コストブログ2 2011年10月

プロフィール

Cost

Author:Cost
管理人のコスト(cost)です。
ご連絡はcostblog2@yahoo.co.jp まで、当ブログの著作権は一部画像をのぞきコストに帰属します。無断転載禁止。
FC2 Blog Ranking


カウンターは旧ブログと共通(カウントも通して計測)

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

広告バナー

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

広告バナー2

Mさん話「失われる技術・撮取り2、セルアニメ」

Mさん話「失われる技術・撮取り」の続き。
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-160.html


     Mさん話「失われる技術・撮取り2、セルアニメ」

「デジタルだと全部をスキャナーとかでデータ化してパソコンでやるんだけど、セルは1秒8コマで撮るから、1秒撮るのにセル8回を入れ替えて撮るんだよ。だから、30分の1本撮影するのに1週間ぐらいは撮取りのスケジュールがいるんだよ」

「1枚ごとに入れ替えて撮るんですか?機械でまとめてコピー機に流すみたいにまとめて撮るんじゃなくて一枚ごとになんですか?」

「そうだよ。一枚カシャってカメラで撮って、一枚入れ替えてまたカシャってのを8回やって放送だと1秒になるんだよ。
 だから、1分撮るのに60秒×8コマ=480回で、30分作品でCMとオープニング、エンディングを以外の本編を約20分としても、480回×20分=960回。
 だいたい1000回ぐらいはセルを一枚一枚指示見て撮影しないといけないし、目が光るような特殊効果を入れるなら、そのカットのセル一枚ごとに毎回位置を合わせて特殊効果のセルを重ねて撮らないといけないから、セルはものすごく大変だったんだよ」

「でも、1秒は24コマってのを聞いたことありますけど」

「実写の映画だとそうだけど、アニメの1秒8コマというのは、24コマだとセルがかかりすぎるから日本で予算を節約するためにから始まったんだよ。手塚治虫がテレビで『鉄腕アトム』だったかな?アトムを作る時にどのぐらいまでなら減らせるかって、色々試して1秒8コマなら変じゃないってことで8コマになったんだよ。
 今はもう口パクにせよ1秒8コマのほうが見る側も慣れちゃってるからね」

「初めて知りましたよ。元は節約のためだったのに、今は主流になったんですねw」

 Wiki「セルアニメ」によると、
「映画は毎秒24コマで撮影される。毎秒12コマ未満では、画像の切り替わりに気づいてしまうが、日本のテレビアニメは毎秒8コマが主流。1秒あたり8枚のセル画、3コマ/1枚のセル画で撮影される。テレビアニメ『鉄腕アトム』制作を指揮した手塚治虫が、制作費や制作時間を削減するために採用した」
とあり、

 Wiki「アニメの歴史」には、
「手塚治虫がテレビ局にアニメの制作費を低く提示したため、現在に至るまでアニメ業界は低予算に苦しめられることになるが、日本のアニメ制作では、バンクシステムや止め絵の多用といった単なるリミテッドアニメを越えた独自の工夫が発明された。

 また、放送本数の増加、価格的な国際競争力、金目当てではない作家の養成、絵の荒さを補う質の高い脚本、といった低予算だからこそ得られた利益も数多い。黎明期から多くのアニメスタジオが設立され、数多くのアニメが製作されたのも、新規参入に莫大な資本が必要無かったためである。一定の人気を得られるアニメが低予算で制作出来るので、テレビ局はアニメを次々と発注し、アニメ番組で使われる題材も更に豊富になっていった」
とある。

参照:Wiki「セルアニメ」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BB%E3%83%AB%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%83%A1
参照:Wiki「アニメの歴史」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%83%A1%E3%81%AE%E6%AD%B4%E5%8F%B2

 ちなみに1秒24コマのアニメをフルアニメーションといい、フランス制作のアニメ映画『王と鳥』(『やぶにらみの暴君』)などはフルアニメーション」で制作され、毎秒24コマを1コマづつ作画されている。
 以前、Mさんから「『王と鳥』は、1秒24コマで作ってるからすごくなめらかな動きをしている」という話を聞いたが、その代わり、お国柄なのか上映時間は87分なのに制作期間は4年以上かかっている。
参照;Wiki「王と鳥」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%8E%8B%E3%81%A8%E9%B3%A5

「あと、セルで色ミスがあるとデジタルだとクリックで直せば済むけど、セルは塗り直しをしないといけないからそのセルを制作スタジオに持って行って作業しないといけないから時間も断然かかる。
 一ケ所でも塗り直しがあって直してないとやっぱりわかるし、アニメーターは誰がそのセルを描いたかはクレジット見てもわからないけど、色ミスは気づけなかった演出の責任だから、
 『この色ミスを見落としてる演出は誰だ?』『あいつ、こんなミスにも気づかなかったのか』って演出の責任になるw演出は名前が一人だから絶対にわかるからね。

 それ以前に色がおかしいとすぐ気づかれるし、みっともないじゃない。誰が見てもおかしいんだから。チェックすればわかることなんだし、でも、気づいても塗り直す時間が間に合わないことがあるんだよ。
 しかも、難しい重要なシーンほど絵も描くの大変だから上がってくるのが遅くなる、そうなると最後の二日にドッとまとめてセルが上がってくる時に色ミスがあったりするからよけいに大変なんだ」

「あー、そうでしたね。動画とか原画はクレジットで名前がずらーっと出てもどのカットを担当したかはわからないんですよね。
 デジタルだと彩色はパソコンでやって、直すのも確かに簡単そうですね。写真もデジタルだとフォトショップで素人でも加工できるし。
 ビックリマンだったか、何かのオープニング(OP)でキャラの眉毛と髪の色が違うはずなのに、同じ色で塗っているのがあって毎回違和感覚えてましたよ。本編だとちゃんと別の色になってるのになんで直さないんだ?って」

「OPは毎回見るからよけいに気づかれるんだよね。でも、一回OK出して放送した後で撮り直しってなると、また撮影スタジオ借りたりする費用かかるからなかなかできないんだよ。1カットの1ケ所だけ間違っての撮り直しでもスタジオ使う場合は1本いくらだから」

「声優が台詞少なくても、野沢雅子(1936年生まれ、75歳!)が一人三役をしてたドラゴンボールでもギャラは1本分だったというシステムですねw」

「1本の撮影の料金だから放送前ならまだ撮り直しできるけど、撮影所のほうは新規の使用料発生しないから、後でまだ放送前だからって何度も撮り直しするってのは、撮影所にしたらお金にならないからあまりやりたがらなかったって事情もあるんだよ」

Mさん話「失われる技術・撮取り3、流出する技術と知識」につづく
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-176.html

~~~~
関連記事:・Mさん話「海外のセル画コレクター」
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-334.html
http://cost-off.seesaa.net/article/267879982.html
Mさん話「アニメーターと演出」
http://cost-off.seesaa.net/article/104815245.html
「王と鳥」
http://cost-off.seesaa.net/article/101110237.html
まとめて読む→アニメ業界話・作品話(Mさん話)カテゴリー(コストブログ)
http://cost-off.seesaa.net/category/8611452-1.html
アニメ業界話・作品話(Mさん話)カテゴリー(コストブログ2)
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-category-5.html
ほかのMさん話の記事リンクは追記の続きを読むをクリック。

続きを読む »

テーマ : アニメ - ジャンル : アニメ・コミック

大森駅前でS川と飯

スマホから記事をアップしたが、どうもFC2の仕様で本文が消えてしまうようだ

木曜夜にS川大森駅前のファミレスとモスで飯。

「ロバート・キャパ その青春」

 今、ロバート・キャパの伝記「キャパ その青春」(リチャード・ウィーラン著、沢木耕太郎訳)を読んでいるが、かなり面白い。

 図書館で沢木耕太郎を検索してたらヒットして三冊全部借りてきたが、沢木耕太郎は訳文がうまいというか、この人の文章はリズムが実にいい。流れるようで、つっかえることが少ない。訳なので訳しきれない単語や表現は仕方ないにしても、訳者としての優秀。
 
 貧乏な青春時代の逸話は、時代が違っても誰の話であっても面白いw一つのクロワッサンの代金で三つ食べる方法とか、貧乏はアイデアの元だなw
そして、はじめはぺーぺーだったが、180Pぐらいでやっとキャパと名乗るようになる(それまでは本名だったり別の名前を使う)。キャパも経験積んでキャパになったんだなあ。
 文庫版は三冊になって訳注が充実していてオススメ。まだ、「キャパ その戦い」と「キャパ その死」があるので移動中はしばらく楽しめる。

~~~~
関連記事:本・映画・ドラマ等レビューカテゴリー(コストブログ2)
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-category-11.html
本・映画・ドラマ等レビューカテゴリー(コストブログ)
http://cost-off.seesaa.net/category/3186948-1.html

【音楽】フライングゲット?

 BGMに中島みゆきの「荒野より」(ドラマ『南極大陸』の主題歌)をネットで検索したが見つからないので、AKBの「フライングゲット」を検索するとかなりの数の釣りというか、トラップというかタイトルとは別の曲が流れ出して笑ったw
 玉手箱かよw

・タイトルは「AKB48 フライングゲット 高音質 full」だけど「この星は 美しい星~」と昔小さい頃に聞いたような曲が流れるw
http://www.youtube.com/watch?v=O2fGtklP2LM&feature=related

以下、同様のパターンで別の曲が流れるw
http://www.youtube.com/watch?v=qBdqwdhegFM&feature=related
http://www.youtube.com/watch?v=xXEtfHrFM9s&feature=related

~~~~
関連記事:【BGM】SEEDの佐橋俊彦、UC UNICORNの澤野弘之【音楽】
http://cost-off.seesaa.net/article/156951964.html
【エヴァ】残酷な天使のテーゼ(英語版)
http://cost-off.seesaa.net/article/154022101.html
音楽レビューカテゴリー(コストブログ)
http://cost-off.seesaa.net/category/4519860-1.html
音楽レビューカテゴリー(コストブログ2)
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-category-15.html

荷物網棚忘れ事件再び

 今年の2月に電車内の網棚に荷物(デジカメ、メガネ、IS03充電器など)を忘れて大騒ぎになって、翌日総武線の終点の西船橋方面の保管駅まで取りに行った事件(メガネだけ盗まれていた)があったが、今日も忘れてしまった。
 今回は中野で三鷹行きに乗り換え、網棚に荷物を置くも一駅で席が空いたので座ったが、駅三つで降りるので荷物を降ろさなかったが、そのままスマホをいじりながら下車したので、忘れてしまい、前回と同じように駅の駐輪場で自転車に荷物を載せようとしてやっと気づいた。まったく同じ場所まで気づかなかった。いや、電話をかけようとしてたんだよなあ、今回は。

 しかし、前回の失敗を活かしてすぐに網棚と思いつき、駅にリターンして駅員にさっき下車した三鷹行きは折り返し運転で数分後来ることを確認、さらに三鷹では網棚の忘れ物の確認はしないとわかったので、再び乗り込み、一番端っこの車両から網棚を調べていくとあった!
 
 よかった。ノートPCには仕事のデータが入ってるし、スケジュールの手帳も入ってたから、ほっ。
まあ、下車した西荻から終点折り返しの三鷹まで2駅で乗客も少なくなってるから、その中でさらに盗みを働く奴がいるとなるとかなり確率は低いと思っていたが、予想通りセーフだった。
 ほんと気をつけよう。7年目にもなると東京の電車内でも気が緩んでくるなあ。海外いきてー。

 今週は木曜に北海道のS川、金曜は議長となかなか楽しみな1週間だw

~~~~
関連記事:『電車内荷物盗難と郵便事故』
http://cost-off.seesaa.net/article/188038212.html
【目次】コラム人物編目次part1
http://cost-off.seesaa.net/article/107966008.html
コラム・人物編カテゴリー(コストブログ)
http://cost-off.seesaa.net/category/2974048-1.html
コラム・人物編カテゴリー(コストブログ2)
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-category-4.html

月曜ブログ再開&2011沖縄画像

土日は治療に行ったり、忙しかったので月曜にブログ再開予定。
2011沖縄北部1
2011年夏(9月2日ごろ)の沖縄旅行で、のんびりと田舎道を原付で散策した時の一枚。
沖縄っぽい場所をたくさん行けて良かった。
去年の沖縄旅行と今年の分ので相当写真や話はあるのでいつかまとめたい。

翌日の月曜の記事:『荷物網棚忘れ事件再び』
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-165.html

~~~~
関連記事:『古宇利大橋の犬』
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-113.html
2011沖縄旅行「万座毛」(先行画像版)
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-119.html

沖縄旅行・ダイビングカテゴリー
http://cost-off.seesaa.net/category/4165836-1.html
沖縄旅行・ダイビングカテゴリー(コストブログ2)
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-category-7.html

【ゲーム】「アクシズの脅威V、テム・レイ編」キュべレイVSガンダム(フル)画像追加

【ゲーム】「アクシズの脅威V、ジャブロー侵攻用MSで攻略」の関連記事。
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-91.html


  【ゲーム】「アクシズの脅威V、テム・レイ編」キュべレイVSガンダム(フル)

 ここ数日、「ギレンの野望アクシズの脅威V」のテム・レイ編をやっていた。
5つのシナリオをクリアしないとテム・レイ編はできないが、その分資金は90万(普通は5万)、資源50万ですべての兵器を開発可能というお祭りのシナリオで(ただしパイロットは技術者系で貧弱)、20ターン程度でクリアも可能だ。

 で、今週の5日かけて残るは、アクシズの拠点が二つ(地上と宇宙に1つずつ)に追い詰めたが、宇宙空間でハマーン(ランクB)がキュべレイで部下を率いて登場。

 部下は無傷で倒したが、キュべレイにこちらの指揮官ギニアスのパーフェクトジオング(Pジオング)がつかまり、前列の盾ユニット(トリアエーズの囮)ごと落とされた。
Pジオングの運動性では、ファンネルをかわせず、かつギニアスはパイロットの耐久値が0だから体力550が全部持っていかれたのだ。

 その後、キュべレイをなんとかガス欠(物資切れ)に追い込み、囮ユニットで囲んだが疲労100物質0なのに指揮官なし無人のMSではろくに攻撃が当たらない・・。前々作の「ジオンの系譜」と違ってキュべレイは最強ユニットではなくなったのに、運動70で当たらねー。

 仕方ないので、次のターンでテム・レイ軍最強かつ唯一のニュータイプのシロッコを呼んだ。
 初期配備のオーバーテクノロジーのジ・0やZ、リ・ガズィを使えばあっさり落とせるが、それらは地上でオデッサ攻略に使っていて、ない。宇宙は新兵器がガンガン開発されるので、それで回していた。

 仕方ないので、テム・レイ軍のフラグッシップ機であるテム・レイ専用ガンダム=ガンダム(フル装備)でぶつけた。
ガンダム(フル)
ガンダム(フル装備)

 相手は物資切れで反撃できないので、こちらの防御は考えなくていいから攻撃力があるガンダム(フル装備)+シロッコで片付けてやる!と挑んだが、これが当たらないwキュべレイの体力は400しかないから一回の攻撃でぶっ壊れる計算だったんだが、削れもしない。

 ガンダム(フル装備)は武器が特盛りなのだが、目の前でハイパーバズーカ、ビームライフル、スーパーナパーム、Hバルカン、ジャベリン+サーベルをシロッコが「これでもか!」とばかりに繰り出すが全てハマーンのキュべレイにヒョィッヒョィッとかわされるw

 シロッコもランクBなので攻撃回数が2倍になっていて、ジャベリンとサーベルを交互に振るなど特盛りの武器で攻撃するが全て当たらない。

 敵が艦船ならテム・レイの腕でもガンガン当たるのだが、相手はハマーン(ランクB)で専用キュべレイ、本当の物資切れなら動けないのだが、このゲームではガス欠でも1マス動けるのでかわす程度の動きはできるから当たらない。お供に連れて行った無人のMSの格闘も当たらない。
 天才を自称するシロッコもMSが悪ければ話にならないのか、対戦前の台詞ではでかい口を叩いてるのに。

 が、他のへクスからの間接攻撃の分でキュべレイの体力を1/3まで減らしていき、3ターン目の攻撃。これで倒せなかったら、こっちがガス欠になる(ガンダム(フル装備)は燃費が悪い)し、無駄に次に持ち越しかと思っていたら、
シロッコが吼えた!(ように思えたw)
攻撃回数2倍分の6回のジャベリン+サーベル攻撃は例によって全てかわされたが、第6の武器ハイパーハンマー(威力120、命中率99%)が発動!!
うおおおッ!
ハイパーハンマーでハマーン(ランクB)+専用キュべレイを打ち砕いた。
「サイコミュがなんだ、こっちには酸素欠乏症のテム・レイが作った怪しげな回路(原作ではアムロが捨てていた回路)がある!」
といわんばかりのタイミングでのハイパーハンマーでのキュべレイ撃破には笑ってしまった。ゴックならなんともないのにw
 
 ネットで『デラーズでまったりザク縛り』part1などの動画を見ると、こういう風に自分でストーリーを想像して楽しめる面もあるのだなと思った。その後、クリアしたので今度こそ封印(時間食うから)。

 テム・レイ編は、酸素欠乏症から復帰したテム・レイという設定なのに、フランクリン(カミーユの父親)とのテムの戦闘シーンでの会話では、怪しげな回路を自慢したり、突然笑い出したりとどうみてもまだ酸素欠乏症の後遺症が残ってるようだったw
 そもそも、戦略ターンではきれいなテム・レイのグラフィックだが、戦闘シーンでは酸素欠乏のテム・レイっぽいwスタッフのセンスいいなあw

~~~~
関連記事:【オススメ】ギレンの野望アクシズの脅威Vプレイ動画
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-31.html
動画:『デラーズでまったりザク縛り』part1
http://www.nicovideo.jp/watch/sm12553284

ガンダムAGE・・

 放送前のデザインを見ただけで見る意味がないと思っていた『機動戦士ガンダムAGE』の1,2話を観た。
 ・・予想通りだった。
 その後に9ch(東京MX)で再放送の『ガンダムOO』を観たら、まるで芸術作品のように思えた。ガンダムOOってこんなにレベル高かったのか(驚)。
 本放送では、キャラデザが少女漫画みたいで嫌だったが(あと世界観が暗かった)、AGEを観た後だとこんなにも素晴らしい出来だったとは驚く。ほんと、評価って比較の問題なんだな。

 そして、『ガンダムSEED』の本放送時にラゴゥやバクゥが登場した時には、
「いつからガンダムはゾイドになったんですかー!?」
と2chのラゴゥ批判の波に乗って書き込みしていたのを思い出し、学生だったとはいえ、さすがにガキだったなあと思う。
 SEEDは、ガンダムWの腐女子層取り込み作戦(イケメンキャラを5人出す)をまねしたりと批判はあったものの、再放送されたら観てしまうし、いい作品だった。
ラゴゥ
ゾイドみたいだと批判されたラゴゥ
今ではガンダムVSシリーズ(対戦ゲーム)でSEED代表になるほどの認知度を持った。

 あの頃にガンダムAGEを観てたら、
「いつからガンダムはダンボール戦機の絵柄で、宇宙怪獣と戦うスーパーロボットアニメになったんですかー!?」
と書き込みしたかもしれない。
 今回の裏のテーマ(説教)は、「アニメは子供が観るもの。客層はDVDよりガンプラを買う小学生!」とかだろうか。

 せめて、「機動戦士」を「起動戦士」ぐらいに「看板は同じでもこれは別物です」って表記してほしかった。

 でも、大丈夫。放送前に議長とも話したが、我々、大人のガンダムファンには日本代表のスタッフが結集して作っている『機動戦士ガンダムUC』がある。本物のガンダムがわかる大人はUCを観ればいい。

続きの記事→作品感想「ガンダムAGE、14~15話」
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-260.html

~~~~
関連記事:Mさん話「ユニコーンガンダム�景気とクオリティー」
http://cost-off.seesaa.net/article/183814843.html
・Mさん話「ユニコーンガンダム�宇宙世紀と富野監督」
http://cost-off.seesaa.net/article/184354549.html
・Mさん話「ユニコーンガンダム�ファースト打ち切り、安彦良和、SEEDの設定」
http://cost-off.seesaa.net/article/186083087.html

アニメ業界話・作品話(Mさん話)カテゴリー(コストブログ)
http://cost-off.seesaa.net/category/8611452-1.html
アニメ業界話・作品話(Mさん話)カテゴリー(コストブログ2)
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-category-5.html

本・映画・ドラマ等レビューカテゴリー(コストブログ2)
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-category-11.html
本・映画・ドラマ等レビューカテゴリー(コストブログ)
http://cost-off.seesaa.net/category/3186948-1.html

Mさん話「失われる技術・撮取り」ver.1.1


Mさん話「太い線の作画監督・中村一夫(1stガンダム)、安田朗」と同じ日の話。
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-92.html


   Mさん話「失われる技術・撮取り」

 2011年1月10日、駅前のファミレスでの話の続き。
 今のアニメはパソコン上でのデジタル編集が主流だが、セル画の時代は撮影所で上がってきたセル画を合わせて撮影していく「撮取り」(さつどり、漢字は不明)という作業があった。
(『サザエさん』などはまだセルなのでこの作業をしているとテレビでやっていた。現行作品で唯一移行していないのは『サザエさん』(通常放送の本編部分)で、製作会社のエイケンは雰囲気を出すために、あえてアナログな作り方にこだわっている。)
 
 その「撮取り」についての話から抜粋。

「今はもうデジタルで編集されて出来上がったのをチェックするんだけど、昔は撮影所で上がってきたセル画をつき合わせて撮影していく『撮取り』というのをやってたんだよ。
 なかなか大変な作業なんだけど、いろんなテクニックがあってやっていて楽しい作業でもあったんだよ。
始めにセルをパラパラ漫画みたいに見ていってつながりや色に変なところがないかをチェックしていくことからやるんだけど、セルってのは画面ピッタリのサイズじゃなくて余裕を持って描いてるから、ただ中心に合わせて撮っても見切れてることがあるんだよ。
 画面の端っこの人物がしゃべってるのに、画面に映ってなかったりしてね」

「あー、最近はもうないですけど昔そういうの見たような気がします」
 『聖闘士星矢』か何かで主人公よりも背が高いキャラが、首から上が見切れるのに台詞を話しているというシーンがあって、散々パロディでお笑いのネタにされていた。

「口パクするところはちゃんと描いてるんだけど、端っこでしゃべってる人物のほうカメラを振ってないんだよ。セルには描いてるのに画面には映ってないっていうみっともないことになるんだよ。
 実写だと台詞をしゃべってる人に黙っててもカメラを向けるじゃない。でも、アニメは実写と違って後から声入れるから、うっかり撮影所の人に指示を出すのを忘れると台詞は出てるのにしゃべってるキャラは画面に映ってないってことになっちゃうんだよ。
 今はデジタルだから後から簡単に動かせる(ずらせる)からね」

「デジタルだと簡単に直せるんですね。すごいですねー」

「でも、セルだともう撮り直しする時間がないんだよ。デジタルと違ってセルを取り替えてたりする時間がないんだもん。時間があっても、撮影所のカメラや機材が埋まってたら撮り直しできないしね」

「そうか、描いてないからまた描き直す時間がないじゃなくて、描いてるけどセルをずらしてまた撮影するって時間がないんですね。
 でも、見てる人はなんだこれ?って思いますよ」

「別のキャラにズームしちゃって、アップになってるのに口を閉じてるとかね。
 見てる人はなんで口閉じてるのに台詞出てるんだ?とか思われちゃったりね。
 あと、爆発音がしてるのに画面には着弾してるところが映ってないとかねw
 放送見て『そっちかぁー』って気づいたことあるよ(頭を抱えるMさん)

「爆発音響いてるのに着弾の絵がないのは変でしょうw
 台詞が終わってるのに口パクがまだ続いてるだけでも変だなって思うのに」

「(台詞が出てるのに)口を動かしてくれないって時はどうしょうもない。
 数人が描かれているカットで、台詞を交互を話すシーンではちゃんと話すほうにカメラを移動させて振ってくれないと」

「あ、それ三鷹のジブリの美術館(三鷹の森ジブリ美術館)でカメラとか撮影機材のところで見ました」
 三鷹市の「三鷹の森 ジブリ美術館」には、アニメの撮影用の機材(小さいサイズ)が展示されている。
関連記事:『三鷹の森 ジブリ美術館』
http://cost-off.seesaa.net/article/113118633.html

「あれは大変なんだよ。こうして(ハンドルを回すしぐさをする)カメラをちょっとずつ回してずらしてね。
 大変なんだけど、指示通りに(撮影所の人にカメラを)寄るって作業をやってもらわないとこっちの人の台詞だけ寄って、大変だからってやってないともう片方は映ってない奥のほうから声が出てるとかね」

「それは知らなかった。台詞ごとにカメラずらして撮ってるとは。
でも結局、口パクとか着弾とかを描いたアニメーターの人は描いてるのに使われてないとと怒るでしょう?」

「怒る怒る、当然なんだろうけど。でも、放送をチェックしてない人は何も言ってこないね」
「だって、せっかく描いた絵が映ってないってなると、何か問題があって使われなかったのか、俺の絵が気に入らなかったから使われなかったとか思いますよ。コンテの指示通り描いたのにって」

「もうそうなったら逆ギレするしかない。『全部俺に言わないでよっ』てw
 だって、撮取りのスケジュールも1週間あったら、初日にセルが全部そろうことはまずないし、平均してコンスタントに絵が上がってくればいいけど、最終日とか前日になって残りの半分がどかっと来たりするから、どうしても終盤は時間が足らなくなるんだよ。
 セルが210枚(カット)あるとしたら、毎日30枚×7日で来るんじゃなくて初日に20枚来て、あとは5日目までで100枚も来てなくて、6、7日目で残り100枚来るってのが毎回のようにあるんだから。

 撮影所の人もそれをわかってて最後のほうは時間ないの知ってるから、
『もう全部指示通りやってると納期に間に合いませんよ』って言ってくるし、でも大事なシーンはちゃんとやらないといけないから、そうでないシーンはもう間に合わないから泣いてもらうしかないってことになるんだよ」

「やはり時間との戦いですかw」

「でもね、撮影所の人と仲良くなってると、こっちが指示出すのを忘れていたシーンでも気づいてくれたら
 『しゃべってるのこっちの人だからカメラ振っておきましたよ』
 って助けてくれたりするんだ。ほんと人間関係って大事だよ。

 今は撮取りはなくなったんだけど、あの作業の中で絵が描いてないって場合にもこうすればつなげられるとか、必ずしも絵で表現してないくてもいろんなテクニック、ごまかす方法とか学んだんだよ。
 場面飛びがあったら時間経過のコマを入れるとか、セルの端っこを撮るとセルを超えてところが映るところがあったら黒い紙を持ってきて影にして処理してみるとか、自分で色々工夫したり教わったりして徹夜も多かったけど楽しかったよ」

「ある意味失われていく技術ですね」

Mさん話「失われる技術・撮取り2、セルアニメ」につづく
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-170.html
http://cost-off.seesaa.net/article/232860166.html
Mさん話「失われる技術・撮取り3、流出する技術と知識」
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-176.html

~~~~
関連記事:Mさん話「ジブリの後継者問題(後編)『アリエッティ』『ゲド戦記』」
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-69.html
Mさん話「アニメーターと演出」
http://cost-off.seesaa.net/article/104815245.html
まとめて読む→アニメ業界話・作品話(Mさん話)カテゴリー(コストブログ)
http://cost-off.seesaa.net/category/8611452-1.html
アニメ業界話・作品話(Mさん話)カテゴリー(コストブログ2)
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-category-5.html

続きを読む »

テーマ : アニメ - ジャンル : アニメ・コミック

Wikiで笑ったネタ「笑福亭 鶴瓶」「羽賀研二」

 最近、2chを見てもニュースが暗かったり政治的な規制のせいかさっぱり面白くないので、代わりに移動中はWikiを見ている。その中で笑ったものをピックアップ。

Wiki「笑福亭 鶴瓶」:本名、駿河 学(するが まなぶ)

・1969年、頭のいい人間に対抗心を持っていたため、受験していない京都大学や大阪大学の入試の合格発表に行き、落ちていそうな生徒の隣で「あった!」と合格したフリをして、胴上げされるという悪戯(いたずら)をする。
この時、大阪大学でNHKの取材を受け、模様が夕方のニュース番組で流れたため、それを見ていた親戚から祝電が届くなど両親に恥をかかせてしまう。

・京都産業大学学生時代に、教授が教室に入る際に出囃子(でばやし)を鳴らして笑いを取ったことがある。

・大学在学中に6代目笑福亭松鶴の楽屋に通いつめ入門を乞う。両親から猛反対され松鶴も幾度と無く門前払いにするが、妥協案として松鶴から「父親の許可が出たら入門を認める」との言質をもらった駿河青年は一計を案じ、「酷い悪さをしてしまい、怒った相手が父親同伴での謝罪を求めている」と架空のトラブルを父親に打ち明ける。

 息子に連れられるまま相手の家に上がると松鶴が現れ、駿河青年は先手を打って父親の許可が出たことを報告し、松鶴も父親の了承を得たものと解釈し入門を許可。父は全て事前に仕組まれていた事に気づくが、既に息子の入門を認めてしまった松鶴の手前もあり反故にする事も出来ず息子を睨み続けていた。
このままでは父親に殺されると察知した駿河青年は当日から住み込みでの修行を願い出るも、松鶴は父子の関係を慮り、帰宅するように促す。話を終えて松鶴宅を出た途端、父親は傍らにあったゴミ箱の蓋を手にし、息子を流血させる程にメッタ打ちにする。

 11番(現在は7番弟子)として「鶴瓶」の名を与えられる。内弟子になっても師匠から全く稽古を受けられず何としてでも活動の場が早く欲しかった鶴瓶は超能力(透視とスプーン曲げ)が使える事を松鶴に打ち明け、鶴瓶の超能力を目の当たりにした松鶴は驚愕し「ウチに超能力を使う弟子がおる」と松鶴自らがTVに鶴瓶を売り込む。
当然ながら超能力はテーブルマジックの類で、周囲に仕掛けを漏らしつつ頭から超能力を持つ弟子と信じきっている松鶴という場面に持ち込み、必死になって売り込む松鶴に便乗して業界関係者に顔と名前を覚えてもらい、これを手がかりにTV、ラジオと進出する足場を作る。後に兄弟子の笑福亭仁鶴が鶴瓶のイカサマ超能力を暴き、梯子を外された格好になった松鶴は体よく利用され、騙されていた事に苦りきる。

・内弟子になった頃から、鶴瓶はイタズラをエスカレートさせた。アフロヘアを師匠に咎められ、散髪代を渡されたが、「(金を)落としてしまいましたわ」と言って切らなかったが、実際には酒代に使われていた。また、師匠の飼っていた大事な犬をコタツに入れフラフラにさせ、「これがホンマのホットドッグや!」と言ったが、師匠はその鶴瓶の行動を黙認していた。

・さんまの携帯電話の電話帳には鶴瓶は「悪べぇ」と登録されている。

・明石家さんまやナインティナインからは、ハプニングに見せかけ意図的に笑いを取ろうとすることや、若手芸人からいじられることで自分に利益があると思っていることなどを指摘され「悪瓶」(わるべ、悪い鶴瓶)とよく呼ばれている。また、眼鏡の奥の目が笑っていないなどともよく言われる。

1975年、東京12チャンネル(現・テレビ東京)の「独占!男の時間」(生放送)で股間を露出したうえ、カメラに股間を押し付け、さらに社長の大事にしていた時価数百万円の錦鯉を踏み殺すという暴挙を働いた。これは担当ディレクターの傲慢な態度に反発しての行動であった。
 司会の山城新伍の計らいで番組最終回に出演したが、そこでさらに肛門を見せた。事件を重く見た東京12チャンネルは、鶴瓶を無期限の出入禁止の処分とした。この処分は2003年、系列のテレビ大阪制作、『きらきらアフロ』の東京収録により、28年ぶりに解禁された。

・芸人同士の飲み会でそそのかされ、全裸で店外に出た途端鍵を閉められ、約1時間半の間全裸のまま屋外へ放り出されたことがある。また、局部に蛍光塗料を塗って暗闇の中を走り回ったり、全裸に脱ぎかけのワイシャツ1枚で袖の部分だけ引っかかっている状態で踊る、陰部をガムテープで張ったりはがしたりする、など、宴会においても露出狂じみた芸を披露していることを本人自身が語っていた。

 これらの逸話から露出狂と思われることが多いが、それについては著書で「僕は世にいう露出狂などでは、断じてない。…(中略)…僕の場合は、決して快感のためにやっているわけではないからだ」と述べて否定する一方、「ただ、快感を得るためにではないにしろ、例の部分を露出することに、さして抵抗を感じていないことだけは、事実かもしれない」とも語っている。

そのほか、裸事件など裸での問題事件多数w
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AC%91%E7%A6%8F%E4%BA%AD%E9%B6%B4%E7%93%B6


Wiki「羽賀研二」:
・代表作は主演した『サギ師一平』シリーズ。

・単身でバイク横転事故を起こした後には自分を励ますためになぜか大声で「沖縄!」と叫んだ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%BE%BD%E8%B3%80%E7%A0%94%E4%BA%8C

~~~~
関連記事:【Wikiネタ】僕らのリーダー城島茂
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-297.html
『レギュラー西川のブログ&ブラマヨ吉田のツイッター2』
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-281.html
『ブラマヨ吉田のツイッター』
http://cost-off.seesaa.net/article/172414211.html

【ツイッター】有吉(ariyoshihiroiki)のやりとり&つぶやき2
http://cost-off.seesaa.net/article/163670178.html
twitterまとめ、「有吉のつぶやき」「厚木シロコロ」
http://cost-off.seesaa.net/article/146364694.html

【目次】コラム人物編目次part1
http://cost-off.seesaa.net/article/107966008.html
コラム・人物編カテゴリー(コストブログ)
http://cost-off.seesaa.net/category/2974048-1.html
コラム・人物編カテゴリー(コストブログ2)
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-category-4.html

テーマ : きらきらアフロ&松嶋尚美 - ジャンル : お笑い

眠い

 先週の三連休で隣の騒音野朗をとうとう引っ越しさせるのに成功したが、その戦いで三連休は神経を使ったせいか、今週は火曜とさらに寝違えで金曜にも鍼に行き、とにかく金曜からずっと眠くて土曜も10時間寝ていたのにまだ眠い。ブログを書くほど頭が回ってない。鍼が効いてるのだろう、一日たってもまだ眠い。
 雨で眠いがせっかくの休みなので、なんとか自炊(お好み焼き)と図書館と散髪しただけで眠くてプールもパス。
普段はランチの値段を気にするが、沖縄旅行(ダイビング)と鍼治療には道楽のように躊躇せず使ってる。代わりに病院に極力病院に行かないし、酒(飲めない)とタバコ(肺活量が減るし、臭い)をやらない。
ブログは後日まとめる。
後日の記事↓
『普通日記(2011/10/13-16)10/13の電車人身事故話』
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-159.html
日記カテゴリー(コストブログ2)
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-category-9.html

電車で人身事故&普通日記(2011/10/13)

 スマホから電車の人身事故の記事を送ったが、なぜか本文のデータが飛んでいたので後日再アップする。
詳細記事↓
『普通日記(2011/10/13-16)10/13の電車人身事故話』
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-159.html

ひとりでもやもや抱えてませんか?

東京都若者総合相談「若ナビ」のキャッチコピーとそのパンフレットの表紙の加護あい
もやもや加護
ひとりでもやもや抱えてませんか?
あなたのもやもやお聞きします。
とあるが、表紙の加護あいで噴いたwおまえがまっ先に相談しろよww

 加護あいは変なおっさんに引っかかったり、リストカットで病院に運ばれる前に若ナビに電話すべきだったのではないか?(笑)
 パンフによると、若ナビは18歳以上の若者の相談窓口とあるが、加護あいはパンフレットにあるように相談しようとは思わなかったのだろうか、「不安・悩み、なんでもOK!つまづく前に相談してね!」とあるというのに、あの騒ぎである。

 パンフレットにはご丁寧に相談受付の電話番号を切り離して「あなたの財布・定期入れなどに入れて持ち歩いてね!」とあるが、先日都庁でこのパンフレットみるまで俺はこんなの存在自体知らなかったし、区の法律相談には行ったことはあるが、半分はやる気のない弁護士とかがやってたりするのに、こんな相談受付なんか税金つかってやる意味あるのかね?
事実、加護あいは相談しなかったのはそういうわけだろう。
 
 年金納付のポスターのタレントでも年金未納のタレントを起用したり、、お役所ってどうしてこう本気で考えてネタのようなことをやるのだろう。公務員試験のように世の中は直球だけじゃないんだが、能力的にも限界なのだろう。
 民間でいうと、ビールやウィスキーのCMに酔って事件起こすようなタレントや下戸(酒が飲めない)のタレントを起用するに等しい行為だ。これが地方公務員クォリティ。

 でもまあ、根本的には自殺者が多い→政治家・官僚が対策を指示→地方自治体がお悩み相談設置、こんなパターンってところだろう。
 中には救われてる人がいるにしても、お仕事で自給いくらで勤務時間中だけお悩みお聞きしますって奴に聞いてもらってなあ。個人情報のほうが心配だよ。カウンセラーはプロだろうまだ意味はわかるが。
 
~~~~
関連記事:コラム・レポカテゴリー(コストブログ2)
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-category-2.html

平穏な日々復活

あー。静かでゆっくり眠れるって素晴らしい。
金曜夜から隣は部屋にはいないのでゆっくり眠れている。
明日、完全引越しというから明日はゴタゴタにならないよう出かけるとする。

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ