コストブログ2 『SPACE BATTLESHIP ヤマト』感想

プロフィール

Cost

Author:Cost
管理人のコスト(cost)です。
ご連絡はcostblog2@yahoo.co.jp まで、当ブログの著作権は一部画像をのぞきコストに帰属します。無断転載禁止。
FC2 Blog Ranking


カウンターは旧ブログと共通(カウントも通して計測)

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

広告バナー

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

広告バナー2

『SPACE BATTLESHIP ヤマト』感想

 録画しておいた『SPACE BATTLESHIP ヤマト』を観た。
正直、ハリウッド版ドラゴンボール(『DRAGONBALL EVOLUTION』)と同じようなパターンかと思ってたが、そこは日本製だけあって
そこまでひどくはなく、逆に
・TVシリーズなしで2時間一本勝負(全部の内容の再現は不可能)
・キムタク(木村拓哉)主演・・・古代進を演じるのではなく、古代をキムタクに入れ替えw
の二つのでかい制約がありながら、

・大胆な解釈=内容変更・・・アニメの名セリフはカット、ヤマトのワープが簡単にすぐできる。沖田艦長のコスモクリーナーの嘘(地球に残っている人々が希望を持って死ねる)。ガミラスとイスカンダルは双子星ではなく、ガミラス・イスカンダルという同じ星にするなどで時間短縮。とどめにまさかのスターシア死亡編を下敷きに採用。

・アナライザーがトランスフォーマーw
・斉藤始(演:池内博之)の最後が弁慶の立ち往生w
・ガミラス人はグレンラガンのアンチ=スパイラルみたいなCG(FSX?)だった
・デスラーすらも時間の関係でCGでぼんやりした扱い

と、ええっと思うような予想外な、アニメとは違う展開の部分は楽しめた。比較対象が『DRAGONBALL EVOLUTION』だったからハードルは低かったのもあるw

 中でもアナライザーがトランスフォーマーは傑作w最後のオチはすぐ予想できたけど、アナライザーが変形してでっかくなってマシンガン乱射は読めなかったw
アナライザーがワラワラガミラス人にやられた時は
「ああっアナライザーが!」
と思った。
 配役でアニメに近いのは真田さん(柳葉敏郎)ぐらいだろうか。

 結論、76~80点かなあ。楽しむコツはアニメと比較しないこと。

~~~~
関連記事:Mさん話「宇宙戦艦ヤマトの影響」
http://cost-off.seesaa.net/article/159421895.html
本・映画・ドラマ等レビューカテゴリー(コストブログ)
http://cost-off.seesaa.net/category/3186948-1.html
本・映画・ドラマ等レビューカテゴリー(コストブログ2)
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-category-11.html
関連記事

テーマ : 映画レビュー - ジャンル : 映画

<< 2012年の桜(九段下) | ホーム | 春到来日記(2012/04/10)画像追加 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム