コストブログ2 【出雲旅行2015、その2】「古民家 はまのや」、鵜峠浦(追加)

プロフィール

Cost

Author:Cost
管理人のコスト(cost)です。
ご連絡はcostblog2@yahoo.co.jp まで、当ブログの著作権は一部画像をのぞきコストに帰属します。無断転載禁止。
FC2 Blog Ranking


カウンターは旧ブログと共通(カウントも通して計測)

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

広告バナー

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

広告バナー2

【出雲旅行2015、その2】「古民家 はまのや」、鵜峠浦(追加)

 【出雲旅行2015、その1】初日~2日目、神迎神事の続き
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-797.html


    【出雲旅行2015、その2】「古民家 はまのや」、鵜峠浦

<2015/11/21.出雲旅行2日目>
 神迎神事と神迎祭が終わって、今夜の宿「古民家 はまのや」のオーナーのTさんがピックアップしてくれる場所へ出雲市観光大使の和田節子さんと向かう。
 
 合流場所は、今日お昼を食べた神門通りAel(旧、ご縁の店 福屋)だったw
 さっき、和田さんがTさんとはご近所さんと話していたが、僕の荷物はAelの隣の和田さんの実家に運んでもらっていたので、大社前のスターバックスでひろってもらう予定をAelに変えたそうだ。

 なんか知らない間に話が進んでるw去年に続いて福屋で人と知り合うとは、ほんとにご縁の店だなあ。
 
 で、和田さんにお礼を言って別れて、Tさんの車で今夜泊まる「古民家 はまのや」がある出雲市大社町鵜峠へ移動する。
20151122鵜峠1
出雲市大社町鵜峠(2015/11/22.撮影)
鵜峠浦5
鵜峠浦

 この鵜峠(うど)地区は大社から車で15~20分。出雲大社北側にある山を越えた港町、というより50人ぐらいしか住んでいない過疎の集落だそうだ。
 
 はじめは、鵜峠が読めずに最後が峠(とうげ)なので、「うげ」と誤読して宿の場所を聞いた和田さんに
「うげってところにある宿です」
「うげ?そんな地名はこの辺にはないけど・・」
と困惑させてしまったw
 
 和田さんから鵜峠は、EXILEのメンバーが別荘を買って上戸彩が産後に来たとか、司馬遼太郎の「街道をゆく」で「時が止まったタイムカプセルのような場所」と書かれていたり、古くは北前船の寄港地だったとか教えてもらった。
 そして、「おそらく○○君(俺のこと)も気に入ると思う」とのことだった。
 
 宿のオーナーのTさんからは事前にメールで、
「アクセスの悪い辺鄙なとこので、周辺にコンビニなどないので食べ物は買ってきてください」
と、連絡が来ていたので、大社の鳥居に出ていた屋台でお持ち帰りのそばを買っておいた。
 でも、食べ足らないのでコンビニに寄ってもらうつもりが言い忘れて、山道に入ってから言うと、もう店はないという。
 
 それどころか、「自販機もないところです」との返事が返ってきた。
 甘かった・・。コンビニはない→でも商店はあるだろうぐらいに考えていたが、自販機もないエリアって日本にあるのか。。沖縄の離島ですら自販機はあるのに。
 50人の集落は伊達じゃない。昔なら学校の1クラスとちょっと、今だと2クラスの人口というのはほんとだったのか。
公衆有線 鵜峠
NTTの公衆電話ではなく、公衆有線電話があった
ほんとタイムカプセルw

 元々、「古民家 はまのや」で宿を取った理由が、神迎神事の晩に加えて三連休で一ヶ月前から宿がまったく取れなかったからなのだ。
 
 出雲市どころか松江市でもどこも満室で、最終手段のラブホテルに一人で泊まる作戦を実行寸前まで追い込まれていた(ラブホなら予約できた)。

 そこへ、検索に出てきたはまのやにダメ元でメールすると、今年できたばかりでまだ知られてないせいか、予約が取れた。
20151122はまのや
古民家 はまのや
20151122はまのや2
玄関
20151122はまのや4
室内
左の部屋の着物は俺のだけど、部屋と雰囲気が合っていて笑ったw

 アクセスが悪いが送迎してくれたので、かえってゆっくり神迎神事を見ることができて良かった。
 
 しかし、まさかの商店も自販機すらもないとは思わず、
「この年で欠食児童か・・」と思っていたら、オーナーのTさんがピザとか貝とか食べ物を出してくれて、
 さらに他の宿泊客の中に地元の人がいて(他県からの友達を朝から案内するために泊まっていた)、スーパーで買ってきた地元のさつま揚げみたいな物やバラの形をした菓子パン(島根ローカルなパン)などを買いすぎたからと分けてくれたので満腹になった。
「どこで売ってたんですか?」と聞くと、大社近くのスーパーとの返答だった。遠くて行けない・・。
20151122はまのや3
はまのやのリビング
右下の人物が地元の宿泊客で、なぜか食べ物をたくさんくれたw

 で、食べた分のお金を渡そうとしてもオーナーのTさんも地元の宿泊客も一向に受け取らない。
 四国では、お遍路さんにはお接待で簡単なもてなしをする風習があるけど、僕はお遍路さんではないんだけど、遠慮なくご好意に甘えた。昼間は、和田さんの家で抹茶とお菓子出してもらってるし、ほんと出雲の人は親切だなあ。
 
(このほか、この旅行中にケガしてバンソーコーをもらったお土産物屋さんでは、サツマイモとお茶を出してもらうし、「ゲストハウス いとあん」でもケーキや御神酒を出してもらった。出雲に来たら去年からずっとこんな感じで親切受けてるから、そりゃあ出雲好きになるよ)
 
 「古民家 はまのや」は、築120年の歴史ある古民家をリノベーションして宿泊施設として運営している。ゲストハウスみたいな宿。
「古民家 はまのや」のホームページ
https://watashinosekainudo.wordpress.com/
 
 詳しく聞くと、元はオーナーのTさんの祖父の家で、田舎の空き家を活用する「しまね田舎ツーリズム制度」を活用して、宿として開業したそうで、夏はバーベキューもしているという話だった。
 
 建物は、民家にしては広く、懐かしい趣きがある。
20151122はまのや5
廊下

 たぶん、俺の実家が旅館だった建物を移築して民家として使っていたから、はまのやの床の間のある部屋が見慣れていたから落ち着くんだろう。
  
 ただ、リノベーションして機能を上げているんだろうけど、やはり古民家だからコンセントが部屋になくて(リビングのコンセントは宿泊客で埋まっていた)、夜中にカメラやスマホの充電のためにコンセントを探し回った。コンセント難民w

 結局、冷蔵庫付近の空いてるコンセントがあった。朝見ると部屋にも延長コードあったけど、他のお客さんの布団で隠れていた。
 
 でも、使われていなかった建物に人が泊まりに来て、夜中までにぎやかに話すようになるのは、なんだか建物が喜んでいる感じがした。
 高知の田舎でもこういうのやっているのかなあ。島根に次いで高知も人口少ないからなあ。
 
 何にせよ、飛行機は取ったが宿がないという事態は避けられたので良かった。
はまのや 恵比寿
海が近いので恵比寿様(はまのやの玄関)

 ついでにオーナーのTさんはしっかりした人なんだけど、0時近くになっても宿泊費の話が出ないので(ゲストハウスは基本先払い)
「あのー、ここって後払いなんですか?」と聞くと
「あ!忘れてたっ」
と天然ボケをかましてくるので笑ったw
経営的に一番重要な話じゃないかw。
 
 この鵜峠から大社や出雲市駅方面へのバスは1日3~4本で、朝8時台の次は見事に12時までない。
 その上、バス停でなくても手をあげれば乗れるという田舎ルールが適応されるという。
 せっかく、何かの縁で鵜峠まで来たのだから、翌日は鵜峠周辺を観光することにした。
鵜峠 バス
鵜峠のバスは1日3~4本
20151122udo-のり
海苔摘みの張り紙
船頭や○○屋といった屋号が今も残る

 <11/22.出雲旅行3日目>出雲市大社町鵜峠、古民家 はまのや。
 晴れ男なのでもちろん天気も良くて、海沿いをお堂目指して歩く。
この鵜峠地区は過疎で人が少なく、店も自販機もないのになぜか寂しくない。
鵜峠浦1
はまのや周辺
大宮神社20151122.
途中にある大宮神社
大宮神社20151122-2
神在祭中なので神様は出雲大社にご出張中
鵜峠浦3
味のある土壁の建物
鵜峠浦7
郵便配達はちゃんと来てる
20151122鵜峠22
海岸沿いの道
2015出雲 鵜峠1
鵜峠で見つけた花
鵜峠の花
花だけど咲く前

 晴れ男で日差しがいいからなのか、なんだかよくわからないけど、寂しくないっていうか、ほんわかした不思議な感じとしか言いようがない。
 民家の屋根は茶色が多かったり、表札には「舟木屋」とか昔の屋号があったりする。でも、1時間半ですれ違った人は2人ぐらい。

 家はあっても空き家が多いとは聞いていたけど、かつて、北前船が来たり、鉱山があったりして栄えていた時期もあるからなのか、立派な神社や寺がいくつもあって、過疎で人がいないイメージがあんまりしない。
20151122-うど2323
海沿いを歩く
20151122-うど456456
天気が良くて心地よい
20151122出雲市うど2
歓迎されてるような気分
お堂2
目的にしたお堂発見
お堂20151122
お堂
鵜峠浦6
飛行機雲
今回の旅行ではよく見た気がする
20151122udo-umi2
日本海

 なんだろう、ここは。強引に説明するとしたら、科学的には電磁波が少ないからイライラしないとか、気の流れがいいとかそういうことなのかなあ。
 自販機も店もないが、トイレは道路沿いの畑の中に地元の人が立てたトイレがあって、ちょっと笑ったw
 
 とにかく、一人でここを歩いても寂しい感じがしない。意外に気に入ったので、また来ようと思った。
201511うど
鵜峠浦からの対岸の景色
20151122鵜峠8
風力発電の風車が見える

 右側半分を回ったところで、一旦はまのやに戻った。でも、まだ10時過ぎでバスまで2時間ある。

 自販機がないと飲み物が買えないのは不便だなあ。最寄りの自販機まで徒歩30分って言われたけど、ジョークじゃないんだよなあ。
 そしたら、オーナーの田中さんが出かけるところだったので、大社まで乗せてもらうことにした(通常はバスなど自力で移動)。ほんと出雲来たらラッキーなこと多いなあ。
 
 車で20分も走ると、出雲大社の神楽殿と本殿の間の道路に出る。意外に近かった。

古民家 はまのや
〒699−0762 島根県出雲市大社町鵜峠75/75
HP:https://watashinosekainudo.wordpress.com/
予約&電話など↓
https://watashinosekainudo.wordpress.com/about/reservation/

参考:島根半島四十二浦
http://42ura.jp/19.html

【出雲旅行2015その3】 出雲ゲストハウス いとあん(前編)「オーナーの熱田糸帆さん」につづく
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-809.html
【出雲旅行2015その4】 「出雲ゲストハウス いとあん」(後編)「いとあんの楽しみ方」
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-820.html
【出雲旅行2015その5】出雲大社と周辺めぐり
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-841.html

※画像はクリックして拡大で正しく表示、サムネイル(縮小画像)は幅の関係でボケてたり、左右が切れている。
 スマホだと画像が全部表示されないことがありますので、その際はPC版に切り替えてください。

~~~~~
関連記事:【日記】出雲の宿が取れない・・・【神よ・・】
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-776.html
【出雲旅行2015】明日から出雲へ&「ご縁の店 福屋」
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-792.html
【出雲旅行2015、その1】初日~2日目、神迎神事
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-797.html
【出雲旅行2015、その2】「古民家 はまのや」、鵜峠浦
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-806.html

【出雲旅行2015その3】 出雲ゲストハウス いとあん(前編)「オーナーの熱田糸帆さん」
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-809.html
【出雲旅行2015その4】 「出雲ゲストハウス いとあん」(後編)「いとあんの楽しみ方」
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-820.html
【出雲旅行2015その5】出雲大社と周辺めぐり
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-841.html

【観光】出雲・高知旅行2016の記事予告とランダム写真
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-1003.html
【出雲旅行1】鳥取・米子鬼太郎空港~松江【2014年12月】
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-638.html
【出雲旅行2】出雲大社参拝1日目、出雲大社前駅【2014年12月】
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-644.html

【沖縄・本部町】ゲストハウス「なんで家ねん」【ケンにー】
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-775.html
旅行記・観光カテゴリー(コストブログ2)
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-category-8.html
関連記事

テーマ : 国内旅行 - ジャンル : 旅行

tag : 古民家 はまのや 鵜峠 出雲市大社町鵜峠

<< 【日記】うちのガーデニングは年中花が咲く | ホーム | 人生の先輩の話「あなたが裁かなくていい」 >>


コメント

nezuminekoさん、コメントありがとうございます。
出雲は、僕もまだ2回目ですが、行く前は出雲大社しか知らなかったんですが、ほかにも行きたいところがいっぱいでした。

この鵜峠も宿が取れなくていったのですが、ほんとタイムカプセル的な不思議なとこでオススメです^^

どれもそそられる風景ばかりですね。
広島県に住んでいる時にもっと、出雲には足を運んでおきたかったです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム