コストブログ2 S先生の本作り、その2「誰の本なんですか?!」

プロフィール

Cost

Author:Cost
管理人のコスト(cost)です。
ご連絡はcostblog2@yahoo.co.jp まで、当ブログの著作権は一部画像をのぞきコストに帰属します。無断転載禁止。
FC2 Blog Ranking


カウンターは旧ブログと共通(カウントも通して計測)

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

広告バナー

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

広告バナー2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

S先生の本作り、その2「誰の本なんですか?!」

「本の仕事&S先生の名言」
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-1095.html
S先生の本作り、その1「あれは関東じゃない。東北だ」の関連記事。
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-1122.html


    S先生の本作り、その2「誰の本なんですか?!」

 沖縄の知り合いで、内地出身のS先生(親と同じ年)の本作りを手伝ってるのだが、この先生は本業や語学(数カ国語話せる)はしっかりしてるが、本作りのことになるとのんびりすぎてなかなか進まない。しかも記憶力もよろしくない。

「もう何回も同じこと聞いてますよ。毎回言ってますよ。なんで覚えてないんですか?」
「忘れるからこの仕事やっていけるのよっ」
と開き直られたw
 確かにクライアントの暗い話を聞いて、いちいち覚えていたらやってられないのかもしれない。

 でも、これは覚えてもらわないと本ができないので
「あのね、先生。僕のやってたインタビューや取材の仕事だと、何回も同じこと聞くなんての失礼だし、逆に相手が忘れてるような前の質問内容も覚えてると、
『この人、私の話をよく覚えてくれてる。ちゃんと聞いてくれてるんだな。ならもっと話そうか』
ってなるわけ。先生は、忘れた上に堂々と間違いを言ってるから認知症かと思いましたよ。まったく」

しかも、本に使う自分の年表もなかなか出さないので、とうとう

「僕とか○○○○先生とかは、メディアとか出版業界にいたから締め切り守るんです。締め切りを守るのは、自分の原稿が遅れると後ろの印刷会社の仕事が遅くなるからなんですよ。
そういう業界にいたから遅刻とかしないんです。渋滞だからって理由で遅刻が許される沖縄とは違うんです。
先生は、内地の人なんだから沖縄でもちゃんとしてください」

「私はもうオバァ(沖縄方言でおばあちゃん)なのwそう、認知症なのw
 沖縄に44年住んでるから沖縄人みたいなのwだからいい加減でも仕方がないの、沖縄の人だから」

都合いい時だけ年寄りになったり、認知症になったり、沖縄の人になったりするんじゃないっ。栃木の田舎出身じゃないですかw
 これじゃ、いつまで経っても本作りが進まないでしょうがっ。
誰の本なんですか?」

「○○君(俺のこと)の本~w」

「僕のは原稿に一文字も入ってませんよっ。
 年表がないと、原稿のこの時期はどういう理由でどこにいたのかわからないでしょう。
 夫の赴任先が東京と海外と沖縄で移動が多いんだから、何年前って書いてるけど、いつの時点かもわからないし。他人が見る本作ってるんですよっ。
 大体、いっつも『原稿やデータのUSBメモリが見つからない。どっかいった、隠れた』って言ってますけど、物は隠れたりしません!先生がどっかにひょいって置いて忘れただけです。探しなさいっ

「本業と夫の食事作ったり家事もあるから、忙しいとつい忘れちゃうのよ」

 年齢考えたら高齢者に分類されるんだろうが、あまりにも作業の進まなさに呆れたが、
「他人を変えることはできない。本人が自分の意志で変わるほかない」
という原則を思い出し、
「もうね、先生が本を作る気になったらお手伝いしますから。
 僕の知り合いの先生は、みんな本を書いて講演してますよ。一番年上の先生が一番遅いんですよ。先生は、何歳まで生きるつもりでゆっくりしてるんですか?
 原稿の中に2009年に娘から本書くように勧められたってあるのに」

「そうなの。早く書かないというつもりはあるのよ。仕事は自信あるんだけど、本っていうと尻込みしちゃって・・。でも、こういう内容を書きたいっていうのはちゃんとあるのよ」

「う~ん、、確かに書けてる部分の内容は素晴らしいんですよ。それは認めてるんですよ。書くと遅いし、誤字脱字あるし。
 じゃあもう、しゃべったのを僕が書きましょうか?」

「あ、それなら書くより早いわね」

 知り合いの先生の中で、一番年上なんだけど本に関してはグダグダ。英語やフランス語で外人相手に司会もスラスラできる先生なのに、とりあえず口述する方向で。

~~~~~
関連記事:「本の仕事&S先生の名言」
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-1095.html
関連記事

<< 【高知】よさこい祭り2017「濱長 花神楽」その3「オフショット1」 | ホーム | 【Wiki】プロ野球、野村克也【ノムさんのささやき戦術】 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。