コストブログ2 宮古島上半分(砂山ビーチ)と池間島攻略、日焼け止め必須

プロフィール

Cost

Author:Cost
管理人のコスト(cost)です。
ご連絡はcostblog2@yahoo.co.jp まで、当ブログの著作権は一部画像をのぞきコストに帰属します。無断転載禁止。
FC2 Blog Ranking


カウンターは旧ブログと共通(カウントも通して計測)

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

広告バナー

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

広告バナー2

宮古島上半分(砂山ビーチ)と池間島攻略、日焼け止め必須

 宮古島戦記2日目。
今日は、ダイビングは満員でできなかったので宮古島上半分(砂山ビーチ)と池間島攻略。

砂山ビーチ201206
砂山ビーチ
 砂山ビーチの透明度と砂の美しさは過去最高レベル。岩部分には熱帯魚も見えた。全然逃げないw
画像は帰ってからアップするけど、このブログのページの背景に使用している海の写真にそっくり。碧くて透明。絵葉書で船が浮かんで見えるような海の透明な写真があったけど、ここかもしれない。ずっとこういうとこへ行こうと思ってた。でも、まだ前浜ビーチとかいくつか残ってるし、ダイビングも期待している。

 ここはシャワーも無料なのだが、ビーチとして開発されてないので貴重品預けるロッカーも更衣室もない。シャワーも駐車場まで戻らないとない。
 古宇利島も水質はよかったが、こっちはシャワーすらなかった。ともに自然ビーチで水質最高レベルだけど、開発されてない分きれいでそのため使い勝手がよくない。
 人口ビーチながら、美ら海水族館のビーチはロッカーやシャワーも安くて(どっちか無料だった)総合力では上だ。部分的に魚が住み着くようにしてるから、人口ビーチでも魚はいた。
 あとは、原付移動の利点を活かして細かい道に入って写真と取りながら移動し、宮古島の最北端の岬と池間島大橋を渡って池間島を一周。ホテルの移動やダイビングのショップ選びで午前中は出遅れたが、午後からでも十分回れた。二日あれば攻略完了するから、ダイビングで一日使うとちょうど日程が埋まる。

<今日離島学んだこと>
・コンビニが街の中心部にあるからといって島中にあると思うな(中心部以外はゼロ!)
・6月だからといって日焼け止めを怠ると真夏並みに大やけど。格好つけずに長袖や日焼け止めを塗ること

・中心市街地を過ぎたら、ドラッグストア(島には普通の薬局しない)はおろか薬局すら見つからないから日焼け止めを買えないまま、半日以上運転して腕が真っ赤っか(ブラック滝沢w)

・結局、市街地に戻って薬局で日焼け止めと一緒に日焼けのほてり(炎症)止めを買うはめに。東京や那覇と違って、まさに物流の末端価格で両方で1950円したが、那覇でもそんなにしないと思う。日焼け止めは東京で買ってから乗り込もう。
 久しぶりに使う薬が日焼けの炎症止めって、那覇より南300kmの宮古島はさらに日差しがきつい。手袋してるのに焼けてる・・。明日は朝から日焼け止めと長袖を投入する。暑さは心地よいけど日焼けには弱い。

・そして、人口約5万人の島なので人口密度が低く、都内と比べるとちょっと郊外に出るとガラガラなので、うっかりスピードを出しすぎそうになる。だって、信号も圧倒的に少なく対向車も少なく、歩行者もいないのでストレスが少ないのだが、ほんとスピードを緩めるような神経使わない分、スピードを出しやすい。北海道でスピード違反が一番多いのに納得。こんなに走りやすいならスピード出すよw

・そして、人口5万人周囲約100kmの島にも暴走族がいた。あ、今は珍走団か。
それが80cc程度のスクーター3台に6人。全部にけつで、どこにスピーカーがあるのか一応音楽を鳴らしていた。
おこちゃま珍走団なのか、なんだか南の島でまねっこしてる感じだ。スクーターににけつでスピード出ないし、出してもそんなに広くないぜ、この島。
 ハブはいないが、スクーターのおこちゃま珍走団がいる島。一応、パトカーも巡回しているけど、観光客は暴走しないし、このおこちゃま団対策なのかなあ。

やはり、空はシャープで美しく、つねに雲が動きが目に見えるほど速い。内地じゃ台風の時のスピード並み。
風が常に強めで心地よい。海のエメラルドグリーンは言わずもがな。なんで、あんなに色が変わるんだろう。マスターキートンで瑪瑙色の海の話で説明があったけど、水深とか何かあるのだろうけどずっと気になっていた。池間大橋のあたりは特にそう。

沖縄・宮古島「砂山ビーチ」
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-432.html

~~~~
関連記事:『2012沖縄・宮古島旅行画像ランダム1』につづく
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-391.html
2012年沖縄・宮古島旅行「保険は?免責事項は?」
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-386.html

沖縄旅行・ダイビングカテゴリー(コストブログ)
http://cost-off.seesaa.net/category/4165836-1.html
沖縄旅行・ダイビングカテゴリー(コストブログ2)
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-category-7.html
関連記事

<< 宮古島三日目 | ホーム | 7つの乗り換え、宮古島着 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム