コストブログ2 【名文】チェ・ゲバラ編

プロフィール

Cost

Author:Cost
管理人のコスト(cost)です。
ご連絡はcostblog2@yahoo.co.jp まで、当ブログの著作権は一部画像をのぞきコストに帰属します。無断転載禁止。
FC2 Blog Ranking


カウンターは旧ブログと共通(カウントも通して計測)

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

広告バナー

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

広告バナー2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【名文】チェ・ゲバラ編

 仕事柄、本を読んでいて名文や気持ちがこもった文章を読むと、とてもうれしくなる。
何度も思い返してしまう名文を紹介。

 チェ・ゲバラがキューバ革命戦争で、グランマ号(10人乗りのヨットに82人)でキューバ島に上陸するも待ち伏せに遭い、仲間が散り散りになり、武器も食料も失って命からがら再会した時に
仲間が必死に持ち出したソーセージの缶詰を

「友のために」
と自分で食べずにみんなで分かち合ったことに対して、
「貧しい食事だったが、最高の食事だった」
と書いているところ。

 日常の食事からすれば、缶詰のソーセージという粗末な貧しい食事だが、フィデル・カストロ率いる革命軍(わずか82人)が半分以上が死にひどい状況の中で、同志から差し出された食事。それは最高の食事だった。

 頭で考えて作った文章ではなく、実体験から来る心のこもった表現。チェ・ゲバラの文章は実にいい。
こういった名文をいつか書いてみたい。

~~~~~
関連記事:「『伊達と酔狂でやってんだ』、銀英伝で民主政治(ver.2)」
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-1082.html
続・銀英伝で民主政治、ヤン・ウェンリー語録
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-1083.html

【書評】塩野七生著『海の都の物語―ヴェネツィア共和国の一千年―』
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-765.html
【読書】『悪者見参 ユーゴスラビアサッカー戦記』『オシムの言葉』
http://cost-off.seesaa.net/article/158464162.html
【ドラマ】リーガル・ハイの長台詞
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-378.html

本・映画・ドラマ等レビューカテゴリー(コストブログ2)
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-category-11.html
本・映画・ドラマ等レビューカテゴリー(コストブログ)
http://cost-off.seesaa.net/category/3186948-1.html





関連記事

tag : チェ・ゲバラ

<< 明日(12/2)から出雲へ。神在祭だよ、全員集合! | ホーム | 【高知】よさこい祭り2017「濱長 花神楽」その2(画像追加11/30) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。