コストブログ2 【ドラマ風コント】ミューズの鏡【さしはら】

プロフィール

Cost

Author:Cost
管理人のコスト(cost)です。
ご連絡はcostblog2@yahoo.co.jp まで、当ブログの著作権は一部画像をのぞきコストに帰属します。無断転載禁止。
FC2 Blog Ranking


カウンターは旧ブログと共通(カウントも通して計測)

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

広告バナー

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

広告バナー2

【ドラマ風コント】ミューズの鏡【さしはら】

 AKBのさしはらが主演のドラマ風コント『ミューズの鏡』(日テレ)の1話を観て、久々に大爆笑wその辺のコント番組よりも面白かった。ネプチューンの堀内健やノブコブ吉村あたりが出ていても違和感がないw
 なぜか分類はドラマになってるけど、中身は連続コント番組(1話15分)で完全に笑いを取りに言っている。
 あえて近いドラマを挙げるなら『名探偵の掟』だが、演出とか作ってるスタッフが優秀なのが一目瞭然。他の出演者も芸人じゃないのにあんなオーバー演技をちゃんとやってるのはえらいw母親役の女優(陽月華)が普通の演技すると逆に浮いている。空気違いすぎw
 このコントを見ると、「芝居もドラマも所詮はコントと大差ない。勝手に分類してるだけ」って思えるw

 刺し腹はトークが面白いのだが、アイドルとしては顔面スペックが低く、デブるとほんとに誰だかわからない。太って二重あご状態の時に笑っていいともの画像がネットで張られていて、真剣に「このブス、誰?コラか?」って思ったほど。(コラ=コラージュ、加工された画像)
 10日ぐらい前にファッション紙のモデルか表紙を刺し腹が飾ったというニュースが出て、ネットで「AKB史上最悪の愚行」「政治的取引」「指原はAKBの異常な所を濃縮したようなやつだな」と書かれていたが、
ザクに大気圏を突破する性能はないように、刺し腹にファッション紙のモデルや表紙を飾る外見はない
というのが感想だ。燃え尽きて終了だろう。

~~~~
関連記事:『AKBさしはらと大友宗麟』
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-225.html
本・映画・ドラマ等レビューカテゴリー(コストブログ2)
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-category-11.html
本・映画・ドラマ等レビューカテゴリー(コストブログ)
http://cost-off.seesaa.net/category/3186948-1.html
関連記事

テーマ : AKB48(秋葉原48) - ジャンル : アイドル・芸能

<< 琉神マブヤーおそるべし | ホーム | 寒さ日記「閏日の大雪」(2012/02/29)ver1.1 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム