コストブログ2 2016年01月

プロフィール

Cost

Author:Cost
管理人のコスト(cost)です。
ご連絡はcostblog2@yahoo.co.jp まで、当ブログの著作権は一部画像をのぞきコストに帰属します。無断転載禁止。
FC2 Blog Ranking


カウンターは旧ブログと共通(カウントも通して計測)

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

広告バナー

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

広告バナー2

【日記】寒さ和らぐ

寒さは和らいだ。
月末は仕事の締め切りで、手が回らないので画像のみアップ。
20150930okinawa-uruma
沖縄・うるま市の橋の上で
2015/9/30.撮影。
今年も沖縄へ行こう。

【寒波日記】大寒波と池上梅園の梅

 沖縄ですら雪が降り、西日本の県庁所在地の最低気温がすべて0℃以下になった。

 東京杉並は日差しはあったが、信号で止まると即アウト、ならば自転車で移動にすると手袋しているのに手が痛いという状態だった。

 常に気の持ちようを心がけ、常に強気強気でいるのだが、寒さにだけは闘う気もなく、沖縄に行けばいいと思っていたが、沖縄すら雪か・・・。

 こうなると、全国どこにも逃げ場なしでかえって世間話に使えてよかったと思ったほど。

 あと、良かったのは休みだったこと。プールは土曜の夜に行き、日曜の映画や散髪などはあきらめたが、休みだったから助かった。
 ほんと、冬の間は沖縄で書く仕事しよう。東京の冬は最終回とする。

 ふと、「池上梅園」が「地上の楽園」に読めてしまったw
 寒さで消耗したようだから、早めに寝よう。
20160122池上梅園3
大田区の池上梅園の梅
20160122池上梅園
1/22だと寒波前で咲いていた。
(2016/1/22.撮影)
 
~~~~~
関連記事:日記&更新情報カテゴリー
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-category-9.html

【出雲旅行2015その4】 「出雲ゲストハウス いとあん」(後編)   「いとあんの楽しみ方」

【出雲旅行2015その3】
出雲ゲストハウス いとあん(前編)「オーナーの熱田糸帆さん」の続き
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-809.html


     【出雲旅行2015その4】
「出雲ゲストハウス いとあん」(後編)「いとあんの楽しみ方」

 
基本的な情報は、出雲ゲストハウス いとあんのHP
http://guesthouse-itoan.com/
を参照して、補足ポイントと泊まった時の話をアップ。
いとあん外観
出雲ゲストハウス いとあん
オーナーのDIY用の木材があるw

<アクセス>
 所在地は島根県出雲市 今市町894番地2。JR出雲市駅から徒歩5分。
 全然駅から歩いていけるが、初めてだと通り過ぎやすい。わからなかったら人に聞く。俺も見事に通り過ぎて迷ったが、尋ねた人がいとあんの宿泊者で
「僕もそこ泊まってます」
で、一発解決。引きの強さが出るw
   
 オーナーの熱田糸帆さんは、夕方には3軒隣の食堂兼リビングのラウンジ「ツドリバ-RO-」で夕食を作っているから、チェックインの手続きはそこでする時もある。
 女性オーナーのゲストハウスなので女性でも安心。
いとあんRO
いとあんの食堂兼リビングのラウンジ「ツドリバ-RO-」
夕食時なので人が集まっている。
ツドリバ -RO-
https://www.facebook.com/%E3%82%8D-RO--1683560308544661/?fref=ts&__mref=message_bubble

<施設・食事>
 宿はゲストハウスなので相部屋で、お風呂はシャワー。駅前近くの温泉(22時まで)に行くのがオススメ。コンビニも近い。
いとあん2015-1
いとあん内部
itoann2
建物は昔の旅館っぽくて雰囲気がいい
itoan
和室 修学旅行みたいだw
家族3人や友達3人で一部屋(定員3名)に泊まるのもいいと思う。

 和室で仕切りがないので、相部屋の人と枕の場所や荷物の配置で寝やすくしよう。ホテルより安い(1泊2800円)ので少々のことは気にしないこと。周りは住宅地で夜は静か。
  
 いとあんの食堂兼リビングの-RO-で、19:30から夕食(賄い)が500~800円で食べられる。家庭料理だけど値段的にもお得だし、他の宿泊者と仲良くなれるのでオススメ。
(夕食の料金とメニューは現在調整中。サイドメニューも増やして誰もが選びやすくするそうだ。)
  
 料理の内容は、その時の料理番長(いとあんでの料理担当のヘルパーさんの呼び名)の料理レベルによる。 俺が滞在した時は、調理師免許を持ったアスカさんが料理番長だったのでハイレベルだった。無論、オーナーも料理を担当する。
   
 僕が食べた賄いのメニュー(3泊)は、つみれ鍋、グリーンカレー、ジャガイモのバジルのホワイソースがけ、お好み焼き、塩焼きそば、ラスク、オムレツ、サラダなどだった。1回目でうまかったので、3泊して3回食べた。
いとあん夕食5
つみれ鍋とサラダ(アスカさん担当)
いとあん夕食2
グリーンカレーとラスク(オーナー担当)
いとあん夕食3
オムレツとサラダ
   
 ゲストハウスの魅力の一つは、他の宿泊者と知り合うことにある。いとあんでは、-RO-での夕食とその後のワイワイ騒いで楽しむので、夕食から参加したほうが打ち解けやすい。
  
 なので、18:30までに観光から帰って、駅前の温泉に行ってから-RO-で夕食、騒いで疲れて寝るパターンがいとあんでの楽しみ方の定番。
    
 宿泊者だけでなく、近所のオーナーの知り合いも来るから、人数が多いと盛り上がって-RO-で寝る直前まで騒いでるパターンが多い。ただ、面白い人が来るかどうかは本人の引きの強さによるw

 僕が泊まった時のいとあんのスタッフ、宿泊者の話をこの後に紹介。
  
 朝食は、米粉で作った手作りのスコーンとコーヒーなどが-RO-で食べられる。この米粉スコーンは100~200円だけど、これもおいしい。小麦粉がダメな人でもOK。
   
〔2015/11/20,22-23のいとあんの宿泊者とエピソード〕
<大学生の伊藤君>
 1泊目、いとあんの雰囲気がわかってなくて戸惑っていたが、一番話しやすそうな伊藤君に話しかけた。大学生で旅行中だというので、どこ行ったの?と聞くと
「2週間前はペルー行ってました」
「え?ペルぅー?南米!?何しに?」
と、いきなりペルーのマチュピチュ帰りが同じ部屋の宿泊客だったw
 
「クスコで泊まった時にはホテルの前で銃撃戦やってましたよw」
と、なかなかツカミはOKだった。
 その割に伊藤君は、出雲大社の神在祭開催中なのを知らずに出雲に来ていたw
いとあん夕食20151120
ふわふわつみれ鍋

 で、夕食でつみれ鍋が出てきた途端、打ち合わせも何もしてないのに俺も伊藤君もピタリと会話を止めた。
  つみれの数と今日の夕食を食べる人の人数を瞬時に計算して、1人2個ずつ1周するとおかわりを食べられるのは先着2~3人だと気づいたからだ。
  
 俺も伊藤君も「早く食べないと2周目(おかわり)が食べられない」と察知して、会話を完全に止め、黙々と食べておかわりをゲットした。
 が、次のターンで、
「はーい、鍋のおかわり来ましたよーー」
と、普通につみれ鍋全体におかわりが来たw
  
 無駄に食い意地が張った2人は、
「頑張って急いで食べなくても、余裕でおかわりあったんだなあ(笑)」
「そうっすねえw俺、絶対に腹いっぱい食べようとつみれの数を数えてましたよw」
「俺もだw」

 最終日につみれ鍋を作ったアスカさんに、おかわりのために会話をやめて食べることに集中してたと話すと、
「だから、急に黙ってたんだーw」
と、笑われてた。
   

<料理番長の鷹木アスカさん>
 ちょうど、俺が3泊した頃にいとあんにヘルパーで入っていたさすらいの料理人のアスカさん(漢字不明)。

 調理師免許を持っているので、豆腐と卵白を混ぜたふわふわつみれ鍋やジャガイモのバジルのホワイトソースがけ、お酒が隠し味に入っているハイレベル味付けの塩焼きそばなどを出してくれた。この3つは特においしかった。
 
 塩焼きそばの食材は、普通にスーパーで売っているものだろうけど、料理する人でこんなに違うのかと思った。
  
 で、写真を記事に使うのでアスカさんに許可をもらうのに連絡すると、
「私とオーナーは彼氏募集中だから、写りのいい写真を選んでください。ここ重要!」
と、返信が来たw
 
 そういう目的の記事じゃないんだけどなあ。まあ、いとあんのFBのページにいい写真があったからそれを使うことにした。
 オーナーは、自分でモテるって言っていたから変顔写真使ってもいいだろうw
20151130出雲ゲストハウスいとあんスタッフ
2015年11月のいとあんのスタッフ(いとあんからの提供画像)
左から料理番長の鷹木アスカさん、熱田糸帆オーナー、ドイツ人のヘルパーのザラさん(未来人)
いとあん オーナーと鷹木さん 
オーナー(右)とアスカさん。セージに火をつけているところ
いとあんお客さん
お客さんとアスカさん(右)
いとあん コスプレ3
2015/11/23.コスプレして記念撮影
いとあん コスプレ2
朝8時台から異常なハイテンションで笑顔ww
いとあん ゆうこさん
朝っぱらからのコスプレ撮影会に呆れているスタッフのゆうこさん
    
 いとあんの賄いは、低予算でハイコストパフォーマンス。例えるなら燃費が良い軽自動車。
 ぬっちーのバーベキュー料理は、戦車とか消防車とか特殊車両。外でなんでも調理できるが、コストパフォーマンスでは劣る。
(関連記事:【8月のBBQ】ぬっちーのバーベキュー【意外と楽しい】
 http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-801.html
   
 あとで聞くと、夕食の分量の加減がわからず赤字だったそうで、チェックアウトする時にカンパBOXにいくらか入れておいた。
アスカさんは、いとあんでのヘルパー期間が終わったので、再び料理人としての修行に旅立った。
   

<マジシャンの振りをするエスパーのさっけー>
 2泊目に会った鳥取出身のマジシャンのさっけー(酒本雄太君)は、アマチュアながらマジシャン暦8年ということで、夕食後-RO-でマジックを披露してくれた。
  
 目の前の至近距離で、この人数にマジックをすればトリックを暴けると思ったが、さっぱりわからず、しかもテレビ番組のイリュージョンみたいに大仕掛けもなく、実にシンプルなマジックなだけによけいに驚いた。
     
 文章にすると何を書いているかさっぱりわからないのだが、俺がまっくろくろ助みたいなプニプニした小物を握らされ、もう一つ同じものをさっけーが目の前でサッと消すと、

「どこに行ったかといいます。○○さん(俺のこと)、手を開いてみてください」
俺の手の中のプニプニが2つに増えていた!
    
「テレポーテーションじゃん!!」
   
 さらに、トランプを1枚折ってトランプの束の一番下に入れる。
これが合図をかけると何もしてないのに、トランプの束の一番上に浮上してピョコッと跳ね上がる!
   
「テレポーテーション!サイコキネシス!!」
    
 他にもいくつか披露してくれたが、誰もまったくタネを解けない。
   
 さっけーは、
「僕よりうまい人は、マジックバーへ行けばゴロゴロいるし、もっと上手な人はテレビなんか出ないんですよ。
 目の前だと手元に集中してくれるけど、テレビだと引いた場所から撮られるとバレやすくなるから。この距離のほうがバレにくいんです」

  
 といっていたが、タネがわからない以上、納得できなくて気持ち悪いので、段々、
「この人、マジシャンじゃなくてエスパーじゃないの?
 エスパーって正直に言うと騒がれるからマジシャンって言ってるんだよ。この人、本物ー!ただのエスパーじゃん!!
     
 と、もはやタネを解くより、ただのエスパーならこれぐらいできて当たり前だからと、「マジシャンではなくエスパーと言って納得させてくれ」と言っていたw
    
 だって、テレビのはやらせとか演出だと思っていくらすごくても信じないし、大仕掛けをいくらでもできる。そうしないと絵的に盛り上がらないからだが、目の前でごくシンプルなマジックでタネがわからないと、超能力としか思えなかった。
    
 昔、Mr.マリックもマジックを超能力とテレビの演出で言っていたが、それにみんな騙されたのと似てる。
 本物のマジックってこんなにわからないものか。すげえな。
   
 さっけーは、フィリピンのセブ島でも現地の子どもたちにマジックを披露して、ワーワー騒がれたそうだが、-RO-でもみんなまったく同じリアクションを取っていたw。
 
 言葉通じなくても文化が違っても、通じる芸の一つなんだなあ、マジックは。
   
 その後は、みんなで
「これ、商売になるよね。鳥取のコナンのマジックできるから、鳥取のキャンペーンとかに出て、交通費別で1ステージ20分を1日3回すれば、十分営業できるんじゃね?
 トークもちゃんとできてるから、よし!マジックの仕事取ろうw」
       
 と、商売の話で盛り上がったw
 実際に、さっけーは1月24日(日)に岩美駅前の福寿商店で「岩美音楽祭」で、マジックショーをやる予定。

 さっけーの本業は、地域おこしブロガーで地元の鳥取観光やゲストハウスの記事を書いてるんだけど、いや、絶対マジックのほうが儲かるって(笑)。
20151123いとあんのROで
左端の口からトランプを出しているのがさっけー
中央の変顔のイスラムの人が熱田オーナーw

さっけーのサイト:とっとりずむ
http://sakemotoyuta.com/
   
  
<ギターの先生の長田さん>
 3泊目の最後の夜、食事も終わった22時ごろ、宿泊者でもなく、夕食参加でもない近所に住む長田トシツグさんが飛び込みでやってきた。
 そして、オーナーや顔見知りの常連客に
「惨敗です!!」
と、言ってテーブルに突っ伏した。
  
 この人は、夜中に来て何を言ってるんだ?競馬か何かで負けたのかと思ったら、どうも地元で開催されたお見合いパーティーで、まったく成果がなかったということだったw
  
 長田さんの話を聞いてみると、ギター教室の先生(出張レコーディングもできる)で背も高く、顔も悪くないし、当然ギターのテクニックはすごいし、歌も歌える。この辺の音楽関係者では有名だそうだ。
 
 だが、トークが微妙すぎる・・。でも、いい人なので、いとあんのお客のみんなで恋愛相談に乗ってあげて、代わりにギターでの弾き語りを披露してくれた。
いとあん 長田さん2
ギターの先生の長田さん
いとあん 長田さん
スマホで楽譜を検索して即興で弾き語りをする長田さん
隣は夕食を食べに来た監督
   
 さすがにギターはうまかった。ちょっとネットで楽譜を検索したら、すぐに弾けてから、大抵のリクエストに答えてくれる。これだけギターがうまいのになぜモテないんだ。
  
 原因は、選曲がおかしかったw
女性が聞き手なのに、なぜに長渕剛を選ぶんだ。みんなが
「そうじゃない!相手を見て曲を選ばないと」
っとツッコミを入れ、
 
 アスカさんも
「女性でも長渕ファンはいると思います。鹿児島の女性には人気はあります。けど、大抵の女性は、もっとポップな曲でいいんです」
と、アドバイスしたのに、
長田さんは、
「わかりました、僕の好きな長渕は封印して、じゃあ、浜省(浜田省吾)で」
「違う違う!!」 
一同、爆笑(笑)。
  
 この人、わざとボケてるのかw面白いボケだけど、本人はいたって真剣。長渕がダメなら、浜省も同じ系統だからダメだよwポップな曲って言ってるのにw。
 
 最終的に
「自分が弾きたい曲ではなく、相手が聞きたい曲を弾いてあげて、トークよりもギターがすごくうまいんだから、それを活かしましょう。
 3分間で相手にアピールするお見合いパーティーでは、長田さんの良さは伝わらないから、戦場を間違えてるから失敗しても気にしないでいいですよ」
という、アドバイスで落ち着いたw
   
 そうだよなあ。初めて会った俺でもそう思う。ギターというすごい武器を持っているのに、トーク勝負のお見合いパーティーに行っても、武器も持たないで私服で戦場に行くようなもんだ。
 そりゃあ、惨敗するよ。
  
 でも、人柄も誠実だし、トークだけちゃんとすれば大丈夫なんだけど、長渕がダメって言われて浜省出すって、ギターはA級なのにトークはC級だw
     
 いとあんのオーナーも、
「この辺じゃギターで有名な人で、結婚相手としては優良物件だと思うけど、ちょっとバカ正直なとこがあるのよ。そこよねぇ」
と、鋭い分析をしていた。

 でも、いい人なのは確かで、おかげで最後の晩があんなに盛り上がった。長田さんが良いご縁に恵まれますように。
    
 ちなみに、出雲大社の神在祭の後半には、縁結びの大祭が2日間行われる。
この2日間のいとあんの宿泊者も女性がほとんどだったという。
出雲大社の縁結びは、恋愛に限らずあらゆる縁をつかさどる。

 最終日にいとあんを出る直前にオーナーが宿泊客に出雲大社の御神酒を振舞ってくれた。
いとあん お神酒
出雲大社の御神酒

 だが、飲む時にオーナーから
「これ飲んだら、わかりますよね?紹介記事ちゃんと書いてくださいね」
という無言のプレッシャーがあったw

 普通のお酒なら飲まないが、御神酒ならば仕方ない(レアだから)。御神酒を飲んだのでかなり長めに書いておいたw
   
 神在祭に三連休がかぶって宿が全然取れなくて、偶然泊まったゲストハウスだったけど、こんなに楽しいとは思わなかったw
 出雲の神様に感謝。

出雲ゲストハウス いとあん
〒693-0001
島根県出雲市 今市町894番地2
(JR出雲市駅から徒歩5分)
電話:070-2351-7574
http://guesthouse-itoan.com/
 
ツドリバ -RO-
https://www.facebook.com/%E3%82%8D-RO--1683560308544661/?fref=ts&__mref=message_bubble
 
※画像はクリックして拡大で正しく表示、サムネイル(縮小画像)は幅の関係でボケてたり、左右が切れている。
スマホだと画像が全部表示されないことがありますので、その際はPC版に切り替えてください。

※この記事は、2015年11月に宿泊した時のものです。現在は、スタッフや運営状況が変わっていることがあります。

【出雲旅行2015その5】出雲大社と周辺めぐりにつづく
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-841.html

~~~~~
関連記事:【日記】出雲の宿が取れない・・・【神よ・・】
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-776.html
【出雲旅行2015】明日から出雲へ&「ご縁の店 福屋」
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-792.html
【出雲旅行2015、その1】初日~2日目、神迎神事
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-797.html
【出雲旅行2015、その2】「古民家 はまのや」、鵜峠浦
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-806.html

【出雲旅行2015その3】
出雲ゲストハウス いとあん(前編)「オーナーの熱田糸帆さん」
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-809.html
【出雲旅行2015その4】
「出雲ゲストハウス いとあん」(後編)「いとあんの楽しみ方」
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-820.html
【出雲旅行2015その5】出雲大社と周辺めぐり
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-841.html

【出雲旅行1】鳥取・米子鬼太郎空港~松江【2014年12月】
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-638.html
【出雲旅行2】出雲大社参拝1日目、出雲大社前駅【2014年12月】
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-644.html

【沖縄・本部町】ゲストハウス「なんで家ねん」【ケンにー】
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-775.html
【沖縄旅行2016】民宿 久保田荘【沖縄市、オススメの格安宿】
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-1007.html

【2015沖縄旅行・秋】宜野湾市の「チェンジザワールド」~子猫を巡る物語~
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-771.html
【高知旅行19】町家カフェ「道-タオ-」【香南市】
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-893.html
旅行記・観光カテゴリー(コストブログ2)
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-category-8.html

続きを読む »

テーマ : 国内旅行 - ジャンル : 旅行

tag : 出雲旅行 出雲ゲストハウス いとあん 出雲市駅前の宿 女性オーナーのゲストハウス

【画像】近所のアーティスト追加、秘密結社鷹の爪外伝 むかしの吉田くん

近所のアーティストの新作
20151226yukidaruma
雪だるま
2015/12/26.に撮影したけど、2016/1/18に実際に大雪になった。
20160101dog
申年の元日なのに、犬が追加されていたw
20160101-2
2016/1/1.撮影

過去の作品とまとめ記事↓
【写真】近所のアーティスト
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-735.html

<鷹の爪団で気に入ったキャラ>
susanoomikoto
秘密結社鷹の爪外伝 むかしの吉田くんに出てくる出雲の神様キャラ(スサノヲノミコト)

秘密結社鷹の爪外伝 むかしの吉田くん #4『ヤマタノオロチ伝説の巻』
https://www.youtube.com/watch?v=GCnEUBblTDo

~~~~~
関連記事:【出雲旅行2015、その1】初日~2日目、神迎神事
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-797.html
【出雲旅行2015、その2】「古民家 はまのや」、鵜峠浦
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-806.html
【写真】近所のアーティスト
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-735.html

【記事予告】いとあん後編、ウミガメ写真

 「出雲ゲストハウス いとあん」の後編のフェイスブック版はアップしたが、平日は仕事があってブログ版の更新は明日以降にすることに。

【出雲旅行2015その3】 出雲ゲストハウス いとあん(前編)
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-809.html

 FBと違ってブログ版だと画像の追加が後からできるし、文章の後に写真を挿入できるから記事としては完成度は高くなるけど、自分が写っている写真は基本使わないし、本名出せない人とか写真にクレジットを入れる作業がいるため時間がかかる。

 こんな大雪が降る冬の東京から脱出する方法を実行に移すべく、とりあえずアイデアが載ってそうな本でも読もう。
20150929さんご畑アオウミガメ2
さんご畑のアオウミガメが追いかけてきた。お気に入りの写真。
また、ここ行こう。すごく居心地が良かった。
(2015/9/29.撮影)

【沖縄・読谷村】さんご畑~陸上のサンゴ礁~(画像追加)
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-813.html

【日記】東京で大雪(2016/1/18、画像追加)

 都心で大雪。
すで初雪は降っているが、本気の大雪と大寒波が来た。
20160118大雪4
メリットがない東京の雪景色(2016/1/18)

 東京に雪が降っていいことは何もない。スキー場ではないから、寒くて電車が止まるだけ。足元に注意も必要になる。
でも良かった、今日は休みだ。引きの強さは健在。

 休みだけど、税務署やプール、映画とか行こうと思ったけど、部屋から出たらこれでは・・。写真撮るのにベランダに出たら、ロシアにいる気分になった。
 本当の意味で、寒さでもっていかれてしまいそうな気温だ。
20160118大雪2
これでも朝よりは溶けたほう。カーテン開けたらギョッとしたw

<1/18.最高(最低)気温>
東京8℃(0℃)、高知14℃(8℃)、沖縄20℃(17℃)

沖縄は別格としても、高知の最低気温が東京の最高と同じとは、これはひどい。

 部屋にはりんごとポテチぐらいしかなく、米も買ってないから外に出ないと食事ができない。
低温の上にそこそこ強い雨(昼過ぎに止んだ)、雪の残った路面、雪が降らない地方出身者にとっては年に一度の忍耐の日である。

 東京の冬は、もうええやろう。絶対に暖かいほうが健康にいい。
いよいよ、冬の東京から南国へ脱出作戦の実現を目指そう。
20160118大雪3
雪が降らない地方出身者からしたら、壮絶としか言いようがない路面

【写真】吉祥寺駅でフクロウに遭遇

 先日、吉祥寺駅前で会ったフクロウ。
201601104ふくろうカフェ
キリッ
201601104ふくろうカフェ2
猛禽類(もうきんるい)やでっ!
(ほんとは大人しかった)
201601104ふくろうカフェ3
ふくろうカフェの宣伝(チラシ配り)に駆り出されていたw

動物園以外でフクロウって初めて見たw

撮影日:2016/1/10
撮影場所:東京都 吉祥寺駅前
撮影機材:スマホ IS17

※画像はクリックすると拡大して正しく表示。サムネイル(縮小)画像は幅の関係でボケて表示されている。

~~~~
関連記事:【写真】宜野湾市の「チェンジザワールド」の子猫たち
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-772.html
【写真】今日の猫(2015/7/30)
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-727.html
【写真】近所のアーティスト
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-735.html

【写真】古宇利島のヤギさん
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-721.html
【2015沖縄旅行・秋】ビーチで撮影中
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-770.html

写真・画像カテゴリー(コストブログ)
http://cost-off.seesaa.net/category/861770-1.html
写真・画像カテゴリー(コストブログ2)
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-category-14.html

テーマ : 動物の写真 - ジャンル : 写真

tag : フクロウ ふくろうカフェ 吉祥寺

【仕事】人の原稿を直す仕事、その3「妄想から始まる元原稿」

 東京の冬は寒くて取材で外を回れないのと、近所で通勤が20分を切るという理由で、素人ライターの原稿を直す仕事に就いたが、
 
 あまりの妄想ぶりに「ソースは?」どころではない原稿に遭遇しているが、最近はネタをもらったと笑うようになった。

例えば、ゲーム業界についての原稿の冒頭では
「ITといえば、ゲーム業界ですよね」→んなわきゃーない

とか、薬剤師の原稿の冒頭では
「いつの時代も人気がある職業の薬○師は」→人気職業だったことなんかない

とか、必ず妄想で書き出す素人ライターがいて、毎回
「んなわけあるかっw」
「聞いたことねーよ、どの時代だよw」

と、呆れてツッコミを入れている。
ソース(情報源、根拠)はどれ?までいかなくて、すぐに妄想とわかるレベル。

 一番ひどかったのは、「ジャパンネケルクラブ認定トリマー」とあったので、コピペだろうからチェックせずにスルーしたら、

 隣の先輩から
正しくは「ジャパンケネルクラブ公認トリマー」だよ。

 と、指摘された。
 マジか、1つの単語に2箇所間違うって狙ってやってんのか?
しかも固有名詞だぜ。コピペしたら間違いようもないのに、もはやトラップと化している元原稿w

 良かった、横の先輩がめちゃ優秀で。

 冒頭からこれだから、中身を読んでも予想通りの出来なので、まともに読んでいると間違った内容に引きずられる(影響される)ので、
チラッと見たら自分で1から書くようにしてる。

 先輩のアドバイスは正しかったwほんとヒントにしかならない元原稿がある。
 当然、原型留めないほどに書き直し。しかも、俺と先輩二人がかりだから、人件費かかってると思う。
 隣の先輩は、こんな原稿を俺みたいにツッコむわけでも文句言うこともなく、黙々と直している。ほんとすごいな。

<おまけ>
 フェイスブックでアップされていた面白いサイト。
「お金がないとクリエイティブになる15の証拠」
http://curazy.com/archives/69745

DSCN9456
2015/9/29.沖縄・さんご畑にて

「ウソを書いて出す人」「流星の社員」「信者の人」につづく
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-823.html

~~~~
関連記事:【日記】人の原稿を直す仕事(ver.1.1)
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-799.html
コラム・人物偏カテゴリー
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-category-4.html

【沖縄・読谷村】さんご畑~陸上のサンゴ礁~(画像追加2016/11/4)

 2015/9/29.2015年沖縄旅行・秋編の5日目。
 沖縄県読谷村の海岸にある「さんご畑~陸上のサンゴ礁~」に初めて来た。
20150929さんご畑 入口
さんご畑の入口
20150929さんご畑26
400種類のサンゴがいる沖縄の海は世界一!
 
 前日、沖縄本島の最北端の大石林山から読谷村に移動し、午前中の紅型作家の新垣さんのアトリエを見学した時、新垣さんからさんご畑に行くように勧められて行ったみた。
  
 さんご畑は、サンゴを養殖して沖縄のサンゴ礁を再生させるための施設で、ナインティナインの岡村隆史主演の映画『てぃだかんかん〜海とサンゴと小さな奇跡〜』の舞台になった。
 
 でも、映画は観てないし、島田伸助が番組で取り上げていたのをチラッと観た程度だった。
 
 新垣さんに勧められた時もダイビングでサンゴ礁は見てるし、ちゅら海水族館も行ったことあるのに、今さらサンゴの養殖施設見てどうすんの?と思ったけど、
上の道路から施設を眺めると、いい景色で海上にある施設も気になったので、チケット(大人900円、高校生600円、中学生以下は無料)を買って坂道を降りていった。
20150929さんご畑1
上からさんご畑全体を見る
20150929さんご畑2
海上にあるのは、大河ドラマ『琉球の風』のセットの三重城
20150929さんご畑13
読谷村のさんご畑
20160929さんご畑追加1
親子連れのお客さん(中学生以下は無料)
20160929さんご畑2016-12b
陸上のプールに作ったサンゴ礁
20160929さんご畑2016-13b
サンゴの再生施設
20160929さんご畑2016-70b
元気に育つサンゴたち

 東京でさんご畑のニュースで見た時は、あのサンゴをモチーフにした施設のデザインが、まるでフランスのシュヴァルの理想宮みたいで、
「ぶっ飛んだセンスしてるなあw」と思っていたが、現地に来て納得。
 沖縄の海と空のロケーションの中だとこのデザインが違和感がなく収まっている。
20150929さんご畑9
サンゴをイメージしたデザイン
20150929さんご畑4
海のほうに三重城のセットが見える
20160929さんご畑2016-61b
海がすぐ目の前のロケーション
さんご畑 乾さん撮影
さんご畑の夕暮れ
(この写真のみ、乾さん撮影)

 今日は月曜ということもあって、他にお客さんがいなくて空いてたので職員の乾さんに案内してもらった。
 
 入口すぐにあるサメの一種のネムリブカの池では、昼間は寝ていることが多いネムリブカが起きて泳ぎ回っていたので、乾さんから
「昼間は寝ていることが多いんですが、、元気に泳ぎ回っている・・歓迎してくれてるみたいですよ(笑)」
と、言われて気分がいい。
 確かに愛想よく近寄ってくる。ほんと、沖縄は波長が合っているなあ。
20150929さんご畑15
ネムリブカ 
普段は昼間寝ているそうだが、起きてめっちゃ寄ってきた。
20150929さんご畑31
洞窟のような「ニライカナイ伝説の池」に、神秘的な生命の誕生を描いた絵が展示されている
絵:点描画家(大城清太氏)
20150929さんご畑11
ネムリブカの説明、英名「ホワイトチップ・リーフ・シャーク」
  
 続いて、サンゴの種苗育成槽で育てたサンゴの苗(子どものサンゴ)を見せてもらう。
「サンゴは、大体一ヶ月で1cm成長します。髪と同じぐらいですね。ここまで育てると海にダイバーが植え付けにいきます」
20150929さんご畑3
種苗育成槽で育てたサンゴの苗
20160929さんご畑2016-65b
さまざまな種類のサンゴが育てられている
20160929さんご畑2016-69b
さらに大きくなると大きなプールで育てる

 さんご畑は、陸上に小さな海と人工的にサンゴ礁を再現して、その中でサンゴを養殖して増やして、ある程度大きくなったら海に移植する事業をしている。
20150929さんご畑22
沖縄のサンゴの説明

 来場者は、120種類のサンゴの観察や、生態系でのサンゴの役割を学習できる。また、ウミガメや魚のクマノミなどもいてエサをあげたり、ナマコやウニを触れるコーナーもある。
20160929さんご畑2016-60
サンゴ礁が再現されている
20160929さんご畑2016-15b.
色とりどりの陸上のサンゴ礁
20150929さんご畑16
水槽の熱帯魚
20150929さんご畑17
ナマコなどを触れるコーナー
20150929さんご畑23
サンゴ礁に住むウニたち

 特にウミガメは、人なつこくてエサをおねだりしてくるのでエサの小魚(200円)を買ってあげて遊んでいた。
20150929さんご畑 ウミガメ3
さんご畑のウミガメたち
20150929さんご畑 ウミガメ2
「エサおくれ~エサ~」と、追いかけてきたw
とにかく人なつっこい。
20150929さんご畑 ウミガメ1
おねだり上手
20150929さんご畑 画像3
後でエサの小魚(200円)をあげた
(エサと思って手を噛まれると危険なので出さないように。後で知った)
関連記事:【2016年新年】あけましておめでとうございます【海ガメ】
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-811.html
1年後になると大きくなっていた↓
【沖縄旅行2016】今年もさんご畑へ
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-985.html
   
 職員の乾さんの説明を聞きながら、こういう利益は出ないが環境保全や社会的に必要な事業は、国や自治体からの補助金で運営されていると思っていたので、その辺を質問すると
 
「いえ、国からは補助金は全然出てないんです」
  
「え?だってこれ、典型的な必要だけど利益が出ない事業でしょ?
 環境省とか文科省とかそういうところから補助金や助成金もらってやらないと、いくらお金あっても足らないですよ」
   
「そうなんですけど、国からはお金もらってないんです」
  
「もしかして社長がお金持ちなの?それか別に事業やっていて、その税金対策か何かなの?」
   
「いえ、社長はお金持ちじゃないです。社長は、前職を辞めて海水魚ショップを始めてサンゴの研究をしていたんです。
 だから、お金作るためにあちこちで公演して寄付してもらったり、支援してもらうように駆け回ってるんです」

   
 そういえば、島田伸助がテレビで紹介した時にそんな話してたなあ。映画観てからくればよかった。

「だったら、なおのこと補助金もらわないと。お金尽きたらどうするんです?
 僕もダイビングするけど、サンゴの再生は5年や10年で終わるようなプロジェクトじゃないですよ。赤字になったらやめるとか、来年でおしまいっていう時限事業ならわかるけど、そういうつもりじゃないでしょう。
 他には補助金とか取れてないの?」
   
「県からは3年前からサンゴの調査委託での補助金が出てますけど、そんなに多くはないので、社長は全国回って支援者を探してるんです。
 たぶん、社長は自分が死ぬまでは続けるんじゃないかと思います」
   
「う~ん・・、県から少しだけかぁ。
 それも施設ができたのが7年前だから、県は数年様子見てたのか。沖縄の海の再生事業なのに」

 公共事業(税金)であれだけ立派な道路や橋作るならこっちにも回せばいいものを。補助金は用途が決まってるからそうもいかないか。こういう事業にも税金回してくれよ。美しい海こそが沖縄の観光資源じゃないか。

 「でも入場料が900円で、これだけの施設の維持費をまかなうのはまず無理ですよ。  
 水槽で熱帯魚を飼ってる友達ですら電気代とか維持費がすごくかかると言ってるし、そもそも陸上で海を再現するのは温度管理や水流とかすごく手間もエネルギーもかかりますよ。

  かといって、値上げしたらそれならちゅら海水族館へ行くってなるし。
 入場料900円ってのは、施設の規模や内容を考えたらいい値段だと思いますけど、到底足りるとは思えないですよ」
   
「そうなんです。ここの入場料だけでは全然足らないです。だから、サンゴの養殖で1本3500円の寄付をお願いしてるんです」
    
「う~ん。1年に養殖するサンゴは年に何本ぐらいですか?」
「多少増減はありますけど、年に1万本くらいですね」
「1万本!?ここって職員は何人なんですか?」
「7人ですね。7人で手作業で作っています」
   
「7人の侍ですかw7人で1万本大変だなあ。工業製品じゃないし、サンゴは生き物だし手作業でするしかないんですよねえ」
   
 あとで、俺もサンゴの養殖を申し込んだ。

 沖縄県は、離島振興と米軍基地の負担などの条件から、国から他の県に比べて補助金や助成金は多く配分されている。
今年1月に竣工した伊良部大橋など各地の橋もすごく立派なのも、LCCの沖縄行きの航空チケットが安いのはそういう事情。
  
 航空運賃に補助金があるため、内地の便と沖縄便では航空距離換算の計算が全然違う。同じ東京発でも内地の路線は距離が短いのに料金が高い。
  
 沖縄で道路や建設工事(公共事業だけでなく民間も)には、申請すれば最大25%まで補助金が受けられる仕組みになっている。
 その制度自体は、離島の条件や地方振興なので問題ない。他の地方でもある程度はあるだろうから。自治体が申請に対してどれぐらいの補助を出すかを決めるのだが、さんご畑がある読谷村も補助出してやればいいのにと思った。
  
 ちなみに読谷村は「村」だけど、人口は3万9300人で日本一人口が多い村である。
20150929さんご畑30
サンゴで作った沖縄本島
20150929さんご畑25
熱帯魚
20160929さんご畑2016-63b
大きい魚もいる
20160929さんご畑2016-62
au(沖縄セルラー)も支援している

「さんご畑の社長(金城浩二氏)って何歳なんですか?沖縄の人?」
「44歳(2015年9月時点)で、沖縄の人です」
  
「あ、沖縄の人なんだ。沖縄の人ってあまりダイビングしないから県外の人かと思ってた。若いな、てっきり50代後半ぐらいの実業家と思ってた。ナイナイの岡村主演も年齢的に合ってたのか。
 映画は宣伝の部分しか観てないけど、サンゴの養殖を始めようとしたら変人扱いされたってのは本当なの?」
    
「本当です。はじめは奇人変人扱いされて周りから頭おかしいってバッシングも受けてるんです。なんとか軌道に乗ってマスコミとかに取り上げられて、それでやっと理解してもらえるようになったんです」
   
「奇人変人扱いって、映画も事実のままだったんですね。

 僕も1998年と2000年にダイビングのライセンス取りに来た時に、サンゴの白化現象が起こっててすごくきれいでしたけど、
インストラクター から『あれはサンゴが死んでいく状態です』って聞いたんです。
まさかそれに対抗してサンゴを養殖で増やそうって人がいるとは思わなかったです」
  
 高知の塩井の殿(塩井政利さん)も、高知の田舎町(香南市赤岡町)で「市川海老蔵を呼んで歌舞伎の公演をやる」っていったら当初は誰も信じなかったけど、公演決定して新聞に掲載されたら近所の人も信じてくれたって話してたなあ。

(関連記事:【高知の殿】塩井の殿の歌舞伎誘致【市川海老蔵】
 http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-762.html
   
 サンゴの養殖の実例がほとんどなく、沖縄県ではさんご畑の金城社長によって養殖サンゴの移植による再生事業が始まった。
   
 最終日に泊まった沖縄市の民宿の女将さんに聞くと、今は県民の中でもだいぶ理解されてきているという話だった。
  
 金城社長は、琉球大の海洋学科でサンゴの生態を勉強していたとか、さんご畑の独特なデザインは建築関係の仕事のしていたからなのかと思って質問すると、
  
「いえ、サンゴの研究もさんご畑の設計も独学だそうです。さっきのサンゴの白化現象を見て誰もやらないなら、自分がやるって。だから、仕事辞めてサンゴの研究して試行錯誤してやっと養殖できるようになったんです」
  
「独学って、、(唖然)。自宅の水槽で熱帯魚飼うのとは訳が違うんですよ。
 てっきり大学院とかでサンゴの生態研究していて、それでこの施設作ったのかと思ってましたよ」
  
 社長にも会ってみたかったが、支援者探しに飛び回っているので当然のように不在で、この日は会えなかった。
20150929さんご畑27
さんご畑は金城社長が設計・デザインした
20150929さんご畑20
水面に映る空とシルエット
さんご畑20160929-35
現地で見ると違和感がない

「読谷村に住んでいる友達から、サンゴの産卵の時は無料開放してるって聞いたんですけど」
  
「そうなんですけど、サンゴの産卵の晩って大体の予定でしかわからないんです。必ず何日ですって言えないんですよ。
 来てもらったのに今夜じゃなかったってなるとまずいので、本当に直前になったら『今夜あります』って告知を出すんです。
 だから、1日だけでなくて何日か予定を取ってもらったほうがいいです」
  
「あ、そうか生物相手だからピンポイントだとわからないのか。近所の人は、急に言われても簡単に行けるからいいのか。でも、産卵は一度見たいですね」
 
 この話の少し前、水槽のサンゴからなにか出ているのを見て
「おっ、これが産卵ですか?」
「いえ、これは普通の呼吸ですw」
 と、コントみたいなボケをかましてしまったw
  
 さんご畑は、サンゴの養殖のほうがメインなので水族館とはちょっと違うけど、ナマコを手で触るコーナーもあったり、この不思議な白いデザインの施設は写真を撮るのにもいいと思う。
  
 さんご畑の目の前の海に、大河ドラマ『琉球の風』で使われた海の見張り台(三重城のセット)があって、上から見た時に気になっていて帰りに行ってみると、海の中を歩くのですごく気分が良かった。
20150929三重城2
三重城のセット
20150929三重城3
歩いていける観光スポット
20150929三重城4

 ここは、読谷村に行った時にはオススメの観光施設。
 
<さんご畑>
〒904-0323  
沖縄県読谷村高志保915番地
HP:http://www.sangobatake.jp/
FB:https://www.facebook.com/sangobatake
TEL: 098-982-9988

入館料:大人900円、学生(高校生以上)600円
     中学生以下は無料(中学生以下のみでは入場不可なので、大人と一緒に)
http://www.sangobatake.jp/40.html

※画像はクリックすると拡大して正しく表示。サムネイル(縮小)画像は幅の関係でボケて表示されている。
 スマホ版では、画像が表示されないことがあります。画像は15枚ほどあるので、その際はPC版でご覧ください。

1年後に再び訪れた記事↓
【沖縄旅行2016】今年もさんご畑へにつづく
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-985.html
【沖縄旅行2016】備瀬のワリーバンタ【本部町】
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-991.html
【沖縄旅行2016】ゆるゆるな沖縄のタクシー
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-987.html

~~~~~~~
関連記事:3月5日はサンゴの日、映画「てぃだかんかん~海とサンゴと小さな奇跡~」
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-838.html
【2016年新年】あけましておめでとうございます【海ガメ】
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-811.html
【写真】「読谷村の夕日」
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-826.html

【2015沖縄旅行・秋】ビーチで撮影中
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-770.html
【2015沖縄旅行・秋】宜野湾市の「チェンジザワールド」~子猫を巡る物語~
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-771.html

【2015沖縄旅行・秋】1~2日目、那覇~本部・玉城さん宅
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-773.html
【2015沖縄旅行・秋】2日目~3日目、本部町~海洋博公園~備瀬のフク木並木
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-774.html

【沖縄・本部町】ゲストハウス「なんで家ねん」【ケンにー】
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-775.html
【沖縄・読谷村】さんご畑~陸上のサンゴ礁~(画像追加)
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-813.html
【2015沖縄旅行・秋】旅行写真「道すがら」
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-839.html

【2015沖縄旅行1】ベッドが3つある部屋
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-711.html
【2015沖縄旅行2】沖縄すばのオススメ店「なかま食堂」「すばやーケンサン」
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-713.html
【2015沖縄旅行3】理想の夫婦の形
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-716.html
【2015沖縄旅行4】初日の話「成田~那覇~宜野湾」
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-719.html
【2015沖縄旅行5】2日目、カード占い
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-720.html

【高知旅行17】さんごの清岡屋~Natural Coral~【宝石珊瑚】
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-869.html
まとめて読む→沖縄旅行・ダイビングカテゴリー(コストブログ2)
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-category-7.html

続きを読む »

テーマ : 国内旅行 - ジャンル : 旅行

tag : さんご畑 沖縄旅行 読谷村 サンゴの再生 陸上のサンゴ礁 金城浩二

【日記】書いてよかった

 以前、許可が下りなかったと思っていたのが、OKになったので後日アップ。良かった、書いてて。

 突っ込んだ内容より、簡単な紹介記事ならすぐOKだったかもしれないが、それだとHPや観光サイトと同じだし、俺が書く意味ないなあと思っていた。

 で、一ヵ月半も書き直し検討したけど、まったく書き直しが思いつかなかった。これほど筆が進まないのは初めてだ。

 仕事なら簡単に直すけど、たぶん、この内容が必要だから、部分的にカットしても応援の意味でも大幅には変えたくないから(変えようもなかった)、許可下りてよかった。

 とりあえず、ブログ版は明日にでもアップ予定。画像にクレジット入れる作業が時間かかる。
migusuku
沖縄・読谷村の海(2015/9/29.撮影)
DSCN5264
今日咲いたハイビスカス
花の場所によって、花びらの色が異なる。今回は赤みが強い。

~~~~
関連記事:【沖縄・読谷村】さんご畑~陸上のサンゴ礁~
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-813.html

【2016年新年】あけましておめでとうございます【海ガメ】

 新年あけましておめでとうございます。
この年末年始は人生で一番やること多かった。でも儲かった。

 申年だけど、海ガメが好きなのでアップ。
次の沖縄の記事でアップする沖縄の「さんご畑」(さんご畑 Sea seed 海の種)の海ガメ。すごく人なつこいw
ほんとは噛まれると「危険だから手を出しちゃダメ」と看板があるけど、知らずにちょこちょこなでていた。
2015さんご畑の海ガメ2
沖縄・読谷村のさんご畑の海ガメ(2015/9/29.撮影)
2015さんご畑の海ガメ1
エサのおねだり上手だったwこの後、エサを買ってあげた。
20150929さんご畑 画像3
もう終わり?

~~~~~
関連記事:【沖縄・読谷村】さんご畑~陸上のサンゴ礁~
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-813.html
【2015沖縄旅行・秋】ビーチで撮影中
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-770.html
【2015沖縄旅行・秋】国頭村・辺土名のホテルでの恐怖
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-769.html

【2015沖縄旅行・秋】宜野湾市の「チェンジザワールド」~子猫を巡る物語~
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-771.html
【2015沖縄旅行・秋】1~2日目、那覇~本部・玉城さん宅
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-773.html
【2015沖縄旅行・秋】2日目~3日目、本部町~海洋博公園~備瀬のフク木並木
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-774.html

【沖縄・本部町】ゲストハウス「なんで家ねん」【ケンにー】
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-775.html
【写真】「読谷村の夕日」
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-826.html
【2015沖縄旅行・秋】旅行写真「道すがら」
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-839.html

沖縄旅行・ダイビングカテゴリー(コストブログ2)
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-category-7.html

テーマ : 動物の写真 - ジャンル : 写真

tag : さんご畑 Sea seed 海の種 沖縄旅行 読谷村 海ガメ

【オススメサイト】まめきちまめこの日常

 ネットの個人のマンガ。ときどきまとめて読んでるw

「まめきちまめこ ニ~~トの日常」
http://mamekichimameko.blog.jp/

飼い犬の話が意外とツボw
http://mamekichimameko.blog.jp/archives/51493882.html
うちの犬のうまい棒に対する執着がすさまじい
http://mamekichimameko.blog.jp/archives/46882783.html
「狂犬レオ、ボケる」
http://mamekichimameko.blog.jp/archives/46882801.html
野生のオロナミンC
http://mamekichimameko.blog.jp/archives/46882722.html

~~~~~
関連記事:【紹介】ネット上での群馬県の扱いがひどい【笑】
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-611.html
【オススメ】ギレンの野望アクシズの脅威Vプレイ動画
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-31.html

オススメブログのリンク集カテゴリー(コストブログ)
http://cost-off.seesaa.net/category/1238467-1.html
宣伝、オススメサイトカテゴリー(コストブログ2)
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-category-21.html

テーマ : 漫画 - ジャンル : アニメ・コミック

tag : まめきちまめこの日常

【出雲旅行2015その3】 出雲ゲストハウス いとあん(前編)    「オーナーの熱田糸帆さん」

【出雲旅行2015、その2】「古民家 はまのや」、鵜峠浦のつづき
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-806.html


     【出雲旅行2015その3】
  出雲ゲストハウス いとあん(前編)「オーナーの熱田糸帆さん」

  
 2015年の出雲旅行(2015/11/20-24)では、「古民家 はまのや」と「出雲ゲストハウス いとあん」に泊まったが、偶然、両方とも出雲市出身(正確には旧大社町出身と旧出雲市出身)の女性オーナーの宿だった。
  
 日本海側の50人の集落・鵜峠(うど)にある「はまのや」が「静」とするなら、JR出雲市駅前にある「いとあん」はまさに「動」。
いとあん2015-1
出雲ゲストハウス いとあん
いとあん外観
いとあん外観(駐車場側)

出雲ゲストハウス いとあんHP:http://guesthouse-itoan.com/
 
 いとあんのオーナーの熱田糸帆(しほ)さんは、明るく面白いキャラクターの人で、ブログで紹介しようかと言うと
「『美人オーナーがいるゲストハウス』って書いて!そしたらいっぱいお客さん来るからっ」
と、注文をつけてきたw
  
 俺のサラリーマン記者時代も含めてそんな注文は初めてだ(笑)。

 普通、記事の注文って「うまく書いておいてよ」とか「でっかく取り上げてよ」とか、オフレコ部分を「この部分は書かないでね」ぐらいのものなのだが、宿泊客増のため美人って書いてってストレートすぎる(笑)。
 男性客はともかく、女性客はどうすんのw
  
 美人って表現は個人の好みの問題だしなあ。そもそも、いとあんの宿としての良さや楽しさはそこじゃないし。
 結局、オーナーの一番自然に撮れている写真をアップしてそれで判断してもらうことにした。
20151123いとあんのオーナー
2015/11/23.出雲ゲストハウス いとあんのオーナー熱田さんの変顔でない普通の写真。
でも、よく見ると服の商品タグが付いたままw
Dscn4607b3
追加画像
20151123いとあんのオーナー2
いとあんのオーナー熱田さん
「美人オーナーがいる宿と書いて!」と宿泊客増のために自らハードルを上げる注文をつけてきたw
なんてリスクテイカーなんだ(笑)
   
 だけど、オーナーは基本ふざけてる変顔写真ばっかりだw
フェイスブックのプロフィール写真もドラゴンボールのフリーザ使ってるし、「お年頃の女性がそんなんじゃダメでしょっ」と、注意したほどだw
20151123いとあんのROで
写真には毎回変顔で答えようとする熱田糸帆オーナー(中央)。
朝からコスプレ撮影会w(2015/11/23.撮影)
左から、マジシャン(ほんとはエスパー)、イスラムの人(ほんとはゲストハウスオーナー)、陰陽師(ほんとは記者)
  
 記事のリクエストには答えるのも仕事(この記事は仕事じゃないけど)だが、美人と書いて無駄にハードル上げて逆効果になるのは避けたい、とか考えてたら記事が遅れた。

 ただ、記事というのはどちらに転ぶにせよ、興味をもってくれたならそれで意味はあると思う。
  
 真面目な話を書くと、オーナーは東京で大学を出てIT関係のサラリーマンをしていたが、
「東京も合わなかったし、仕事もサラリーマンも合ってなかったから、出雲に帰りたかった。
 地元(出雲市)に帰って来て、それで仕事を探さなきゃなあって思ってた時にいとあんの建物に出会って、それでゲストハウスをやろうと思ったんです」

 建物先行でゲストハウス始めたのか。そういうパターンもあるんだなあ。
 
 確かに上の3つのうち、1つか2つ合ってれば東京に残るんだろうなあ。俺もサラリーマンは性に合わなかった。でも書く仕事は合ってたし、東京も気に入ってたから今も東京にいる。
   
 ちなみにいとあんの名前の由来は、オーナーの名前の「糸帆」からで、いとあんの各部屋は「絆」「綾」など糸偏が付いている漢字の名前がついている。
   
 いとあんには、すぐ近くに食堂兼リビングの「ツドリバ-RO-」というラウンジがある。
いとあんRO20151123
いとあんのラウンジ「ツドリバ-RO-」
https://www.facebook.com/%E3%82%8D-RO--1683560308544661/?fref=ts&__mref=message_bubble

 -RO-のキッチンカウンターは、オーナーがDIY(日曜大工)で作ったそうで、「手伝ってくれる男友達はいないの?」と聞くと、全員ドタキャンで来なかったから、自分で半日かけて作ったとのこと。
   
 大工仕事までこなしているので、たくましいねぇと言うと、
「ゲストハウスを起ち上げて経営していれば、そりゃあ強くもなります。
 これでも中身は乙女なんです」
 と、話していたが、乙女がフリーザの写真プロフィールに使うかw
(※2016年5月になってフリーザ画像をやっと変更した)
   
 でも、起ち上げの改装段階から今も手伝ってくれているゆうこさん(漢字不明)など、サポートしてくれる人もいるから、地元とはいえ仲間に恵まれていると思う。
 
 オーナーは、地元の仲間やU・Iターン組とともに地元観光の活性化に貢献しているということで、けっこう取材を受けているからネットで検索するといくつか記事が出てくる。なので、真面目な紹介記事はそちらを。
  
 宿の紹介に行く前にオーナー紹介が長くなってしまった。長いと読みづらいので分割してアップ。
  
【出雲旅行2015その4】 「出雲ゲストハウス いとあん」(後編)「いとあんの楽しみ方」につづく
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-820.html
 
出雲ゲストハウス いとあん
〒693-0001
島根県出雲市 今市町894番地2
(JR出雲市駅から徒歩5分)
電話:070-2351-7574
HP:http://guesthouse-itoan.com/

ツドリバ -RO-
https://www.facebook.com/%E3%82%8D-RO--1683560308544661/?fref=ts&__mref=message_bubble
 
※画像はクリックして拡大で正しく表示、サムネイル(縮小画像)は幅の関係でボケてたり、左右が切れている。

~~~~~
関連記事:【日記】出雲の宿が取れない・・・【神よ・・】
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-776.html
【出雲旅行2015】明日から出雲へ&「ご縁の店 福屋」
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-792.html
【出雲旅行2015、その1】初日~2日目、神迎神事
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-797.html
【出雲旅行2015、その2】「古民家 はまのや」、鵜峠浦
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-806.html

【出雲旅行2015その3】
出雲ゲストハウス いとあん(前編)「オーナーの熱田糸帆さん」
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-809.html
【出雲旅行2015その4】 「出雲ゲストハウス いとあん」(後編)「いとあんの楽しみ方」
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-820.html
【出雲旅行2015その5】出雲大社と周辺めぐり
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-841.html

【出雲旅行1】鳥取・米子鬼太郎空港~松江【2014年12月】
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-638.html
【出雲旅行2】出雲大社参拝1日目、出雲大社前駅【2014年12月】
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-644.html

【沖縄・本部町】ゲストハウス「なんで家ねん」【ケンにー】
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-775.html
【2015沖縄旅行・秋】宜野湾市の「チェンジザワールド」~子猫を巡る物語~
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-771.html
【沖縄旅行2016】民宿 久保田荘【沖縄市、オススメの格安宿】
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-1007.html

【高知旅行19】町家カフェ「道-タオ-」【香南市】
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-893.html
旅行記・観光カテゴリー(コストブログ2)
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-category-8.html

続きを読む »

テーマ : 国内旅行 - ジャンル : 旅行

tag : 出雲旅行 出雲ゲストハウス いとあん 出雲市駅前の宿

| ホーム |


 ホーム