コストブログ2 5分あれば○○できる(ver1.5)

プロフィール

Cost

Author:Cost
管理人のコスト(cost)です。
ご連絡はcostblog2@yahoo.co.jp まで、当ブログの著作権は一部画像をのぞきコストに帰属します。無断転載禁止。
FC2 Blog Ranking


カウンターは旧ブログと共通(カウントも通して計測)

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

広告バナー

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

広告バナー2

5分あれば○○できる(ver1.5)

2014/12/30.年末に帰省する代わりに行った奈良旅行の話。

その時に偶然知り合った人との会話から。
三輪山登山中、先発組の俺は休憩しながら
「後続の人たちは5分待てば追いつくかな。あまり待つとこっちの体が冷えるし。
 でも、300秒ってけっこうあるから来ると思うけど」

「5分あれば1500m走れるんですよ」

「そうだね、1500・・
 いやいや、それおかしいから!5分あっても誰でも1500m走れるわけじゃないから。
 というか、5分で1500走れる人のほうが少ないって」

「行けますよ~1500くらい」

「俺の中ではそれ長距離だから。体育の授業以外では絶対に走らない距離だよ」

「1500は長距離ではないですよ。中距離ですよ」

「一般的には中距離だけど、水泳しかしてない俺にとっては長距離なの。
 大体、何分あれば○○できるって誰でもできることを基準しないとだめでしょ。
 歯磨きできるとか、カップラーメンが出来上がるとかそういうのにしないと、できる人とできない人がいるんじゃ物差しにならないでしょ」

と、ツッコミを入れたが、さも俺が日ごろから運動不足なんじゃないの?といわんばかりの視線が返ってきた。

 確かに、会社の同僚から「四国遍路では女性でも1日30~40km歩いてるし、私も歩けたわよ」という話を聞いて、「俺は最寄り駅まで徒歩9分の間にコンビ二に2回入る」と答えて失笑されたことがある。
 運動不足・・、それもあるだろうが、世の中の人のほとんどは陸上部ではないんだけど・・。

 その後、陸上部出身の人は孫悟空のような身軽さで、後続の人のペースをまったく考えないすばやさで三輪山を登っていった。

 5分あれば1500m行けるという発想も面白いが(絶対に万人に適用できないw)、
初めて登るという御神体の山で、タイムトライアルをするかのようなピッチで登るって、
陸上部出身者すご過ぎ(驚)。

 以前からプールで休憩なしで延々ターンして泳いでいる水泳部出身者を「プロ」と呼んでいたが、陸上部出身も同じような人がいるのだとわかった。
さい神社
三輪山登山口の狭井神社
大神神社展望台
大神神社展望台より

同じ奈良旅行の記事:テレビデビュー
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-637.html

~~~~
関連記事:『奈良のストリートパフォーマー(奈良観光1)』
http://cost-off.seesaa.net/article/90149592.html
『鹿と金柑(奈良観光2)』
http://cost-off.seesaa.net/article/92427324.html
『鹿の苑(奈良観光3)』
http://cost-off.seesaa.net/article/101180744.html

S川話「腕に傷を持つ男」
http://cost-off.seesaa.net/article/172265136.html
S川話「ウンコテロ」
http://cost-off.seesaa.net/article/174270236.html
S川話「コンビニLの事件簿トリプル」
http://cost-off.seesaa.net/article/174402520.html

秋田の人話「秋田と高知(雪国の生活2)」
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-686.html

【目次】コラム人物編目次part1
http://cost-off.seesaa.net/article/107966008.html
まとめて読む→コラム人物話カテゴリー(コストブログ)
http://cost-off.seesaa.net/category/2974048-1.html
コラム・人物編カテゴリー(コストブログ2)
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-category-4.html 

関連記事

<< 初の手相話「30点の人が次に40点とったら」(ver.1.5) | ホーム | あけおめです、2015年もよろしく >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム