コストブログ2 役者のオーディション事情と演劇論

プロフィール

Cost

Author:Cost
管理人のコスト(cost)です。
ご連絡はcostblog2@yahoo.co.jp まで、当ブログの著作権は一部画像をのぞきコストに帰属します。無断転載禁止。
FC2 Blog Ranking


カウンターは旧ブログと共通(カウントも通して計測)

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

広告バナー

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

広告バナー2

役者のオーディション事情と演劇論

 先日(2015/4/27)、東京・三鷹市で役者(Tさん)と漫画家(Kさん)とミュージシャン(Uさん、U2さん)の飲み会があって混ぜてもらった。

 俺は芝居も音楽もさっぱりやらないが、話は新鮮で面白かった。

T「役者のオーディションってのは、前日とか下手したら当日に呼ばれるんだよ。バイトも仕事も無理に休まないと出れないんだよ。
  だから、若い人が役者を続けられなくてつぶされてるんだよ」

俺「前日や当日に来いって普通仕事休めないでしょ。そんなの社会通念上無理でしょう。
  せめて一週間前とかに言わないとバイトだってシフトがあるし、仕事に穴空けられないしょう。生活だってあるんだから」
 
T「そうだろ、普通はね。
  でも、それ言ったら『だって役者でしょ』って言われるだけなんだ。
  だから、平気で『明日オーディションやりまーす』ってなるんだよ。それで若い役者が育たないんだよ」

 う~ん、アニメーターの労働条件が厳しいって話はMさん(アニメの演出家)から以前聞いたが、役者は役者で大変だな。
どう考えても学生じゃないんだから、前日や当日にオーディション来いって事務所から給料出てる役者じゃないと行けないだろう。
(Mさん話カテゴリー:http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-category-5.html
  
 Tさんは、演劇論をぶつ役者が多くてそれを見てたら格好悪くて嫌だから、自分は演劇論は語らないと言っていたが、酒が進むにつれて饒舌になり、

「最近の若い役者は、『演劇なんか興味なかったんですけど、やってみたらできちゃいました』って軽い感じで、観に行ったらひどいんだよ、これが。
 演劇ってそんなものじゃないんだよ。もっとドロドロした情念の世界なんだよ。
 そんなこと言う奴に限って、打ち上げをファミレスでやるとか言うんだよ。信じられないよ。居酒屋だろ、そこは!
 芝居もフルーツパフェみたいな芝居しやがって

 
 フルーツパフェのたとえに爆笑w
俺「フルーツパフェのたとえは面白いですね。なんかわかりますねw
  それはファミレスで打ち上げしそうですねw盛り合わせただけって感じがするw」

T「情念がないっての。情念が。
  俺が演出やった時なんか、役者にアイデア一人50個出してこいって指示出してるよ。
  それで出したアイデアのほとんどが没で使えないって言われても、1個か2個採用されたらすごいってもんなんだよ。演出家にけなされてボロクソに言われて、その恨みとかの情念で演じるもんなんだよ。
  あ、やばい。俺の嫌いな演劇論を話してるwこの辺でやめようw
  そういえば、ミュージシャンは音楽論なんかあまり激論しないよね?」

U「しないねぇ。あまりしてる人って見ないねえ」

俺「へー、役者とミュージシャンは違うんですね」

U「でも、出番前に真面目に集中してたりするのは役者のほうですね。
  ミュージシャンは、出番前の楽屋に人が尋ねてきたら普通に『来てくれたの~』ってあいさつしますけど、役者はけっこうその点ナーバスでしょう」

て「開演前や出番前には会わないねえ。台詞忘れるといけないし、役に入ろうとしてる時だから」

U「でも、韓国公演の時は出番前に自由に食事に行かせたら、ほとんどが時間守らなかったんだよねw」

T「あの時は、10人外に食事行って時間前に戻ってきたのは10人中俺入れて3人。
  残りの7人は劇場から『出番でーす!』って呼ばれてるのにいなくて、外に出て探したら焼肉食べた帰りなのか楊枝しながらチンタラ歩いて来たから、さすがに怒鳴ったね。『何してんだ!コラーー!!』って。
  だって、いい大人だよ。しかも海外なんだからちゃんとするだろうと思って、外に自由に食事に行かせたら半分どころか7割が時間守らないんだよ」

俺「ひどいなw」

T「観光気分になってるんだよw」

 漫画家のKさんの作品名を聞くと書店で単行本が並んでいたのを思い出したので、
俺「確か(掲載誌は)ビックコミックじゃないですか?」
か「そうそう。あ、ビックコミック『オリジナル』ね」
と、的確な訂正が入った。
 Kさんは、気さくで酒を飲んでも顔色一つ変わらない人だった。

 人生で初めての漫画家との遭遇だったんだけど、去年12月のライブイベントで隣の席に座っていたことがあとでわかったw
写真撮ってもらえばよかった。2次会はKさんのゴチになった。

 2次会終了後、原付で来た俺は飲んでないが、酒好きのTさんは完全にべろんべろんに。
高知で初めて会って飲んだ時からそうだけど、Tさんは酒好きで量も飲むんだけど毎回見事に酔っ払うw
 この日、3回も俺に「(終電が終わってるから)どうやって帰る?」と質問しているので、それを1次会の店のオーナーのU2さんに
俺「もう3回も原付で帰るって言ってるし、2次会行く時に俺が原付押しているの見てるのに、Tさんはずっと同じこと聞いてくるんですよ」
と、話すと
U2「3回?そんなの全然だよ。10回は聞くもんだよw酔っ払いをなめちゃダメだよ(笑)」

爆笑して解散w

~~~~~
関連記事:Mさん話「最近の打ち合わせ事情」
http://cost-off.seesaa.net/article/124937613.html
・Mさん話「演出の役割1」
http://cost-off.seesaa.net/article/125503014.html
・Mさん話「演出の役割2」
http://cost-off.seesaa.net/article/128998219.html
・Mさん話「演出の役割3-1」
http://cost-off.seesaa.net/article/129065805.html
・Mさん話「演出の役割3-2」
http://cost-off.seesaa.net/article/131951152.html
・Mさん話「演出の役割3-3」
http://cost-off.seesaa.net/article/133608985.html

秋田の人話「秋田と高知(雪国の生活2)」
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-686.html
右脳な人たち
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-690.html

コラム人物編カテゴリー
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-category-4.html
 
関連記事

テーマ : 演劇 - ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 演劇論 オーディション

<< S川話「名刺の整理」 | ホーム | 【Wiki】MMR マガジンミステリー調査班 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム