コストブログ2 【食事】冷え性&放射能対策

プロフィール

Cost

Author:Cost
管理人のコスト(cost)です。
ご連絡はcostblog2@yahoo.co.jp まで、当ブログの著作権は一部画像をのぞきコストに帰属します。無断転載禁止。
FC2 Blog Ranking


カウンターは旧ブログと共通(カウントも通して計測)

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

広告バナー

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

広告バナー2

【食事】冷え性&放射能対策

 最近、ネットで冷え性対策には陽性食品(体を温める食品)を取ればいいというのと、放射能も極陰性なので陽性食品を取れば放射能の排出軽減中和するかもしれない、ということを知ったので気をつけてみることにした。

・砂糖やバナナなど南方の食物やカリウムを多く含む陰性食品は体を冷やすので避ける。
・中性の玄米は元々自炊の時は食べてるからそのまま。
・陽性の塩、味噌を意識して取る。

 確かに、鍼のヌマサキ先生(滋賀県大津市、玄氣堂ヌマサキ治療室)からも「バナナは毎日は食べないほうがいい」、「玄米を食べる時に天然の塩をかけるとかしたほうがいい。体に塩が効いてない」と言われていた。
 バナナは安いからけっこう食べたけどひかえよう。砂糖はさっき炭酸ジュース(190ml×5)買ったっちゃなあ、まあ今後はなるべく減らそう。
塩はチベット高原の天日塩(400g、630円)を買ったので玄米にかけたり、意識して取ってみる。味噌は自炊の時に味噌汁を作って食べてるからそのまま。他にも焼き梅干、昆布が推奨されている。
 昼は仕事で外食なのでスルー。

 食事療法と健康法は、無理せず続ける(手を抜いても大きく崩さない)をテーマにやることにしてるからこれぐらいだなあ。完璧にはできないが、やらないよりはいいだろう。
 本から陰性食品、陽性食品があるのは知っていたが、実践はしてなかった。寒さと放射能の隠蔽報道に追い立てられてやっと実践。

 長崎の原爆でも玄米、塩、味噌で放射能症が防げた医師の本。
『放射能汚染から命を守る最強の知恵―玄米、天然味噌、天然塩で長崎の爆心地でも生き残った70名』阿部 一理 (著), 堀田 忠弘 (著) 。

~~~
関連記事:
関連記事

テーマ : みんなに紹介したいこと - ジャンル : ブログ

<< 【ニュース】社民党本部に車突っ込む&東電の電気料金値上げ | ホーム | 顔面アップデート >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム