コストブログ2 「伊達と酔狂でやってんだ」、銀英伝で民主政治(ver.2)

プロフィール

Cost

Author:Cost
管理人のコスト(cost)です。
ご連絡はcostblog2@yahoo.co.jp まで、当ブログの著作権は一部画像をのぞきコストに帰属します。無断転載禁止。
FC2 Blog Ranking


カウンターは旧ブログと共通(カウントも通して計測)

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

広告バナー

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

広告バナー2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「伊達と酔狂でやってんだ」、銀英伝で民主政治(ver.2)

 沖縄に来て、家具をほぼ買わずに賃貸備え付けともらったものでそろってしまったのだが(買ったのは掛け布団程度)、さすがにTV録画機能やHDDはないため、録画機能がないとほんとにTVってリアルタイムでは観なくなって、代わりにYouTubeで『銀河英雄伝説』(旧作)を観ていた。英語字幕付きなので英語の勉強も兼ねて。

その中で、ダスティ・アッテンボローの名言である

「伊達と酔狂で(革命戦争を)やってんだ」

が気に入っている。
圧倒的な戦力差の中で、民主政治(共和主義)の火を守るために戦うヤン一党のアッテンボロー提督のセリフ。

俺も諸事情で家賃が二重に発生しているが、その度に
「伊達と酔狂でやってんだ」
のセリフを思い出しているw

人生、もう流れにお任せにしないといけない時期もある。

 『銀河英雄伝説』は、中学時代に友達のこっさんが観ていて、遊びに行った時にところどころ観ていたのだが、当時は政治の話が多くて、こっさんの三国志に例えたキャラ解説(ラインハルトは曹操、ヤンは孔明)でなんとかつきあって観ていた程度だったが、大人になってみると、政治というか戦争と民主政治の話でめっちゃ面白くて、夜TVを観ない分半年かけて本編全部ネットで観てしまった。

気に入ってるキャラは、ヤン・ウェンリー。

~~~
<10/20.追加>
 同盟が降伏する時のビュコック提督のセリフ
「要するに、同盟は命数を費い果たしたのです。政治家は権力をもてあそび、軍人はアムリッツァに見られるように投機的な冒険にのめりこんだ。民主主義を口にとなえながら、それを維持する努力を怠った。いや、市民すら、政治を一部の政治業者にゆだね、それに参加しようとしなかった。

 専制政治が倒れるのは君主と重臣の罪だが、民主政治が倒れるのは全市民の責任だ。あなたを合法的に権力の座から追う機会は何度もあったのに、自らその権利と責任を放棄し、無能で腐敗した政治家に自分たち自身を売り渡したのだ」

 降伏勧告を蹴ってビュコック提督の最期のセリフ
「皇帝ラインハルト陛下、わしはあなたの才能と器量を高く評価しているつもりだ。孫をもつなら、あなたのような人物をもちたいものだ。
ヤン・ウェンリーも、あなたの友人にはなれるが、やはり臣下にはなれん。他人ごとだが保証してもよいくらいさ 。
 なぜなら、えらそうに言わせてもらえば、民主主義とは対等の友人をつくる思想であって、主従をつくる思想ではないからだ。

 わしは良い友人がほしいし、誰かにとって良い友人でありたいと思う。だが、良い主君も良い臣下ももちたいとは思わない。だからこそ、あなたとわしはおなじ旗をあおぐことはできなかったのだ。ご好意には感謝するが、いまさらあなたにこの老体は必要あるまい。
 民主主義に乾杯!」


「続・銀英伝で民主政治、ヤン・ウェンリー語録」につづく
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-1083.html

~~~~~
関連記事;こっさんメールカテゴリー(旧ブログのほうにリンク全部あり)
http://cost-off.seesaa.net/category/7471316-1.html
本・映画・ドラマ等レビューカテゴリー(コストブログ2)
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-category-11.html
本・映画・ドラマ等レビューカテゴリー(コストブログ)
http://cost-off.seesaa.net/category/3186948-1.html
関連記事

<< 続・銀英伝で民主政治、ヤン・ウェンリー語録 | ホーム | 【沖縄の考え】仕事できない人を批判することが不思議 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。