コストブログ2 とりさん話「沖縄のオトーリとハブ」(ver.1.5)

プロフィール

Cost

Author:Cost
管理人のコスト(cost)です。
ご連絡はcostblog2@yahoo.co.jp まで、当ブログの著作権は一部画像をのぞきコストに帰属します。無断転載禁止。
FC2 Blog Ranking


カウンターは旧ブログと共通(カウントも通して計測)

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

広告バナー

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

広告バナー2

とりさん話「沖縄のオトーリとハブ」(ver.1.5)

 2011/08/06.土曜にとりさんと電話した話。
 沖縄の本で、酒を回し飲むオトーリという風習について
「オトーリの風習がある宮古島にはハブが出ないが、ハブが出る石垣島にはオトーリの風習がない。なぜなら、酔いつぶれて寝てハブにかまれて死んでしまうからだ」
と、書かれていて宮古島と石垣島のハブの出ない島の覚え方がわかったと話すと、とりさんは
「いやあ、(ハブの出る本島の)那覇でもオトーリはやっていましたけどw」
と、即効地元情報でツッコまれた(笑)。
「えっ、そうなんですかw那覇でもやってるんですね」

 俺は酒を飲まないし、オトーリは「オトーリ(御通り)は、沖縄県の宮古列島で行われる飲酒の風習である。車座になって泡盛を飲む酒宴の席で行われる」とあったので、八重山のほうの風習だと思ってたが那覇でもやってるんかいw
 でもまあ、島によってハブが出る出ないは理系だと島の成り立ちとか、地殻変動で海に沈んだ島にはいないとか色々説明は聞いたことがあるが、このオトーリをからめた説明は覚えやすかった。
 で、石垣島と宮古島ではやはりハブの出ない宮古島へ行こうと思ったが、

「とりさんがコメントで、『夏の沖縄への航空便は需要に対して供給が追いついてない=席が足らない』って書いてましたけど、旅行代理店のパンフレット見たらお盆の宮古島へのパックツアーを調べたら値段のランクがアルファベットでLとかMで13番目の高さで、9月の平日の倍の金額なっていて今回は本島・那覇にするかもしれません。
 去年は安く往復4万3000円のチケット買えたんですが、普通に買うと10日前でこの値段かあって思いましたよ。
 とりさんは夏は沖縄に帰るんですか?」

「いやあ、今年の夏は帰らないですねー。やっぱりピーク期は高いですし。
 僕が小学生まで住んでいたのは那覇市内の国際通りから北へ500m行ったところです」
「去年は、1週間国際通りのホテルに泊まったんで、けっこうレンタルバイクで何日か回りましたよ(以下略)」
「僕のコメントでナスビって書きましたけど、あれは野菜のナスではなくて、正式名称は不明なのが生き物ででっかいナメクジ?っぽいのがいてそれを自分でナスビと読んでるんですよ。
 沖縄の家はけっこうあちこち開けてるんでどっからか入ってくるんですよ、それをナスビと呼んでいたので茄子(ナス)ではないです」
「そ、それはわからないですよ~(笑)」
てな話をした。
201108251425沖縄慶良間
2011/08/25.14:25沖縄、慶良間ボートにて
ケータイSH905iで撮影

<追加2011/08/11>
 沖縄のハブのいない島は、久高島、津堅島、粟国島、南・北大東島、宮古島、池間島、伊良部島、下地島、来間島、大神島、多良間島、水納島、波照間島、与那国島と言われている。

~~~~
関連記事:2010夏・沖縄旅行、出発前~初日「チケット問題」(ver.2)
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-79.html
とりさん話「沖縄のゴキブリ」
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-76.html

『お笑い芸人・ドラゴンエマニエル(沖縄方言話)』
http://cost-off.seesaa.net/article/198052419.html
『モスにて(方言話)』
http://cost-off.seesaa.net/article/101943281.html
『2010夏・沖縄旅行、ビーチの人々1』
http://cost-off.seesaa.net/article/162666570.html

【目次】コラム人物編目次part1
http://cost-off.seesaa.net/article/107966008.html
コラム・人物編カテゴリー(コストブログ)
http://cost-off.seesaa.net/category/2974048-1.html
コラム・人物編カテゴリー(コストブログ2)
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-category-4.html
関連記事

テーマ : 沖縄 - ジャンル : 地域情報

<< S川話「月島の再会①節電・エネルギー問題」 | ホーム | 今日ブログアップ予定 >>


コメント

とりさん、コメントありがとうございます。
やはり今は住宅地ですよね。那覇は人気ありますからねー、移住する人も多いですから^^

>オトーリは手っ取り早く呑むための大義名分を与えるシステム
おおっ、「沖縄の歴史と旅」陳瞬臣著にも似たようなことが
「戦後、お神酒など貴重な酒を飲むためにオトーリをして、楽しみを作っていた」みたいなことが書かれていました(手元にないので記憶際限)

>ハブが出るかもしれないから飲み過ぎ自重
ああ~沖縄の県民性に酒好きなら、ハブぐらいはナンクルナイサーといって呑みそうですね^^;
県民性を忘れてましたw
毎回、ほんといいかげんだなあって思う事件に遭遇してたんでした。
たぶん、とりさんの説が正しいと思います^^


「オイラが住んでたのは那覇でも田舎」と言いましたが、当時の感覚で言ってました。グーグルで見たらコストさんご指摘の通り、完全に住宅地でした。すみませんm(_ _)m

オトーリは、本島と与那国の親戚がしょっちゅうやってたのですが、どの程度一般的かは分からないです。
オトーリは酒好きにとっては手っ取り早く泡盛呑めるし、呑むための大義名分を与える大変便利なシステムなので、本来の趣旨なんかどっかいっちゃってる感じです。(オイラの親戚のことですが)
あの県民性に酒好きが加わると、「ハブが出るかもしれないから飲み過ぎ自重しよう」とはなかなかならないんじゃないでしょうか^^

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム