コストブログ2 スタ丼西荻窪店、菅野店長

プロフィール

Cost

Author:Cost
管理人のコスト(cost)です。
ご連絡はcostblog2@yahoo.co.jp まで、当ブログの著作権は一部画像をのぞきコストに帰属します。無断転載禁止。
FC2 Blog Ranking


カウンターは旧ブログと共通(カウントも通して計測)

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

広告バナー

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

広告バナー2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スタ丼西荻窪店、菅野店長

東京・西荻窪。この街で住んで12年(去年12月から沖縄)。
スタ丼西荻窪店は5年半営業。福島出身の菅野店長の店。
それが9月末で閉店した。
スタ丼
スタ丼西荻窪店

スタ丼のフランチャイズを返上して、自分の店に変えて店は継続するという計画もあったが、いろいろな事情もあって店長も福島の実家へ戻ることになった。
 
このスタ丼の店は、西荻窪にある行きつけの店だった。
店長と会話できることも楽しみの一つで通っていた。
地方から出てきて東京で働いてるという共通感もあって、店長と会話ができるので、誰かに話しを聞いてほしいが、夜遅いから友達に電話もできない時は、よくここで店長や店員の山口さんに話を聞いてもらった。
 
だから、閉店すると聞いた時は驚きと寂しさがあった。
今は沖縄在住だけど、東京の部屋もあって11年暮らしたこの街でできた馴染みの店と店長と客という関係だったけれど、店長はお客というよりも友達として接してくれた。
 
基本外食ばかりなので、いつもどこで食べるかと悩んだときにこの店だと店長と会話できるなという要素で選んでいた。
 
それはひとえに店長の人柄だったのだろう。上京したてのころは相当シャイだったという菅野店長だけど、西荻店を出したころは社交的で店長向きで、初めてできた福島出身の友人だった(少なくとも俺はそう思っていた)。
 
それだけに西荻窪に帰って、もうこの店も店長に会えないというのは、西荻に帰る楽しみが減ったようにも思えた。 
 
だけど、「なんで急に?」と食い下がる俺に理由も教えてくれたし、フェイスブックで連絡取れるようにした。
 
7月末の東京出張の際には店長が不在で会えなかったから、今回深夜に帰って来て偶然店に寄って
「○○さん、ちょうどよかったです。聞いてますか、うち今月で閉めるんですよ」
と聞いた時は、間に合ってよかったと思った。
 
もし、出張で東京来なかったら、店に寄らなかったら、連絡先もわからないまま、友人も行きつけの店もなくなった状態(別の店に代わっていたら)で帰ってきたら、本当に呆然としたことだろう。そうはならなかった。
 
だから、閉店は寂しいが、それでもまだ店長とのご縁がつながったことに感謝したい。
 
そして、店長から他の常連さんの中にもカウンターで涙ぐんだ人がいて、店長ももらい泣きしたと話を聞いて、その常連さんの気持ちがよくわかった。内心、俺もちょっと涙出そうだった。
 
店長には、東京出張中1回しか会えないまま(俺は仕事で店長は送別会などで)、沖縄に戻ったが、店長の
「福島来たら連絡くださいよ。俺も数年たって東京戻れたら戻りますよ。○○さんがいたら、スタ丼のグッズとかいろいろあげたのになあ。沖縄でいないと思ってたから」
とのセリフが聞けて十分だった。
 
福島でも菅野店長、がんばれ!
願わくば店長、東京カムバック!!

~~~~
関連記事:
関連記事

<< いろいろあったこの半年で気づけたこと | ホーム | 明日から東京出張で東京滞在 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。