%BC%E8%AA%BF%E6%9F%BB%E7%8F%AD

Wiki:エリア51
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%AA%E3%82%A251

<こっさんの出てくる漫画ネタの過去記事>
こっさんめーる16「コスモス・ストライカー③コスモス読破・バミューダマグネストーム」
http://cost-off.seesaa.net/article/139211758.html

~~~~~
関連記事:【ニュース?】「2012年世界滅亡」なかった!マヤ最古のカレンダー発見【2ch】
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-343.html
【また】3/20の日本滅亡予言外れて反省会【このパターン】
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-301.html

Mさん話「『ガンダム』を創った男たち。」
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-640.html
『夜ノヤッターマン』と『ワードナの逆襲』(ver.2)
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-642.html

【オススメ】しくじり先生 マラドーナ
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-710.html
【オススメ】踊る!さんま御殿 沖縄出身芸能人SP
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-751.html
本・映画・ドラマ等レビューカテゴリー
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-category-11.html

テーマ : みんなに紹介したいこと - ジャンル : ブログ

tag : MMR マガジンミステリー調査班 キバヤシ なんだってー

『ガンダムUC.ep7』、 “リディ少尉クソコラグランプリ”面白雑集

新宿ピカデリーでやっと『ガンダムUC.ep7』を観た。
感想は、
生きててよかった
素晴らしいを通り越した。

で、その解説を探してたら「リディ少尉クソコラグランプリ」を見つけて大爆笑ww
http://matome.naver.jp/odai/2140201625038564301
uc1
お家から飛び出してもう随分経つわねぇ 軍に入ってもうどれくらいかしら?
今どこに配属されてるの? ゼネラル・レビル!凄いじゃなぁい
uc2
バナナ味ィィィィィ!!!!!

本の紹介「輝 いのちの言葉」

本紹介。先行アップ

東京都港区の臼田輝(ひかる)君。1994年、1歳の誕生日直前にマンションの
5階から転落した。生死の境は脱したが、筋肉一つ自由に動かせない。発作があった
り、たんがからんだり。寝たきりの生活が始まった。愛育養護学校(港区)の小学部
に入ったが、脱臼、劇症肝炎、気胸、肺炎などで入院を重ねた。

 そんな輝君が文字の入力スイッチに出会ったのは2006年9月、都立光明特別支
援学校(世田谷区)中学部1年のとき。国学院大の柴田保之教授(54)=障害児教
育=が身体障害者用の文字入力ソフトを改良した。輝君がスイッチに手のひらをか
け、50音を読み上げる音声を聞きながら、選びたい文字のところでスイッチを動か
す。


「よもすえというかんがえかたは まちがっていて かのうせいにかけるべきです。 
 にんげんのことを あきらめてはいけないとおもいます。
 よきひよきときに めぐりあうことを しんじよう」


「しぜんがふしぎなちからを ぼくにさずける
 こころにしみわたるいのりにこたえつつ
 よきへいわと ちきゅうのみらいをねがう」

「くなん それはきぼうへのすいろです
 けっしてあきらめてはいけないことを おしえてくれます
 てのなかに うつくしいていねんをにぎりしめて いきていこうとおもう。
(中略)いきるということは くなんとなかよくしていくことなのです」


「せっかくのことばが ことばとして こうのうがきのように うけとめられてしまい 
ざんねんです(中略)すばらしいのはつらくても ことばがあることです ことばこ
そぼくたちにとってひつようなものなのです」

「きぼうがすっかり きのうのおもいでになってしまったら すなおなきぼうの しに
たえたきみょうなせかいが おとずれるだろう ついにきぼうのすみきったせかいが 
おとずれたとき しあわせはどういうかたちになるのだろう しあわせはちいさな
よろこびとなって しあわせとよぶひつようもなくなるだろう」

「しあわせのいみを きぼうのなかにさがすのではなく
 ひとりひとりのいきかたのなかに みいだしていかなくてはならない
(中略)たとえ しは ししのようにおそいかかってくるかもしれないが
 ちいさいぼくは ひとり くとうをつずけていくつもりです」

「ゆいつ あいだけがしんじられるものです
 きのうのくるしみは きのうというじかんのなかに おいてきて
 みらいというじかんのなかにあるのは しんらいという
 いちばんじぶんをささえてくれるあいです」


【映画】ホビット 思いがけない冒険

 今日、新宿ミラノ座で映画『ホビット 思いがけない冒険』を友達と観てきた。
満点とは言わないが、確実に90点超えのいい作品だった☆

 三部作の一作目なので序盤が少々のんびりしてるが、後半は2時間45分ぐらいの上映時間をたっぷり使って迫力あるシーンと感動があった。ちょっと泣けた。前夜にウィザードリィの小説を読んでおいてよかったw

 『ロード・オブ・ザ・リング』三部作よりも好きかもしれない。
92~95点ぐらいつけてもいいかもしれないが、ゴラムは完全に山崎邦正に見えてしまったw

 問題は、新宿ミラノ座のミラノ2(座席数約500)は古い映画館なので、座席の座り心地がシネコンと比べて良くなくて、2時間45分以上も座ってるときつかった点。1時間半程度なら気にならないのだろうが、あの長時間には不向きだ、みんな座り直していた。
 3Dで午後から新宿付近でスクリーンが大きい小屋となるとここしかなかったが、座席がハズレだった。

~~~~
関連記事:
本・映画・ドラマ等レビューカテゴリー(コストブログ2)
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-category-11.html
本・映画・ドラマ等レビューカテゴリー(コストブログ)
http://cost-off.seesaa.net/category/3186948-1.html

テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

四万十ドラマ「遅咲きのヒマワリ」&「クーナの森」(文章追加ver.2)

※この記事は12/11にアップした内容に文章を追加して再アップしたものです。

 四万十ドラマ「遅咲きのヒマワリ 〜ボクの人生、リニューアル〜」とクーナの森は両方とも途中からだけど観ている。

 しっかし、遅咲きのヒマワリはタイトル長すぎだろうw
フジテレビは、『ビッグマネー! 〜浮世の沙汰は株しだい〜』(2002年放送、長瀬智也主演)もそうだったが、時々ドラマのタイトルにナンセンスなのをつけてくる。『遅咲きのヒマワリ』もこのパターンwよって、以下四万十ドラマと呼ぶ。

 『ビッグマネー!』は、素直に原作の『波のうえの魔術師』(石田衣良著)と同じタイトルすればいいのに、どういじったらこんなにダサくできるんだ、という長くて覚えられないのを選んでいる。絶対にタイトルで判断して見なかったという人がいたはず。
 ちなみに『ビッグマネー!』は、原作がなかなかの出来だった分、ドラマも面白かった。

 クーナ(森に住むと言われている小人)が出てくるほうも、『ゴーングマイホーム』ってタイトル名だと覚えづらいので「クーナの森」と勝手に呼んでいた。

 四万十ドラマとクーナの森は、火曜の21~22時台の放送で、裏番組がロンハーとガンダムSEEDのHDDリマスターだから両方とも3話ぐらいまで観てなくて、高知が舞台とは気付かなかった。
 両方いい作品とは思うが、フジテレビは地方舞台の過疎地のドラマを連続で放送してるのはなぜなんだ?

ドラマの評価は地元補正を抜きにしても
四万十ドラマ>>>クーナの森

 12/11放送の四万十ドラマは今まで一番良かった。
初めて見た時は、シャッター商店街になってみんな田舎を出て行くという、過疎地舞台にした鬱ドラマかと思ってたw
序盤ってリアルな過疎の暗い話題があった。

 2010年のNHK大河『龍馬伝』の時の感想記事でも書いたけど、恒例の方言チェックでは、四万十ほうは幡多弁で土佐弁ではないとおそらく高知県民と出身者は全員思っているが、幡多弁は無名なので土佐弁が採用されていた。

 そして、なぜかちゅらさん(国仲涼子)が一番土佐弁がうまくて驚いたw
沖縄出身なのになぜにあそこまでうまいんだろう。流れるような土佐弁って、イントネーションが近い上方(関西圏)でないとしゃべりづらいはずなのに。
 土佐弁は文字すると地元民以外には非常に読みづらく、台本にするのも苦労すると思う。
 
12/21ぐらいに、田舎のT内さん(高校の同級生)に8年ぶりぐらいに電話すると、高知市から転勤(県内のみ)で四万十市に単身赴任中と聞いた瞬間、
「四万十?島流しやんw」
と反射的に言ってしまったw
 高知県中部の住民だった感覚からしても四万十ははるかに遠い。高速でつながっている岡山に行くほうが近いと思う。

すると、T内さんは、
「アホぅ~、いいとこぞ~。川も海も空気もきれいやしにゃあ。釣りもサーフィンもできるし。
 今やりゆうドラマか、俺は観てないけどみんなぁ観てるらしいにゃあ。
 この間、生田斗真が来てロケしよったら有名人が来ることなんかない田舎やきよ、見物客が騒いで撮影にならんって困ってたらしいぞ」(土佐弁)

「それは東京でも同じですよ。ロケで騒がれないように、撮影場所を仕切っているその筋の人に観客黙らしてくれように頼むって話を、テレビ局の制作会社で働いてた人から聞いたことありますから」

「マジか、東京は怖いにゃあw」
てな会話をした。
 しかし、海川がきれいで釣りやサーフィンできるって、それ高知では大体のとこでできるし、アウトドアしかないだろうw
でも、ドラマのおかげで懐かしくなって電話できてよかった。


 クーナの森は長野県が舞台で、長野は訛りがほぼないので標準語でOK。
だが、クーナのほうは、宮崎あおい以外の女優陣の演技がリアルか自然な演技を追及してるのか、ただただ不愉快w
とくにYUと山口智子がイラつくwわざと視聴者をイラつかせてるのだろうか?

 クーナの監督は、視聴率で評価される連続ドラマって意識で撮ってないような気がする。
1クールで1本のゆったりとした撮り方の作品に思える。

 でも、あの山口智子の料理を作るシーンをCMの商品宣伝かのようにしつこく撮るのはいらないだろう。本筋とは何の関係もなくてくどいし、何か意味があるのかと思ってみてたら最終回まで何の意味もなかった。
 そういう映像美はCMでやれといいたい。
CM撮ってた人が監督らしいが、最終回の視聴率は6%台だったそうで、演出ミスじゃね?

 ちなみに今期一番面白かったドラマは、ガチで「勇者ヨシヒコと悪霊の鍵」だったw

~~~~
高知・四万十関連記事:【オススメ】『ロケみつ』稲垣早希のブログ旅・四国編【高知入り】
http://cost-off.seesaa.net/article/144907749.html
『ロケみつ』稲垣早希のブログ旅・四国編【高知・足摺岬】クジラどこ?
http://cost-off.seesaa.net/article/149341652.html
『ロケみつ』稲垣早希のブログ旅・四国編【高知県中村・須崎】
http://cost-off.seesaa.net/article/150104165.html
『ロケみつ』稲垣早希のブログ旅・四国編【高知市内①】ぼうしパン~高知駅
http://cost-off.seesaa.net/article/152398485.html
『ロケみつ』稲垣早希のブログ旅・四国編【高知市内②】路面電車~城西館
http://cost-off.seesaa.net/article/163508206.html

N条との会話、『歌姫』の土佐弁
http://cost-off.seesaa.net/article/80731050.html
土佐弁「指詰めた」「ひやい」「ちゃがまる」
http://cost-off.seesaa.net/article/105286845.html
土佐弁講座「へご」
http://cost-off.seesaa.net/article/139072497.html
『毎日かあさん』&九州弁・土佐弁
http://cost-off.seesaa.net/article/124549925.html

歴史&高知カテゴリー(コストブログ)
http://cost-off.seesaa.net/category/2869212-1.html
本・映画・ドラマ等レビューカテゴリー(コストブログ)
http://cost-off.seesaa.net/category/3186948-1.html
本・映画・ドラマ等レビューカテゴリー(コストブログ2)
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-category-11.html

テーマ : テレビドラマ - ジャンル : テレビ・ラジオ

ヱヴァQ「名無しが氏んでも代わりはいるもの」【2ch】

 エヴァQの感想というよりも映画作品として体裁がなっていない=意味不明(まるでQuizの出題)なところは2chのスレを読んで楽しめた。観た後でプールに行く気が失せた(代わりに翌日の昨日月曜に行った)。
 で、特に笑ったレスをアップ。


名無しが氏んでも代わりはいるもの:2012/11/19(月) 07:47
っつか、プチサードインパクト?
起きた際に、生き残ったヤツ・・・

どうやって助かった訳??

人口減ったのに、ミサトとリツコ、
どこのスポンサーを得て、エゥーゴ気取りが可能なの?
誰が、あのブッダだかワケの解らんホワイトベース作ったん?


ネルフも誰が職員してんの?
もう誰も居ないなら、それでよくねーか??

キール議長ってもう死んだん?


・初めて船の名前聞いたとき
 ブンタンって聞こえて
 どういうこっちゃこのダサさは!?と一人憤慨した

 俺はブンターって聞こえて「朝日ソーラーじゃけん」と脳内再生された

・シンジの首輪の起爆スイッチをミサトが押せなかったのは
 四十肩で手が攣っていた可能性

・伊吹マヤ「これだから若い男は…」とか言ってたけど
 おまえはクェスか

・死海文書の正体は貞元エヴァの単行本セット

・ジェットソンで、フット後藤のジェッタシーを連想した奴は少なくないはず

・森本レオのナレーションENDで



 エウーゴとホワイトベースでの例えで爆笑wwガンダムすぎるw

~~~~
関連記事:『ヱヴァQの当日券に並んできた』
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-476.html
Mさん話「ガンダムとエヴァ�」
http://cost-off.seesaa.net/article/112749838.html
Mさん話「ガンダムとエヴァ�スポンサー」
http://cost-off.seesaa.net/article/113010701.html
Mさん話「ガンダムとエヴァ�続・スポンサー」
http://cost-off.seesaa.net/article/113203782.html

アニメ業界話・作品話(Mさん話)カテゴリー(コストブログ)
http://cost-off.seesaa.net/category/8611452-1.html
アニメ業界話・作品話(Mさん話)カテゴリー(コストブログ2)
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-category-5.html

テーマ : ヱヴァンゲリヲン新劇場版 - ジャンル : 映画

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ