コストブログ2 Mさん話「失われる技術・撮取り」ver.1.1

プロフィール

Cost

Author:Cost
管理人のコスト(cost)です。
ご連絡はcostblog2@yahoo.co.jp まで、当ブログの著作権は一部画像をのぞきコストに帰属します。無断転載禁止。
FC2 Blog Ranking


カウンターは旧ブログと共通(カウントも通して計測)

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

広告バナー

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

広告バナー2

Mさん話「失われる技術・撮取り」ver.1.1


Mさん話「太い線の作画監督・中村一夫(1stガンダム)、安田朗」と同じ日の話。
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-92.html


   Mさん話「失われる技術・撮取り」

 2011年1月10日、駅前のファミレスでの話の続き。
 今のアニメはパソコン上でのデジタル編集が主流だが、セル画の時代は撮影所で上がってきたセル画を合わせて撮影していく「撮取り」(さつどり、漢字は不明)という作業があった。
(『サザエさん』などはまだセルなのでこの作業をしているとテレビでやっていた。現行作品で唯一移行していないのは『サザエさん』(通常放送の本編部分)で、製作会社のエイケンは雰囲気を出すために、あえてアナログな作り方にこだわっている。)
 
 その「撮取り」についての話から抜粋。

「今はもうデジタルで編集されて出来上がったのをチェックするんだけど、昔は撮影所で上がってきたセル画をつき合わせて撮影していく『撮取り』というのをやってたんだよ。
 なかなか大変な作業なんだけど、いろんなテクニックがあってやっていて楽しい作業でもあったんだよ。
始めにセルをパラパラ漫画みたいに見ていってつながりや色に変なところがないかをチェックしていくことからやるんだけど、セルってのは画面ピッタリのサイズじゃなくて余裕を持って描いてるから、ただ中心に合わせて撮っても見切れてることがあるんだよ。
 画面の端っこの人物がしゃべってるのに、画面に映ってなかったりしてね」

「あー、最近はもうないですけど昔そういうの見たような気がします」
 『聖闘士星矢』か何かで主人公よりも背が高いキャラが、首から上が見切れるのに台詞を話しているというシーンがあって、散々パロディでお笑いのネタにされていた。

「口パクするところはちゃんと描いてるんだけど、端っこでしゃべってる人物のほうカメラを振ってないんだよ。セルには描いてるのに画面には映ってないっていうみっともないことになるんだよ。
 実写だと台詞をしゃべってる人に黙っててもカメラを向けるじゃない。でも、アニメは実写と違って後から声入れるから、うっかり撮影所の人に指示を出すのを忘れると台詞は出てるのにしゃべってるキャラは画面に映ってないってことになっちゃうんだよ。
 今はデジタルだから後から簡単に動かせる(ずらせる)からね」

「デジタルだと簡単に直せるんですね。すごいですねー」

「でも、セルだともう撮り直しする時間がないんだよ。デジタルと違ってセルを取り替えてたりする時間がないんだもん。時間があっても、撮影所のカメラや機材が埋まってたら撮り直しできないしね」

「そうか、描いてないからまた描き直す時間がないじゃなくて、描いてるけどセルをずらしてまた撮影するって時間がないんですね。
 でも、見てる人はなんだこれ?って思いますよ」

「別のキャラにズームしちゃって、アップになってるのに口を閉じてるとかね。
 見てる人はなんで口閉じてるのに台詞出てるんだ?とか思われちゃったりね。
 あと、爆発音がしてるのに画面には着弾してるところが映ってないとかねw
 放送見て『そっちかぁー』って気づいたことあるよ(頭を抱えるMさん)

「爆発音響いてるのに着弾の絵がないのは変でしょうw
 台詞が終わってるのに口パクがまだ続いてるだけでも変だなって思うのに」

「(台詞が出てるのに)口を動かしてくれないって時はどうしょうもない。
 数人が描かれているカットで、台詞を交互を話すシーンではちゃんと話すほうにカメラを移動させて振ってくれないと」

「あ、それ三鷹のジブリの美術館(三鷹の森ジブリ美術館)でカメラとか撮影機材のところで見ました」
 三鷹市の「三鷹の森 ジブリ美術館」には、アニメの撮影用の機材(小さいサイズ)が展示されている。
関連記事:『三鷹の森 ジブリ美術館』
http://cost-off.seesaa.net/article/113118633.html

「あれは大変なんだよ。こうして(ハンドルを回すしぐさをする)カメラをちょっとずつ回してずらしてね。
 大変なんだけど、指示通りに(撮影所の人にカメラを)寄るって作業をやってもらわないとこっちの人の台詞だけ寄って、大変だからってやってないともう片方は映ってない奥のほうから声が出てるとかね」

「それは知らなかった。台詞ごとにカメラずらして撮ってるとは。
でも結局、口パクとか着弾とかを描いたアニメーターの人は描いてるのに使われてないとと怒るでしょう?」

「怒る怒る、当然なんだろうけど。でも、放送をチェックしてない人は何も言ってこないね」
「だって、せっかく描いた絵が映ってないってなると、何か問題があって使われなかったのか、俺の絵が気に入らなかったから使われなかったとか思いますよ。コンテの指示通り描いたのにって」

「もうそうなったら逆ギレするしかない。『全部俺に言わないでよっ』てw
 だって、撮取りのスケジュールも1週間あったら、初日にセルが全部そろうことはまずないし、平均してコンスタントに絵が上がってくればいいけど、最終日とか前日になって残りの半分がどかっと来たりするから、どうしても終盤は時間が足らなくなるんだよ。
 セルが210枚(カット)あるとしたら、毎日30枚×7日で来るんじゃなくて初日に20枚来て、あとは5日目までで100枚も来てなくて、6、7日目で残り100枚来るってのが毎回のようにあるんだから。

 撮影所の人もそれをわかってて最後のほうは時間ないの知ってるから、
『もう全部指示通りやってると納期に間に合いませんよ』って言ってくるし、でも大事なシーンはちゃんとやらないといけないから、そうでないシーンはもう間に合わないから泣いてもらうしかないってことになるんだよ」

「やはり時間との戦いですかw」

「でもね、撮影所の人と仲良くなってると、こっちが指示出すのを忘れていたシーンでも気づいてくれたら
 『しゃべってるのこっちの人だからカメラ振っておきましたよ』
 って助けてくれたりするんだ。ほんと人間関係って大事だよ。

 今は撮取りはなくなったんだけど、あの作業の中で絵が描いてないって場合にもこうすればつなげられるとか、必ずしも絵で表現してないくてもいろんなテクニック、ごまかす方法とか学んだんだよ。
 場面飛びがあったら時間経過のコマを入れるとか、セルの端っこを撮るとセルを超えてところが映るところがあったら黒い紙を持ってきて影にして処理してみるとか、自分で色々工夫したり教わったりして徹夜も多かったけど楽しかったよ」

「ある意味失われていく技術ですね」

Mさん話「失われる技術・撮取り2、セルアニメ」につづく
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-170.html
http://cost-off.seesaa.net/article/232860166.html
Mさん話「失われる技術・撮取り3、流出する技術と知識」
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-176.html

~~~~
関連記事:Mさん話「ジブリの後継者問題(後編)『アリエッティ』『ゲド戦記』」
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-69.html
Mさん話「アニメーターと演出」
http://cost-off.seesaa.net/article/104815245.html
まとめて読む→アニメ業界話・作品話(Mさん話)カテゴリー(コストブログ)
http://cost-off.seesaa.net/category/8611452-1.html
アニメ業界話・作品話(Mさん話)カテゴリー(コストブログ2)
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-category-5.html

<Mさん関連記事一覧>
リンクは旧ブログの同じ記事のほうには全部あります。

・Mさん話「アニメーターと演出」
http://cost-off.seesaa.net/article/104815245.html
・Mさん話「映画の文法、表現の方程式」
http://cost-off.seesaa.net/article/103435242.html
・Mさん話「映画とディレクターズカット」
http://cost-off.seesaa.net/article/98197272.html
・Mさん話「江頭2:50とお笑い」
http://cost-off.seesaa.net/article/97482630.html

・Mさん話「原作付きアニメ化」
http://cost-off.seesaa.net/article/100823059.html
・Mさん話「演出と脚本」
http://cost-off.seesaa.net/article/97360336.html
・Mさん話「才能�」
http://cost-off.seesaa.net/article/100309680.html

・Mさん話「宮崎監督作品」
http://cost-off.seesaa.net/article/103052906.html
・Mさん話「宝島」
http://cost-off.seesaa.net/article/106218441.html
・Mさん話「緑ルパン」
http://cost-off.seesaa.net/article/106965438.html

・Mさん話「作監」「茄子 アンダルシアの夏」
http://cost-off.seesaa.net/article/107494745.html
・Mさん話「高畑監督」
http://cost-off.seesaa.net/article/108836115.html
・Mさん話「絵コンテ」
http://cost-off.seesaa.net/article/110040206.html

・Mさん話「ガンダムとエヴァ�」
http://cost-off.seesaa.net/article/112749838.html
・Mさん話「ガンダムとエヴァ�スポンサー」
http://cost-off.seesaa.net/article/113010701.html
・Mさん話「ガンダムとエヴァ�続・スポンサー」
http://cost-off.seesaa.net/article/113203782.html
・Mさん話「ガンダムとエヴァ�音楽と切り貼り」
http://cost-off.seesaa.net/article/114118669.html
・Mさん話「ガンダムとエヴァ�モチベーション」
http://cost-off.seesaa.net/article/115749045.html

・Mさん話「視聴率・壱」
http://cost-off.seesaa.net/article/116620802.html
・Mさん話「視聴率・弐」
http://cost-off.seesaa.net/article/116626243.html
・Mさん話「視聴率・参」
http://cost-off.seesaa.net/article/117772707.html
・Mさん話「視聴率・肆(四)」
http://cost-off.seesaa.net/article/117820281.html

・Mさん話「DVD化前編」
http://cost-off.seesaa.net/article/119673798.html
・Mさん話「DVD化後編」
http://cost-off.seesaa.net/article/112749838.html
・Mさん話「DAICON4(庵野監督)」
http://cost-off.seesaa.net/article/120560117.html

・Mさん話「映画談義」
http://cost-off.seesaa.net/article/121491208.html
・Mさん話「映画談義2・ヤッターマン」
http://cost-off.seesaa.net/article/121959079.html
・Mさん話「映画談義3・ゲゲゲの鬼太郎」
http://cost-off.seesaa.net/article/123288136.html

・Mさん話「最近の打ち合わせ事情」
http://cost-off.seesaa.net/article/124937613.html
・Mさん話「演出の役割1」
http://cost-off.seesaa.net/article/125503014.html
・Mさん話「演出の役割2」
http://cost-off.seesaa.net/article/128998219.html
・Mさん話「演出の役割3-1」
http://cost-off.seesaa.net/article/129065805.html
・Mさん話「演出の役割3-2」
http://cost-off.seesaa.net/article/131951152.html
・Mさん話「演出の役割3-3」
http://cost-off.seesaa.net/article/133608985.html

・Mさん話「魚眼レンズ効果」
http://cost-off.seesaa.net/article/139810859.html
・Mさん話「ニルスのふしぎな旅」(前編)
http://cost-off.seesaa.net/article/148843794.html
・Mさん話「ニルスのふしぎな旅」(後編)
http://cost-off.seesaa.net/article/149157135.html

・Mさん話「宇宙戦艦ヤマトの影響」
http://cost-off.seesaa.net/article/159421895.html
・Mさん話番外「沖縄旅行・おきなわワールド」
http://cost-off.seesaa.net/article/178895416.html

・Mさん話「ユニコーンガンダム�景気とクオリティー」
http://cost-off.seesaa.net/article/183814843.html
・Mさん話「ユニコーンガンダム�宇宙世紀と富野監督」
http://cost-off.seesaa.net/article/184354549.html
・Mさん話「ユニコーンガンダム�ファースト打ち切り、安彦良和、SEEDの設定」
http://cost-off.seesaa.net/article/186083087.html

・Mさん話「巨人の星�」
http://cost-off.seesaa.net/article/189624266.html
・Mさん話「巨人の星�オズマの最期」
http://cost-off.seesaa.net/article/191717021.html

・Mさん話「出統監督」【追悼】
http://cost-off.seesaa.net/article/196495749.html
・Mさん話「ジブリの後継者問題」
http://cost-off.seesaa.net/article/199375068.html
・Mさん話「ジブリの後継者問題(後編)『アリエッティ』『ゲド戦記』」
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-69.html
http://cost-off.seesaa.net/article/215438791.html


・Mさん話「爆発職人のアニメーター」
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-70.html
http://cost-off.seesaa.net/article/215623118.html
・Mさん話「太い線の作画監督(1stガンダム)・中村一夫」
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-92.html
http://cost-off.seesaa.net/article/220131966.html

・Mさん話「失われる技術・撮取り」
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-160.html
http://cost-off.seesaa.net/article/230842329.html
・Mさん話「失われる技術・撮取り2、セルアニメ」
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-170.html
http://cost-off.seesaa.net/article/232860166.html
・Mさん話「失われる技術・撮取り3、流出する技術と知識」
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-176.html
http://cost-off.seesaa.net/article/233890233.html
・Mさん話「失われる技術・撮取り4、都条例」
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-214.html
http://cost-off.seesaa.net/article/241393361.html

・Mさん話「アニメ映画はヤマトから始まった&ガンダム劇場版」
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-216.html
http://cost-off.seesaa.net/article/241581870.html
・Mさん話「年末の打ち合わせ」
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-230.html

・Mさん話「ジブリ作品の協力会社」
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-303.html
http://cost-off.seesaa.net/article/259786329.html

・Mさん話「海外のセル画コレクター」
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-334.html
http://cost-off.seesaa.net/article/267879982.html

・アニメーターのギャラ(Mさん話5)修正版
http://cost-off.seesaa.net/article/96287580.html

「ガンダム創世」大和田秀樹著
http://cost-off.seesaa.net/article/116268683.html
アメリカンな実写版ガンダム・ケツ顎シャア「GUNDAM 0079 The War For Earth」
http://cost-off.seesaa.net/article/148768078.html

『秋葉の偶然(Mさん夫妻)』
http://cost-off.seesaa.net/article/119077793.html
『大人の事情(皆殺しの監督)』
http://cost-off.seesaa.net/article/92528294.html
【訃報】飯田 馬之介【ガンダム第08MS小隊監督】
http://cost-off.seesaa.net/article/171716787.html
【訃報】出崎統監督死去【アニメ監督】
http://cost-off.seesaa.net/article/196477011.html

実写版「ヤッターマン」
http://cost-off.seesaa.net/article/129274245.html
『劇場版 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-』
http://cost-off.seesaa.net/article/165393700.html
機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)3話「ラプラスの亡霊」
http://cost-off.seesaa.net/article/189438439.html
「ガンダムAGE・・」
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-161.html

『お台場18mガンダムpart1』
http://cost-off.seesaa.net/article/127347795.html
「普通日記09/08/29-30(G画像追加)」
http://cost-off.seesaa.net/article/126914941.html
『通常の3倍の・・電気代&静岡ガンダム』
http://cost-off.seesaa.net/article/182767124.html
『三鷹の森 ジブリ美術館』
http://cost-off.seesaa.net/article/113118633.html

『休日とガンダム産業と経済学賞』
http://cost-off.seesaa.net/article/113515216.html
議長話「異次元ワープと脚本」
http://cost-off.seesaa.net/article/113864254.html
京都アトム『アトム誕生の秘密』『イワンの惑星』
http://cost-off.seesaa.net/article/110902530.html

『EVA新劇場版:序』
http://cost-off.seesaa.net/article/54652392.html
『EVA新劇場版:破(ネタバレなし)』
http://cost-off.seesaa.net/article/123027223.html
『2009年映画興行収入ランキング』
http://cost-off.seesaa.net/article/140163753.html
『2010年映画興行収入ランキング』
http://cost-off.seesaa.net/article/184955148.html

普通日記(09/05/31)&アクセス解析「台湾」
http://cost-off.seesaa.net/article/120580540.html
「キャプテン翼芸人」&書店専務との会話
http://cost-off.seesaa.net/article/141660472.html
K合さん話「ジブリの美術監督」&『海がきこえる』
http://cost-off.seesaa.net/article/159056951.html
【映画】『SRサイタマノラッパー ロードサイドの逃亡者』 【初日舞台あいさつ】
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-320.html
関連記事

テーマ : アニメ - ジャンル : アニメ・コミック

<< ガンダムAGE・・ | ホーム | Wikiで笑ったネタ「笑福亭 鶴瓶」「羽賀研二」 >>


コメント

Randalさん、コメントのレスと本文の補足です。

>TVで“アニメーションの制作現場に潜入!”的な番組
おそらく同じようなテレビ番組を見たと思います^^でも、見たのはここ半年以内ですが。

 僕が見たのもデジタル編集はPCでサクサク作業して、加工も彩色も自由自在で、セルのほうは『サザエさん』の撮影現場の紹介でした。確かに、撮影所でセル画を一枚一枚職人さんが撮影するような感じでした。

 日本のアニメは1996年ごろからデジタルに移行してるので、セルの撮影現場はもうサザエさんぐらいないはずですから。場面回転ではセル画を実際に回していましたw

 「撮取り」(漢字は不明)は、おそらく業界用語なのでテレビではアニメーションの撮影現場紹介という感じでゴールデンタイムに放送していたと思います。業界用語は放送や出版する際には通常使いませんので。
 
 次の続編の記事でもうちょっと細かな説明の話を書きますが、撮取りは本文にある通りカットごとに出来上がったセル画を演出担当の人がチェックしていき(本文ではパラパラ見て色がおかしいところがないチェックしていくことから始まるとのくだり)、
 セル画を一枚ずつ撮影する段階で、どの部分にカメラを寄って撮ってほしいだとか、間に特殊効果(目が光るなど)のセルを挟むなどの指示を入れていくので、テレビの現場紹介はそれが終わって最終的に撮影所の人が撮影する段階に入ってるところを紹介していたのだと思います。

>この部分、ちょっと私には難しかった
本文はちょっと説明足しましたが、僕の解釈では、
「数人が描かれているカットで交互に台詞がある場合、ずっと引きの絵であれば誰の口が動いてるかはわかるが、それだと絵的に面白くないので、
 台詞を話す人に寄って画面にメリハリをつける演出をしようとしたが、話している人にカメラがそっちに寄ってなくて、後ろの人が話しているのにカメラが手前の口パクしない人に寄ったままなので、『奥のほうから声がしている』という変な状態になっている、ということだと思います。

 なので、Randalさんのだいたい合っています。もっと簡単にいえば、B君にも台詞があって話してるシーンなのに、A君にカメラが寄ったままということだと思います。なにぶん、今年1月の話を記憶再現しているので多少違うかもしれませんが、本筋はあってると思います。
 全部の説明を書くと長すぎるので、本文は要点だけなので確かにわかりづらかったかもしれないです、すいません^^;
 
 交互に話す人がいると操作が大変というのは、台詞がごとに人物に合わせてカメラを操作してから一枚一枚撮影するのがすごく手間がかかるという意味で、詳細は次の記事で説明します。1秒撮るのに1枚というわけではないので。


Randalさん、コメントと記事紹介リンクありがとうございます。
説明不足だったみたいなので補足を後日足して、コメントもその時再アップしまーす。
今日はちょっと忙しいのでm(__)m

こんばんは。今回も楽しく読ませていただきました。う~む、「撮取り」ですか。それが本当に「撮取り」だったかは記憶が定かではないのですが、昔TVで“アニメーションの制作現場に潜入!”的な番組を見たときに、いかにも職人さん的なおじさんがセル画を手慣れた手つきで、撮影台の上にサッ!とセッティングしては、カシャ!と撮影する作業を繰り返している映像を見たことがあります。それが「撮取り」だったのかもしれません。

>「セルってのは画面ピッタリのサイズじゃなくて余裕を持って描いてるから、ただ中心に合わせて撮っても見切れてることがあるんだよ。画面の端っこの人物がしゃべってるのに、画面に映ってなかったりしてね」

なるほど(笑)。アナログ時代ならではの現象ですね。今でもTVでたまに“アニメーションの制作現場に潜入!”的な番組を見かけますけど、編集作業の光景っていうと、パソコンのモニターを見ながらマウスをカチカチ、タッチペンでスイスイ、修正も合成も思いのままって感じですから、隔世の感があります。

>「(台詞が出てるのに)口を動かしてくれないって時はどうしょうもない。何人かいて、台詞を交互を話すシーンではちゃんと話すほうにカメラを移動させて振ってくれないと」

この部分、ちょっと私には難しかったんですけど、カメラが振るべきキャラに振っていないという意味ですよね? 例えば、AくんがBくんに怒鳴り散らしているシーンがあったとして…

Aくん「てめえ、この野郎!」

Bくん「……」

Aくん「何とか言えよ、この馬鹿野郎!」

Bくん「……」

本来ならセリフを発したAくんに一度カメラを振った後、しょんぼりしているBくんにカメラを振る作業を繰り返すべきなのに(もしくは引きの画で二人を撮る)、なぜかカメラがセリフのないBくんにしか振られていないという失敗だと解釈したのですが、合っていますか?

>「でもね、撮影所の人と仲良くなってると、こっちが指示出すのを忘れていたシーンでも気づいてくれたら『しゃべってるのこっちの人だからカメラ振っておきましたよ』って助けてくれたりするんだ。ほんと人間関係って大事だよ」

>「今は撮取りはなくなったんだけど、あの作業の中で絵が描いてないって場合にもこうすればつなげれるとか、必ずしも絵で表現してないくてもいろんなテクニック、ごまかす方法とか学んだんだよ。場面飛びがあったら時間経過のコマを入れるとか、セルの端っこを撮るとセルを超えてところが映るところがあったら黒い紙を持ってきて影にして処理してみるとか、自分で色々工夫したり教わったりして徹夜も多かったけど楽しかったよ」

古き良き時代の職人芸ですね。アナログならではの味わいというか。とても勉強になりました。では、つづきを楽しみにしています。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム