コストブログ2 【大河ドラマ】『花燃ゆ』、伊勢谷友介の高杉晋作と吉田松陰

プロフィール

Cost

Author:Cost
管理人のコスト(cost)です。
ご連絡はcostblog2@yahoo.co.jp まで、当ブログの著作権は一部画像をのぞきコストに帰属します。無断転載禁止。
FC2 Blog Ranking


カウンターは旧ブログと共通(カウントも通して計測)

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

広告バナー

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

広告バナー2

【大河ドラマ】『花燃ゆ』、伊勢谷友介の高杉晋作と吉田松陰

 今年のNHK大河ドラマ『花燃ゆ』は、女主人公大河で幕末という、これまでのパターンでだと「捨て大河」(観る価値がない出来)の可能性が高かったのに、けっこういい出来で観ている。

 吉田松陰を良く知らなかったのと、伊勢谷友介の吉田松陰が格好良くていい。
吉田松陰
『花燃ゆ』での伊勢谷友介の吉田松陰

 だって、マンガ『お〜い!竜馬』(作画:小山 ゆう)だと、吉田松陰ってちょっとした純粋馬鹿で「若者よ、立ち上がれ~」って泣きじゃくってる描写しかなかったからなあw

 流れ的に『龍馬伝』のちょうど前の長州の話で、この後、安政の大獄で松蔭処刑→朝廷工作で京都で政治的にリードする→攘夷決行→倒幕の流れになる。
 
 司馬遼太郎は、「吉田松陰の死によって攘夷というはしかが伝染した」(記憶再現なので大雑把)という書き方をしている。

 確かに、長州が唯一幕末にあって攘夷の決行と倒幕の姿勢(幕府ぶっ潰すんじゃい!)を貫き通したのは、松蔭の存在と幕府によって殺されたことが実際大きい。
 
 明日の放送から安政の大獄らしいけど、この後、一時的に京都で政治的な主導を取るが、すぐに「ボロボロの長州」というほど悲惨な状況になる。

①1863年8月18日、八・一八の政変(禁門の政変)。京都での政治力を失う。

②1864年6月5日、池田屋の変。新撰組が池田屋を襲撃。

③7月19日、蛤御門の変(禁門の変)。京へ突入した長州軍、幕府と薩摩藩により壊走。
 長州の来島又兵衛(47歳)討死。久坂玄瑞(25歳)ら自刃。桂小五郎、行方不明。
(高杉晋作は、軍を止めようと来島又兵衛を説得に行ったことが脱藩に当たるとして、禁門の変の時は野山獄に投獄中)

④8月5日、下関戦争。英・米・仏・蘭の四ヶ国連合艦隊(17隻)が下関を砲撃。
 同6日、四ヶ国軍陸戦隊が下関上陸。同8日、下関沿岸を四ヶ国軍に占領される。(1863年7月の薩英戦争で、薩摩がイギリスに引き分けたのと違ってボロ負け)。
 同14日、長州代表として高杉晋作と四ヶ国軍との和平交渉成立。

⑤11月、幕府による第一長州征討。
 長州藩主、謝罪の態度を表明し、幕軍の条件(家老の切腹など)を受け入れる。

⑥12月15日、長州下関で高杉晋作が功山寺決起(回天義挙、元治の内乱)。俗論党軍(藩内の幕府服従派)との戦いを開始。
 1865年2月、高杉晋作らが率いる奇兵隊・諸隊が藩内のクーデター戦に勝利。俗論党軍撤退。長州の藩論は倒幕に統一。

上の年表は、過去記事『龍馬伝20-27回感想「土佐勤皇党弾圧その一」&年表1』に詳細あり。
http://cost-off.seesaa.net/article/155404495.html

 その『花燃ゆ』での伊勢谷友介の吉田松陰が好演の効果なのか、過去記事の龍馬伝での伊勢谷の高杉晋作関連記事がけっこうアクセスされている。
高杉 功山寺決起
『龍馬伝』での伊勢谷の高杉晋作
功山寺決起のシーン。

その記事のリンクは以下の通り。
龍馬伝30,32,33回感想「主役を食う配役・伊勢谷の高杉晋作、泰造の近藤勇3」
http://cost-off.seesaa.net/article/159672183.html
龍馬伝34,35,36,37回感想「大泉長次郎退場、薩長同盟~寺田屋騒動、妙ににやけた西郷」
http://cost-off.seesaa.net/article/162404433.html
龍馬伝38,39,40回感想「霧島ハネムーン、小倉口の戦い、青木崇高の後藤象二郎」
http://cost-off.seesaa.net/article/165264603.html
龍馬伝41回感想「さらば伊勢谷晋作」
http://cost-off.seesaa.net/article/165729086.html

 でも、『花燃ゆ』の視聴率は悪いんだよなあ。10%台前半だとか、

 同じく女大河で幕末設定の『篤姫』(2008年大河)は、内容はろくでもない出来だったのに、視聴率は幕末物としては過去10年で最高、全50回の平均視聴率は24.5%だったそうだから、理解に苦しむ。

 だって、最後の鳥羽伏見の戦の戦況が、電話もファックスもメールもない時代に江戸城の大奥に逐一届いて、それを聞いた篤姫が慶喜はどうとかワーワー言ってるんだよwどこの世界の幕末なんですかww

 捨て大河の『篤姫』よか、今年の『花燃ゆ』のほうが面白い。

【歴史】龍馬が教科書から消えるにつづく
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-1107.html

~~~~~
関連記事:『龍馬伝』6話感想「生瀬松陰」
http://cost-off.seesaa.net/article/140677932.html
龍馬伝8話感想「香川弥太郎」&『猛き黄金の国』
http://cost-off.seesaa.net/article/142027136.html
『龍馬伝9,10話感想&名前に動物の漢字』
http://cost-off.seesaa.net/article/143092204.html

『龍馬伝』主要キャストの扱われ方
http://cost-off.seesaa.net/article/146190664.html
龍馬伝11,12話感想「東洋と武市、容堂」
http://cost-off.seesaa.net/article/144434284.html
龍馬伝16,17回感想「武田海舟、ジョン万のトータス松本」&土佐弁
http://cost-off.seesaa.net/article/148500534.html
『龍馬伝』視聴率(4/19-25)
http://cost-off.seesaa.net/article/150524787.html

龍馬伝21回感想「泰造の近藤勇」
http://cost-off.seesaa.net/article/151701763.html
龍馬伝23-24回感想「泰造の近藤勇2&池田屋事件」
http://cost-off.seesaa.net/article/153262420.html

龍馬伝20-27回感想「土佐勤皇党弾圧その一」&年表1
http://cost-off.seesaa.net/article/155404495.html
龍馬伝28回感想「武市の夢・土佐勤皇党弾圧その二」
http://cost-off.seesaa.net/article/156757432.html

龍馬伝関連「中岡慎太郎(前編)、天誅組の変」
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-228.html
龍馬伝関連「中岡慎太郎(中編)、池田屋の変、野根山二十三士殉節」
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-338.html
まとめて読む→歴史&高知カテゴリー(コストブログ)
http://cost-off.seesaa.net/category/2869212-1.html
歴史&高知(龍馬伝など)カテゴリー(コストブログ2)
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-category-10.html




関連記事

テーマ : TV番組 - ジャンル : テレビ・ラジオ

tag : 伊勢谷友介 高杉晋作 吉田松陰 大河ドラマ 龍馬伝 花燃ゆ

<< 【高知旅行2】高知市の日曜市(画像追加) | ホーム | 【高知旅行1】ANAの振替謝礼金【2015年春帰省】 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム