コストブログ2 高知市の料亭・濱長「芸妓 かつをさん」

プロフィール

Cost

Author:Cost
管理人のコスト(cost)です。
ご連絡はcostblog2@yahoo.co.jp まで、当ブログの著作権は一部画像をのぞきコストに帰属します。無断転載禁止。
FC2 Blog Ranking


カウンターは旧ブログと共通(カウントも通して計測)

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

広告バナー

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

広告バナー2

高知市の料亭・濱長「芸妓 かつをさん」

【高知旅行5】高知の殿(塩井の殿)と
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-726.html
【高知の殿】塩井の殿の歌舞伎誘致【市川海老蔵】の関連記事
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-762.html

 
     高知市の料亭・濱長「芸妓 かつをさん」

 2015/8/16.高知帰省で料亭「濱長」に屋形船のイベントに行き、その時に芸妓のかつをさんに話を聞いた。会話の一部から。
(東京など東日本では芸者、上方など西日本では芸妓と呼ぶことが多い)
濱長 かつをさん
高知市の料亭・濱長
「僕は1年半前に塩井の殿たちのイベントで濱長に来て、初めて芸妓さんと会ったんですが、その時に芸妓さんという職業は伝統芸能の三味線や唄、踊りのプロ フェッショナルなんだという印象を受けたんですよ。それまでは、芸妓さんとは人生で会うことはないと思ってたので、正直誤解してました」
  
「私たちは、趣味で唄や踊り、三味線を習っている人の延長線にいて、師匠からも芸をしてお金をいただくという事の大変さをいつも言われます。
 いくら下手くそでも、お金を頂いたからにはプロです。そこから意識が変わっていきます。その点が趣味で習っている方と私達の教え方が違うと思います」
濱長 かつをさん1
濱長のかつをさん
20151213かつをさん
2015年12月のプロフィール写真

「観客の前で芸をしてお金をいただくというのは、芸=技術であって、歌舞伎役者もそうですし、落語家やプロ野球選手と似てますよね。仕事のカテゴリーとしては、同じ枠に入るはずなんですが、一般に知られているかどうかが大きく違いますね。
  
 僕も実際に来るまでは、料亭というと政治家の密談とか接待のイメージが強くて、もしくは時代劇で出てきてお酌をするような、和風のキャバクラ 的なイメージを持っていて恥ずかしかったんですが、でも歌舞伎役者や落語家と比べて理解されているかというと、厳しいものがありますね」
  
「そうなんです。私たち芸妓は、正直言いまして世間的に誤解を受けていることが多いんです。
 実際のところ、奥様方で『女の敵は女』のような考えで芸妓を誤解なさっている方が多いと思うんです」
   
「そうですね。イメージだけでとらえると、夫の浮気相手になるかもしれないと思う人もいると思いますね」
  
「料亭の敷居が高いからそういう誤解も生まれているんですが、でも、けっしてそうではないんです」
   
「僕も話をしてわかったほうですけど、その辺がわかれば芸妓さんが色目使ってるとか、テレビのイメージみたいな変な誤解はなくなるんでしょうけど」
  
「だから、奥様方にも一度来ていただいて料亭がどう場所かを経験してもらえればいいと思うんです。遊びに来ていただいて質問していただければ、私たち芸妓の仕事も落語家さんや大工さんと変わらないということがわかってくださると思うんです」
濱長 芸妓三人2
グロいことで有名な高知県のゆるキャラ「カツオ人間」と濱長の芸妓さんたち(濱長の女将提供画像)
20160214-katuwosan kinngyosan2
濱長のかつをさん(左)と琴魚さん
(2016/2/14.浅草での土佐のおきゃくPRイベントにて撮影)
【高知、濱長】土佐のおきゃくPRイベント【浅草】
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-829.html
20160810琴魚さん、かつをさん
琴魚さん(左端)とかつをさん、よさこい祭り2016の濱長 花神楽の踊り子さんたち
(2016/8/12.琴魚さんのFBより)
20160828スーパーよさこい かつをさん
表参道スーパーよさこい2016にて、高知県ブースでお座敷遊びをPR
20160828スーパーよさこい オフショット後編35b2
かつをさん(中央)と女将(右)
20160828スーパーよさこい オフショット後編43bbb
表参道の出番前。左から濱長の濱口美佐子女将、大女将、芸妓のかつをさん
(上の3枚は2016/8/28.撮影)

「ただ、敷居は高いと思われているでしょうね。濱長さんはホームページにお座敷遊びの料金やお昼のランチをしていることも出してますけど、京都や浅草は出してないところがほとんどですから。
 まして女性だと、そもそも女性が行っていいところなのかどうかという先入観があると思います。歌舞伎も落語も女性は普通に行きますが、そこが大きく違ってますね」
  
 ここで若女将の篠原瞳さんが来て、
「うち(濱長)は、敷居下げて入ってきやすくするために、昔は1階玄関で脱いでもらっていた靴も、1階は靴のままでいいように変えるなど敷居を下げる努力はしてるんですよ。
 でも、先日の豪華客船が寄港して外国人のお客様がたくさんいらした時には、トイレの表記が通じなくて、目の前にトイレがあるのに『トイレどこ?』って迷われてて、その辺がまだまだ自分たちの目線で仕事しているなと反省しています」
  
「料亭の中は当然、英語表記なんかないですからね。あっても雰囲気的にどうかということにもなるし、その点は難しいとこですねぇ。
 簡単な英語のマニュアルでも入館時に渡すとかすればいいかもしれないですね。このマークは男性用トイレを指すとか、脱いだ靴はここに入れるとか基本的なことは。
 日本人なら説明がいらないことも外人にとっては初めてのことが多いんです。トイレのウォシュレットも銭湯も初めて見た人が多いんですよ。
  
 料亭もせっかく日本に来たから体験したいけど、言葉の問題だけじゃなくてお座敷遊びのルールやマナーがわからないから、来たくても来れないというジレン マがあるんです。彼らもマナーが悪くて土足で上がったりしてるんじゃなくて、単純にどこで脱げばいいかがわからないんです。
  
 でも、ちゃんとマナーを守ってスマートに遊んで体験をお土産にしたいという気持ちはあるはずですから、それは教えてもらいたいと思いますよ。
 僕らだって海外でイスラム圏に行ったら、作法知らなくても教えてもらえればちゃんとルール守るのと同じですよ」
  
 話をかつをさんに戻して、
「僕の知り合いに、大阪でオーダースーツのお店を経営している人(勝友美さん)がいるんですが、この人は自分の仕事のスーツ作りについて
『人は見た目で左右される部分も多いから、だから人を輝かせるスーツを作るのが自分の仕事です』
と、話してくれたんですけど、かつをさんはどういう思いで芸妓の仕事をしてるんですか?」
  
「・・どういう思いと、と聞かれると、突然頭の中が真っ白になってしまいましたが・・、、
 たぶん今、自分が芸妓として渦中にいるというのもあって、うまく言えないのですが、
 いま私たちは三人で土佐のお座敷文化を支えています。まずは、その灯を消さない事が一番大切だと思っています。
  
 一度消えた花街の文化を取り戻す。女将のおかげで、私は素晴らしい職に出会えたわけですが、私たちもかつらをかぶれる時期は限られています。
(注:濱長は平成13年に一度閉店し、昭和29年創業の歴史に幕を下ろしたが、平成19年(2007年)11月に濱口実佐子女将が再開した)
濱長再建
濱長再開を報じた高知新聞の記事
  
 今は後輩の育成に一番力を入れていますが、なかなかうまくいきません。私たちが新しい土佐の花街の文化の礎になっていくわけですが、文化を作るという事の壁にぶつかっています。
 
 よく何故、京都や東京の芸妓にならなかったのか?などと聞かれますが、
 私はその都度なぜ??とハテナマークになります。
 私は土佐弁しか喋りません。女将が土佐の花街の文化を取り戻してくれた事で、私はやっと土佐の芸妓になれたという思いがあります。そこに情熱といいますか、プライドを持っています
  
「そうですね、芸妓というとまず京都とか東京が浮かびますね。地方にあるとしても大都市とかに限られてて、各県にはないでしょうから。だから、僕も高知城で浅草みたいに芸妓さんが歩いてるのを見た時は驚いたんですよ。
 県外から呼んだのかと思って、芸妓さんたちと一緒に歩いていたバカ殿姿の塩井(政利)さんに思わず話しかけたんですよ」
濱長 かつをさん8
高知城でのお花見のイベントで踊りを披露する濱長のかつをさん(中央左)と琴魚(きんぎょ)さん
20150328濱長 かつをさん22
追加画像
濱長 かつをさん7
かつをさん(左)と琴魚さん(中央手前)
濱長 かつをさん6
高知城で踊りを舞う濱長の芸妓さんたち
2015塩井殿と芸者のかつをさんb
バカ殿に扮する塩井の殿(左)とかつをさん(中央)
右の変なマスクは、高知のお座敷遊びのシバテン踊りのお面
濱長 かつをさん5
シバテン踊り中
(上の5枚は2015年3月28日に高知城で撮影)

「それまで帰省してもアウトドアしかやることがない県と思ってたので、高知にもこういう文化があるのは素直にうれしかったですね。 
 沖縄にも毎年行くんですけど、行くたびに琉球の文化はいいなあと思ってたんですけど、向こうもちゃんと伝統文化を残すために努力はしてるんですよ。琉球舞踊とかは詳しくないんですが、紅型などの染物は、戦後すぐに物質がほとんどない状態から再開させたそうですから」
   
 ここで数年前から、かつをさんがとさっ子タウンという子どもたちの社会体験活動に協力して、子どもたちに箸拳などを教えていることについて聞いた。
  
「子どもたちは、本当に素直に箸拳を楽しく覚えてくれます。5分もかからずにルールを覚えてしまうんです。箸拳は土佐の文化ですから、私も伝統文化の継承に少しは役立てればと思って協力させてもらっています」
  
「そうか、子どもたちは素直にゲームとして覚えてしまうんですね。元は遊びですしね。その点は、大人よりも偏見や先入観がないからでしょうね。確かに県外で箸拳してるとかは聞かないので、高知独特の文化ですね。
  
 僕は実際にやったことがないんですが、握った箸の数を当てあって負けたほうが酒を飲むのは、高知出身だから知識として知ってるので、時代劇とか芝居で箸拳のシーンが出て県外の人に聞かれたら説明はしますね。もし、子どものうちに覚えてれば、説明だけでなく実際にやってみることもできるからいいですね」
濱長 かつをさん2
とさっ子タウンで箸拳を教える濱長の芸妓さん

「濱長でよさこい祭りの踊り子のチームを持っているのも、宣伝のためだけでなく、濱長のファンを増やしたいという思いが女将にはあるんです。
 よさこいのチームを持つことは負担も大きいんですが、子どもや学生の頃に濱長のチームで踊ったことで、大きくなっても若い頃に一緒に踊ったということで長くファンでいてくれると思うんです。
 踊り子の親御さんとも接する機会も増えて、先入観や誤解があっても解けてくれるんじゃないかなあと」
   
「なるほど、それは深いですねぇ。女将、すごいなあ。そこまで考えてたんですね。いつもふざけてばっかなのに(笑)」
濱長 花神楽 かつをさん記事
スーパーよさこい2015の濱長のチーム「濱長  花神楽」
濱長 スーパーよさこい2015
スーパーよさこい2015のオフショットより。左から4番目の女性が若女将
濱長 女将スーパーよさこい2015
濱長の濱口実佐子女将(右)、左は別チームの人
大円団2
表参道スーパーよさこい2015での濱長 花神楽の記念撮影
(上の2枚は2015年8月30日に東京・表参道で撮影)

「さっきの芸妓の仕事についての質問なんですけど、私は
 いつか、高知のお城下を芸妓、舞妓が袖を触れ合いなが行き交う街にしたい、そういう思いがあります」
   
「あー、それはいいですね。土佐弁の芸妓さんは高知にしかいないから、京都や東京ではなく、高知は高知でそういう文化があっていいと思います。よさこい祭りやカツオのたたき以外に、県外の人に胸を張って言えるものがあるのは励みになります」
  
「でも、まずはもっと自分自身の芸を磨くことからなんですけど(笑)」
「ははは、それはどの仕事も同じです(笑)。今日はありがとうございました。楽しかったです」
 
 後で知ったのだが、濱長の芸妓の琴魚さん、かつをさん、司さんは地元の高校で毎週、「土佐流 おもてなし」の授業を開催し、浴衣の着方や和の文化について教える活動もしている。
  
 ふと、アニメ化もされた漫画『鋼の錬金術師』の中で、「文化の死は民族の死だ」という台詞があって、歴史ある伝統や文化を死なせてはいけないという話が出てくるのをなんとなく思い出した。
 そして、塩井の殿が「話を聞くならかつをさんがいい」と推薦した理由がよくわかった。

 余談ながら、濱長はテレビ朝日の「アメトーーク」(『雨上がり決死隊のトーク番組 アメトーーク!』)の2013年12月放送のホリケンふれあい旅3でも紹介されている。紹介っていうか、ホリケンが料亭に来て、他のお客さんの部屋に乗り込んでやりたい放題してたw
濱長 琴魚さん
濱長 琴魚さん
濱長 司さん
濱長 司さん

 2015/8/30.東京でのスーパーよさこいで、濱長のチームの写真を撮らせてもらった時に、濱口実佐子女将は
「スーパーよさこいに出ると、東京までの旅費もかかるから今年は出ようか迷ったんですけど、NHKのBS番組で高知のよさこい祭りの濱長に密着取材してく れて、東京で全然知らない人からまるで知り合いのように話しかけていただいて、未成年の踊り子さんを東京へ連れていくのも親御さんが信頼して許可を出して くれて、本当に来て良かったです」
と、話していた。
  
 スーパーよさこいは、チームの人数制限が高知の本祭りよりも厳しく、1チーム50人までだが、それでも高知から東京までその人数とサポートメンバーが東京まで行くとなると相当な経費がかかる。高知にはLCCの安い便もないし。

 また、気分が悪くて飛行機に乗れない踊り子がいて、それでも夜に体調が良くなって参加したいとなって、親が高知から車を飛ばして東京まで来て参加した子 もいたという。僕はよさこいを踊ったことはないのだが、その踊り子にとっては今年のスーパーよさこいがいい思い出になったんじゃないかと思った。
  
<濱口実佐子女将の宣伝用コメント>
 最近は女子会などと、女性のお客様ばかりで料亭を利用する方が大変多くなりました。昼間の週替わりランチ(1,500円税別)や、月替わり会席(2,500円税別)三段重でお出しするほにや御膳(2,000円税別)、など、リーズナブルな料金も敷居が高くない、行きやすい、と評判です♪
 夜は夜で、外国人のお客様をお連れする方が多くなりました。その矯めに芸妓達は英語勉強もしています。土佐の芸妓は芸は売っても女は売らん。きっぶのよさや明るく陽気な気質の芸妓です。
濱長 芸妓さん三人
濱長 三人の芸妓さん
(TOSA GEISHAのクレジットがついている画像は、濱長の女将提供)

濱長のHP:http://www.k-hamacho.com/
住所:〒780-0864 高知市唐人町6-6(はりまや橋から徒歩3分)
TEL: 0120-887-350
営業時間【昼】11:30〜14:00(L.O.13:30) 【夜】17:00〜23:00(L.O.22:00)

【高知、濱長】土佐のおきゃくPRイベント【浅草】につづく
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-829.html
原宿表参道元氣祭 スーパーよさこい2016 「濱長 花神楽」オフショット後編「土佐は陽気でええじゃないか」
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-967.html

※画像はクリックで拡大して正しく表示されます。サムネイルは幅の関係でボケてます。
※スマホだと画像が全部表示されないことがあります。その際はPC版でご覧ください。

~~~~~
関連記事:原宿表参道元氣祭 スーパーよさこい2015「濱長 花神楽」(原宿口)
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-752.html
原宿表参道元氣祭 スーパーよさこい2015「濱長 花神楽」(表参道・前編)
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-753.html
原宿表参道元氣祭 スーパーよさこい2015「濱長 花神楽」(表参道・後編、NHK前演舞場追加)
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-755.html

原宿表参道元氣祭 スーパーよさこい2015「濱長 花神楽」(オフショット前編)
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-830.html
原宿表参道元氣祭 スーパーよさこい2015「濱長 花神楽」(オフショット後編)
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-837.html

【高知旅行5】高知の殿(塩井の殿)
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-726.html
【高知旅行6】塩井の殿とひろめ市場で土佐グルメツアー【2015年お盆帰省】
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-737.html 
【高知の殿】塩井の殿の歌舞伎誘致【市川海老蔵】
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-762.html
【高知旅行18】塩井の殿、海老蔵公演始末記【弁天座・歌舞伎】
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-886.html

【日記】原宿表参道元氣祭 スーパーよさこい2016、「濱長 花神楽」2日目、速報
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-959.html

【高知旅行15】土佐養生膳 加尾の庭【薬膳】
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-788.html
土佐弁講座「のうが悪い」
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-884.html

Mさん話「『ガンダム』を創った男たち。」
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-640.html
Mさん話「アニメ映画はヤマトから始まった&ガンダム劇場版」
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-216.html

「オーダースーツと着物と勝先生」(カット版)
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-746.html
役者のオーディション事情と演劇論
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-668.html
戦艦長門と兄部艦長
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-622.html

初の手相話「30点の人が次に40点とったら」
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-636.html
ぐんまちゃん4「Welcome」&カツオ人間(画像追加)
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-173.html

旅行記・観光カテゴリー(コストブログ2)
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-category-8.html
コラム人物編カテゴリー(コストブログ2)
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-category-4.html




【オススメ】『ロケみつ』稲垣早希のブログ旅・四国編【高知入り】
http://cost-off.seesaa.net/article/144907749.html
『ロケみつ』稲垣早希のブログ旅・四国編【高知・足摺岬】クジラどこ?
http://cost-off.seesaa.net/article/149341652.html
『ロケみつ』稲垣早希のブログ旅・四国編【高知県中村・須崎】
http://cost-off.seesaa.net/article/150104165.html
『ロケみつ』稲垣早希のブログ旅・四国編【高知市内①】ぼうしパン~高知駅
http://cost-off.seesaa.net/article/152398485.html
『ロケみつ』稲垣早希のブログ旅・四国編【高知市内②】路面電車~城西館
http://cost-off.seesaa.net/article/163508206.html

龍馬伝30,32,33回感想「主役を食う配役・伊勢谷の高杉晋作、泰造の近藤勇3」
http://cost-off.seesaa.net/article/159672183.html
龍馬伝34,35,36,37回感想「大泉長次郎退場、薩長同盟~寺田屋騒動、妙ににやけた西郷」
http://cost-off.seesaa.net/article/162404433.html
龍馬伝38,39,40回感想「霧島ハネムーン、小倉口の戦い、青木崇高の後藤象二郎」
http://cost-off.seesaa.net/article/165264603.html
龍馬伝41回感想「さらば伊勢谷晋作」
http://cost-off.seesaa.net/article/165729086.html

歴史&高知カテゴリー
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-category-10.html




関連記事

テーマ : 伝統芸能 - ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 高知市の料亭 濱長 芸妓 高知観光 箸拳 シバテン踊り TOSA GEISHA かつをさん 濱口実佐子女将

<< 【書評】塩野七生著『海の都の物語―ヴェネツィア共和国の一千年―』(ver.1.5) | ホーム | 【高知の殿】塩井の殿の歌舞伎誘致【市川海老蔵】(追加) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム