コストブログ2 【Wiki】MMR マガジンミステリー調査班

プロフィール

Cost

Author:Cost
管理人のコスト(cost)です。
ご連絡はcostblog2@yahoo.co.jp まで、当ブログの著作権は一部画像をのぞきコストに帰属します。無断転載禁止。
FC2 Blog Ranking


カウンターは旧ブログと共通(カウントも通して計測)

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

広告バナー

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

広告バナー2

【Wiki】MMR マガジンミステリー調査班

 移動中、読む物がない時にはWikipedia(ウィキペディア、以下Wiki)を読むのだが、「な、なんだってェー!!」で有名なMMR(マガジンミステリー調査班)のページを読んだら、あまりにも面白かったのでいくつかを抜粋して紹介。
・の後が抜粋部分。
mmr
有名なMMRの「な、なんだってェー!!」

・『MMR マガジンミステリー調査班』は、石垣ゆうきによる日本の漫画作品。
『週刊少年マガジン』(講談社)に不定期連載(連載期間1990年-1999年)された。

・当初はMMRのメンバーが様々な超常現象を科学的に解明していくという主旨であったが、単行本の2巻以降はノストラダムスが残した予言詩を物語の軸に据えることで、謎の組織や政府の陰謀が登場し始め、後年のテレビドラマ『Xファイル』にも似たSFミステリーとなっていった。掲載されるのは合併号が多い。

↑そうか、合併号が多かったのか、子どもだったのでそういう掲載の周期のルールはわからなかった。
ただ、よく覚えているのは、ブログの記事にもなっているこっさん(中学の友達)の家に中学のテスト期間中に行き、
(こっさん関連の記事は、http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-14.html

俺「こっさん、テスト勉強はどれぐらいやってる?」
こっさん「君はマガジンを読んでいないのかね?テスト勉強をしても意味がない!世界が終わるというのに」
俺「は?」
こ「MMR!MMRにそう書いてある!」
(マガジンを指差すこっさん)
とのやりとりがあった。

 説明すると、テスト期間中でマガジンにMMRが掲載され、世界の終末が近いみたいなことをキバヤシが熱弁していていたのだ。
こっさんは、それを理由にしてテスト勉強から逃避していたという話だったw
 MMRの内容はほぼ覚えていないが、多感な中学生にはもう世界は終わってしまうと読んだ瞬間に意識させてしまうインパクトがあった。
でも、翌週には忘れてしまうというパターンなので、毎回掲載されるごとに新鮮な世界の終末を味わえたものだったw

キバヤシ3
キバヤシが「必然」といえば必然なのだろうw

Wiki「MMR」の抜粋に戻る。

・キバヤシ(隊長)
  IQは170の超天才で、日本語・英語・フランス語の3ヶ国語を扱える。超常現象・ノストラダムス解釈に精通している。
  信条は、「即断は禁物」。自分が納得行くまで調査し、MMR内でも最も真面目に描かれる。当初は超能力に否定的な姿勢も見せていたが、後にナワヤに簡単な実験で説得され、鍼治療のこともあり再評価するようになった。どんな謎も調べて結論を下してしまうが、詳細が分からない場合も多い。
モデルは当時週刊少年マガジンの編集者であった樹林伸(1巻「超能力は実在した!」にて本人とおぼしき人物の写真も掲載されている)。

↑キバヤシの漢字表記は「樹林」だったのか。「木林」ではなかったんだなwWikiによって長年の謎が解けていく。
IQの基準は、キバヤシ以上だとIQ170になれるということか。とにかく、キバヤシの絶叫とポーズまで鮮明に覚えているw
キバヤシ
MMRのキバヤシ
画像拾って来ようにも台詞をいじったネタ画像ばかり出てくる。衰えないキバヤシ人気!
この画像も台詞いじっているのかどうかもわからないw
毎回の決め台詞とポーズはマネした記憶があるw

・イケダ
3巻から加入した隊員。フルネームは池田雅行。
漫画家柴田亜美はブログで、今の講談社の担当編集者はイケダ隊員その人であると記載している。また、柴田亜美の漫画の中にも「MMR イケダ隊員」として登場した。
いけだ
たぶんこれがイケダ

・イガラシ(五十嵐)編集長
『週刊少年マガジン』編集長。MMRの名付け親。取材費等の金銭面からMMRを陰から支えた人物。
  MMRに関しては口出しはせず、自由放任の方針であったが、ナワヤが事故で重傷を受け脅迫電話がきた時は危険性を考慮してMMRの取材を断念させた。後に局長に昇進した。モデルは『週刊少年マガジン』6代目編集長の五十嵐隆夫。

↑確かに、脅迫電話で取材中止で内容が尻切れトンボで終わるパターンがあった。
その時には、
「また、核心はわからないまま脅迫電話で編集長判断の取材中止だよ。この編集長が俺たちの楽しみをつぶしてる」
と、こっさんや友達と文句を言っていた記憶がある。

・今までの予言
※大半がキバヤシの持論である。


↑この※の説明に爆笑www
 ただのキバヤシの持論だったのに、あの絵の説得力に中学生だった俺たちはすごい説得力も持たされてしまっていたww
Wikiには、全巻の予言の内容が説明されているが、残念ながら2015年現在、ほぼ当たっていない。ハズレばっかw

・漫画の冒頭には「この物語は事実をもとにしたフィクションです」という但し書きが添えられている(2003年の『MMR』では単に「この物語はフィクションです」となった)。
 単行本の初めのページにも同文が添えられていたが、5巻以降は「この物語は事実をもとにしたフィクションです。内容に関する問い合わせは、電話では一切受け付けておりません。ご了承下さい」という但し書きに変更されている。

・隊員のキバヤシの結論がことごとくノストラダムス関連に繋がってしまう。唯一の反論担当であるナワヤの意見もキバヤシの結論同様、根拠に乏しいとされており、冒頭表記の“事実に基づいたフィクション”の文言も説得力を欠いていると、何度も批判されている。
 また、当時講談社は『週刊現代』でもノストラダムスや終末予言特集を頻繁に特集していた。1999年が既に過去となり、通俗的なノストラダムス現象が下火になってからは、これらの議論も同様に下火になっている。
mmr2
毎回レギュラーのように登場するノストラダムス
キバヤシ2
キバヤシの予言当たるw

・1990年代後半にラジオ番組のゲストで樹林伸が出演し、ナワヤをミステリーサークルのど真中に寝させた件などを話す。その際、受験を控えた不安定な年頃の子に人気があると発言。本人はあくまでフィクションとして作っていた様子がここから伺える。

MMRは単行本12巻に描かれた様に実際に米国のNASAに赴き取材を申し込んでいるが門前払いされている。この体験をMMRはNASAが何か秘密(宇宙人を隠している等)を知られるのを嫌っているためだ、と結論付けている。

↑この説明爆笑wwそうなんだよ、このパターンがMMRティスト(笑)
でも、エリア51だけは2013年にアメリカ政府が公式に認めたんだよなあ。

・1995年3・4合併号〜5号に掲載された『甦るノストラダムス 暗黒大予言』の回は単行本未収録となっている。
 要因としては、当時は犯人が謎だった松本サリン事件を下敷きにして「世界を裏から支配する『300人委員会』によるサリンを使ったテロが起きる」という予見を描いた所、掲載の2ヶ月後に地下鉄サリン事件が実際に発生して、一連のサリン事件が300人委員会ではなくオウム真理教の犯行と判明したためであるとされている。

↑ほんとキバヤシの持論はスケールが大きいのに対して、現実はまだまだ負けている。


伊集院光は『MMR』を『週刊少年マガジン』史上最高のギャグ漫画と評していた。
 伊集院はキバヤシについて「キバヤシさんていうのは、昔ね『金田一少年の事件簿』を立ち上げた時の編集部員で、何つったらいいのかな青瓢箪?って感じの人なんです俺がそん時会った時には。仇名を付けるとするならもやしっ子って感じの人だったんですけど。
 あと絶対付けて欲しいのは、キバヤシさんの生写真。これを付けて貰う事で、子供達はほっとする事ができます。「あ、漫画は漫画だ」っていうそのほっと感が出ますんで」と実物と漫画の違いを評している。実物と漫画のキバヤシの違いは単行本6巻のおまけ漫画でもネタにされている。

↑伊集院最高wほんと、半分はギャグ漫画と思っていたw

・サイエンスエンターテイナーあすかあきおは、MMR開始前にキバヤシと会いMMRのシンクタンクとしての仕事を打診されていたが名前が出ない事を理由に断っている。単行本1巻の監修は南山宏が担当している。

↑すごいところに監修の依頼かけたんだなw

MMRで久々に笑わせてもらった。Wikiの解説は時々秀逸なのが多くて実に面白い。
やっぱMMRは、漫画家の石垣ゆうきの画力というか、あの絵が威力あったんだよな。
mmr3.
石垣ゆうきの画力が炸裂していたMMR

<参照>
Wiki:MMR マガジンミステリー調査班
http://ja.wikipedia.org/wiki/MMR_%E3%83%9E%E3%82%AC%E3%82%B8%E3%83%B3%E3%83%9F%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%BC%E8%AA%BF%E6%9F%BB%E7%8F%AD

Wiki:エリア51
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%AA%E3%82%A251

<こっさんの出てくる漫画ネタの過去記事>
こっさんめーる16「コスモス・ストライカー③コスモス読破・バミューダマグネストーム」
http://cost-off.seesaa.net/article/139211758.html

~~~~~
関連記事:【ニュース?】「2012年世界滅亡」なかった!マヤ最古のカレンダー発見【2ch】
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-343.html
【また】3/20の日本滅亡予言外れて反省会【このパターン】
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-301.html

Mさん話「『ガンダム』を創った男たち。」
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-640.html
『夜ノヤッターマン』と『ワードナの逆襲』(ver.2)
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-642.html

【オススメ】しくじり先生 マラドーナ
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-710.html
【オススメ】踊る!さんま御殿 沖縄出身芸能人SP
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-751.html
本・映画・ドラマ等レビューカテゴリー
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-category-11.html
関連記事

テーマ : みんなに紹介したいこと - ジャンル : ブログ

tag : MMR マガジンミステリー調査班 キバヤシ なんだってー

<< 役者のオーディション事情と演劇論 | ホーム | 【写真】横浜中華街「関帝廟でチャイナドレス」 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム