コストブログ2 【長野旅行】蜂の子、イナゴ、蚕のさなぎ【名物虫シリーズ】

プロフィール

Cost

Author:Cost
管理人のコスト(cost)です。
ご連絡はcostblog2@yahoo.co.jp まで、当ブログの著作権は一部画像をのぞきコストに帰属します。無断転載禁止。
FC2 Blog Ranking


カウンターは旧ブログと共通(カウントも通して計測)

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

広告バナー

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

広告バナー2

【長野旅行】蜂の子、イナゴ、蚕のさなぎ【名物虫シリーズ】

【グロ注意】
2015/4/19.1泊2日の長野の諏訪・高遠旅行で見つけた、うわさの長野の虫料理。
テレビでお笑い芸人が罰ゲームで食べさせられているのをよく見るアレ。
蜂の子
蜂の子(左)とイナゴの佃煮
蚕のさなぎ
蚕のさなぎの佃煮

蜂の子、イナゴ、蚕のさなぎ・・、江戸時代の飢饉の時しか食べないと思っていたが、未だに現存していた。

以前、会社で長野の人が郷土料理になっていると聞いて、
やはり海がない県は食べ物に困っているんだなw
と、冗談で思っていたが、実物と遭遇するとは。
大量に陳列されているのは、グロとしかいいようがない。

イナゴなんか部分的にゴキブリじゃ・・。

と、内心思っていたら、高遠の物産ショップの店員さんは、
「いやあ、イナゴは見た目だけじゃなくて、歯に足が挟まってゴキブリの足みたいに見えるんですよ~w」
と、モロに言ってくれた(笑)。
あらためて足をみると、モロに虫、モロにゴキww
いなご
イナゴの佃煮のアップ

結局、ゼロ磁場のミネラルウォーター(250円)を買って、虫シリーズは買わずに試食だけにした。

それも一番無難な見た目の蜂の子を
「あ、一匹だけでいいです。見た目が虫っぽくない奴でお願いします!」

と、食べてみると確かに佃煮の味。

店員さんは、
「普通の佃煮の味でしょう。だから、さっきも懐かしいって中年の人が全種類買って行ったんですよ。
 でも、イナゴはあまり作れないんですよ。なかなか取れないから」

それは、戦中を懐かしんでるんじゃないのか?
もし、イナゴがバンバン取れたらもっと作る気なのかw

と、内心ツッコミを入れていたが、昔、三国志のゲームでイナゴ発生イベントで知ってはいたが、実物のイナゴを見たのは高知出身の俺ですら初めてだった。
欧米人とかにはインパクトがあると思う。

確か、これ以外にも会社の長野の人は「タガメ」も食べるとか言っていたが、寄生虫とか絶対ヤバイって。

値段的にはイナゴと蚕のさなぎが500円、蜂の子にいたっては1000円と高い。確かに郷土の伝統料理扱いだ。
でも、みんな珍味というよりネタで買っていると思う。
同じ値段で貝柱とかもっとうまい珍味がいくらでもあると思う。
虫
大量に陳列されている虫シリーズ
ゼロ磁場の秘水
ゼロ磁場の秘水
ゼロ磁場の秘水2
ゼロ磁場の秘水は、まろやかでうまかった。
ただ、500mlで250円はボッタクリだよw
せめて180円にしてほしい。そもそも、諏訪の水は道端の湧き水すらもうまかった。

つづく

~~~~~
関連記事:【高知旅行4】鰹のたたきマップ【2015年春帰省】
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-659.html
【高知旅行2】高知市の日曜市【2015年春帰省】
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-656.html

旅行記・観光カテゴリー(コストブログ2)
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-category-8.html
旅行記・九州話カテゴリー(コストブログ)
http://cost-off.seesaa.net/category/1573114-1.html
歴史&高知カテゴリー
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-category-10.html
関連記事

テーマ : 国内旅行 - ジャンル : 旅行

tag : 長野旅行 イナゴ いなご 蚕のさなぎ 蜂の子 ゼロ磁場の秘水

<< 3万5000マイル達成! | ホーム | 明日、更新再開 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム