コストブログ2 【Wiki】大槻ケンヂ

プロフィール

Cost

Author:Cost
管理人のコスト(cost)です。
ご連絡はcostblog2@yahoo.co.jp まで、当ブログの著作権は一部画像をのぞきコストに帰属します。無断転載禁止。
FC2 Blog Ranking


カウンターは旧ブログと共通(カウントも通して計測)

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

広告バナー

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

広告バナー2

【Wiki】大槻ケンヂ

 移動中、手持ち無沙汰なので、昔テレビで、医者から「UFO禁止令」が出されたという話をしていた大槻ケンヂのWikiを見たら、爆笑ww

 ファンでもなく、まったく思い入れはないが、あまりにも面白かったのでWikiネタとしてアップ。
以下、Wiki「大槻ケンヂ」から引用。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E6%A7%BB%E3%82%B1%E3%83%B3%E3%83%82

 まず冒頭にわざわざ「当Wikipediaの記載を大槻ケンヂ当人は不本意と考え、一切参考にしてほしくないと思っている」との記載がある。

・父、母、兄の4人家族。父は信用組合の理事で支店長をしていた。兄はTVカメラマンの大槻慎一。父方の伯父は松竹を経てフリーとなった映画監督の大槻義一。特に両親は大槻のエッセイにも度々登場しており、その時々で面白おかしくエピソードが披瀝されている。

 大槻いわく父は「石橋を叩いても渡らない」几帳面な人間で、母は「イー加減」「アバウト」で大らかな人間である。筋肉少女帯が売れ出した頃、ライブに出かける際、母親に「ケンちゃんコロッケ揚げたてだから、食べていきなさい!」と呼び止められたり、感謝の意も込め収入からまとまったお金を渡すも、父親は息子が仕事にあぶれても収入が得られるようにとそれを元手に賃貸アパートを購入するなど、家人のおよそロックとはかけ離れた庶民臭さを嘆いている。

・26歳からの3年間、タイで食べたオムレツに入っていたマジックマッシュルームがきっかけで心的外傷後ストレス障害に悩まされる。

・快獣ブースカのぬいぐるみを我が子と称して多数所持しており、寝食を共にするほど。特撮ではブースカをモデルにした「文豪ボースカ」という曲を制作、ライブのMCにもボースカ(ブースカ人形)を参加させている。

・エッセイなどで臆面もなく「スケベー」と自認する。幼少時に水に濡れてスーツがテカテカになっていたウルトラセブンを観て性に目覚めたと語る。
 また、第39・40話「セブン暗殺計画」での夕日に照らされる十字架張りされたセブンに勃起したとも発言している。

 バンド結成以前は女性との縁も皆無で交際のきっかけさえ掴めずポルノ雑誌やビニ本、アダルトビデオで性欲を処理、バンドを結成してインディーズで話題になるまで全くモテなかったと言う。
 また初体験の相手はデビューしてから彼を取り巻きはじめた『ナゴムギャル』(ナゴムレコードファンの女の子)で、言い寄ってきた女性ファンらとその都度性交目的の交渉を行っていた。
 バンドブームが隆盛するに従い、スタッフがバンドメンバーに女性ファンを手配するようになり、さらにはロックバンドとの性交渉目的の女性ファン(ファック隊)にまで手を広げる。

 数多の女性遍歴を自著やトークなどにおいて赤裸々に語っており、性経験を題材にしたエッセイ『愛の履歴書』や『バンドマンの恋人になる方法』を著している。噂に基づく推測で「千人斬り」と目されてきたが、テレビ番組『美しき青木・ド・ナウ』にゲスト出演した際、大槻は「千人も斬ってないから300人くらいに直しておいて」と訂正を求めた。
 童貞時代の性に対する執着と妄想を熱心に語る反面、言い寄ってきた女性らに「自分だけは特別でありたいと願う自己顕示欲を満たす代償行為としてのセックスではないか」と述べている。

・「物品販売も大事」と悟り、バンド活動と共に販売促進に勤しむ面もある。

・特にUFOに関しては本人もマニアを自称するほど詳しく、一時期は心療内科の医師から「UFO禁止令」を出されたほどであったという。
 関連書籍も「百冊以上」読んできた識者とも言えるこだわりようだが、本人はUFOのみならず超常現象全体について「単純に「ある」「ない」だけで考えるのは馬鹿げている」「超常現象に関わった人々の人間ドラマ、その数奇さが面白い」という持論がある。

・荒木飛呂彦の長編作品『ジョジョの奇妙な冒険』第四部「ダイヤモンドは砕けない」には、筋肉少女帯の曲の歌詞からの引用や、当時の大槻のルックスを参考にしたキャラクター・音石明(スタンドはレッドホットチリペッパー)が登場している。
 
・藤田和日郎の短編集「暁の歌」に収録されている「空に羽が…」では筋肉少女帯の「機械」から出典となっており、内容も同曲を漫画にしたような内容となっている。

・冴島奈緒・結城ゆかり共演のアダルトビデオ「女教師の下着」(1989年4月24日 マドンナメイト)に生徒役で出演したことがある。絡みシーンはない。AV出演したことを宝島に掲載され、それが大槻ケンヂ本人であることを1989年6月28日の伊集院光のオールナイトニッポンにゲスト出演した際告白している。

・オールナイトニッポンのパーソナリティーを担当した際、当初はプレッシャーから放送前に毎回のようにブロン液を一気飲みしたり、飲酒して放送していたと後に告白している。
(引用終わり)

ロックミュージシャンというより芸人やんw

~~~~
関連記事:【Wiki】MMR マガジンミステリー調査班
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-667.html
【オススメ】しくじり先生「マラドーナ」
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-710.html
【オススメ】踊る!さんま御殿 沖縄出身芸能人SP
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-751.html
【盗撮逮捕】2015田代砲発射!【タシーロ】
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-717.html
関連記事

テーマ : 芸能界のニュース - ジャンル : アイドル・芸能

<< 【2015沖縄旅行4】初日の話「成田~那覇~宜野湾」 | ホーム | 【盗撮逮捕】2015田代砲発射!【タシーロ】 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム