コストブログ2 Mさん話「太い線の作画監督・中村一夫(1stガンダム)、安田朗」(ver.1.1)

プロフィール

Cost

Author:Cost
管理人のコスト(cost)です。
ご連絡はcostblog2@yahoo.co.jp まで、当ブログの著作権は一部画像をのぞきコストに帰属します。無断転載禁止。
FC2 Blog Ranking


カウンターは旧ブログと共通(カウントも通して計測)

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

広告バナー

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

広告バナー2

Mさん話「太い線の作画監督・中村一夫(1stガンダム)、安田朗」(ver.1.1)

Mさん話「爆発職人のアニメーター」の続きで、
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-70.html
Mさん話「ユニコーンガンダム�ファースト打ち切り、安彦良和、SEEDの設定」の関連話。
http://cost-off.seesaa.net/article/186083087.html


   Mさん話「太い線の作画監督・中村一夫(1stガンダム)、安田朗」

 2011年1月10日の話の続き。
俺がMさんにガンダム関係の話をせがむと、
「ガンダム好きだねーw」
と、アニメはガンダムばかりじゃないよという感じでちょっと呆れ気味ながらもリクエストに答えてくれた。

「ファーストガンダム(TV版「機動戦士ガンダム」)の作画監督は、安彦さん(安彦良和)が有名だけど、中村一夫さんが担当した回は絵の線が太くて、安彦さんとは違って線が太い絵で印象深いんだよ。線が太くて迫力ある回のテロップをチェックしたら、全部作画監督が中村さんだったんだよ

「絵の違いってそんなにはっきりとわかりますか?」

「うん、中村さんの担当した回は、6本か7本あるから見比べたらはっきりわかるよ。線が太くてほんと迫力があるんだよ。中村一夫で検索してその回を見たらいいよ」

「じゃあ、今スマートフォンで検索しますよ」
と、検索するが、まだIS03を買って一カ月で操作に慣れてない上に、なかなか出てこないので、帰ってから検索することにした。

「例えば、テキサスコロニーの回とかがそうだよ。」
「テキサスコロニーの回って、どんなんでしたっけ?」
「確か『テキサスの攻防』だったかな?ギャンとかが出てくる回だよ」
「あー!あの回はギャンがめちゃめちゃ格好いいんですよ。一話しか出てこないのに、ギャンは格闘戦でガンダムを追い詰めて、その動きが迫力あったんで覚えてますよ。確かに線は太かったです」
「太い線で迫力あったでしょ」

 このちょっと前(2010年後半)に、テレビでSMAPの稲垣吾郎(1973年生まれ) がガンダム好きで、モビルスーツ(MS)の中では特にギャンが格好良くて好きだと答えていたのを思い出した。
 俺もギャンはソードのすごい突きでガンダムを後ずさりさせ、シールドミサイルや空中機雷を駆使して無敵の強さを誇っていたガンダムにゲルググで援軍に来たシャアも追い払って、一対一の勝負を仕掛けていった姿は印象深くてよく覚えていた。
 ただ、最後にマ・クベ(ギャンのパイロット)が壺云々を言い出して「あれはいいものだー!」と言って散るシーンは、再放送で初めて見た時は子どもながらに意味がわからなかった。なんで壺?何かの伏線かと思ってたら、それっきりだったw

「『テキサスの攻防』以外はどの回を担当してるんですか?」

「ミハルが死ぬ回の『大西洋、血に染めて』もそうだし、青いモビルスーツのゲルググ?だっけ?ヒートロッドを使うやつが出てくる回もそうだったはず」

「ヒートロッドを使うのはグフですよ(笑)」
「あー、そうだっけ?赤いほうがゲルググか(笑)」
「シャアが乗るのは大体赤いんですよw」
でも、この前週刊誌でガンダム特集で「雷の中をザンジバル(戦艦)に乗って登場するグフは格好いい」と書かれていた。

「で、後は最終回の前の回の『ア・バオア・クー』も担当してたと思うよ。探せば、7本ぐらいは担当してるはずだから」

中村一夫がファーストガンダムで作画監督を担当した回は、
第12話『ジオンの脅威』(戦闘シーンはガンダムVSランバ・ラルのグフ、「ザクとは違うのだよ、ザクとは」)
第18話『灼熱のアッザム・リーダー』 (同、VSアッザム・リーダー)
第23話『マチルダ救出作戦』(同、VS雑魚のグフ)
第28話『大西洋、血に染めて』 (同、VSグラブロ、ミハル死亡)
第33話『コンスコン強襲』 (同、VSリックドム12機、テム・レイ死亡)
第37話『テキサスの攻防』 (同、VSギャン、マ・クベ死亡)
第42話『宇宙要塞ア・バオア・クー』(同、VSジオング、ギレン死亡)
の7本。
 このほか、機動戦士ガンダム III めぐりあい宇宙編では協力スタッフにクレジットされている。
参考:allcinema
http://www.allcinema.net/prog/show_p.php?num_p=285109

「昔のアニメはさ、『マジンガーZ』や『あしたのジョー』、『タイガーマスク』とか線は太くて迫力あって味がある絵が多かったんだよ」

「そういえば『巨人の星』も太かったですね。今見ると線が太いと時代を感じますよ、昔のアニメだなあって。線が細いのに慣れてますから」

「昔は、鉛筆でしかも4Bとか5Bとか濃いので描いてたからね。今はシャーペンで描いてるからもう太い迫力ある絵はなかなか描けないね」
 普通ノートに書く鉛筆の濃さHBぐらいが標準。
鉛筆の硬度記号は、9H→8H→7H→6H→5H→4H→3H→2H→H→F→HB→B→2B→3B→4B→5B→6B(中心硬度はHBで、9Hが最も硬く、6Bが最も軟らかい)の17種類が決められている。BはBlack(黒い)、HはHard(硬い)、FはFirm(身が締まった、引き締まった)。

「そうですね、僕が知ってる太い線の絵はGガンダム(機動武闘伝Gガンダム)が最後ですね。あと、部分的にグレンラガン(『天元突破グレンラガン』)ぐらいで」

「Gガンダムは昔から描いてるスタッフがまだ残ってたんだよ」
 
「あ、そうだったんですか。
 もう後は、島本和彦の漫画ぐらいですね。線が太いのは」

「逆だよw島本和彦が昔のアニメに影響されて描いてるんだよw」

 そういえば、タニさん(ジェリド・タニさん)の友達のトンボさんは、Gガンダムファンで
「『∀ガンダム』のキャラは線が細くて嫌なんですよ。のっぺりしてるというか特徴がなくて、Gガンとか線がぶっとくて熱いじゃないすか」
と高円寺のジョイで深夜閉店後に話していたのを思い出した。
 確かに、『∀ガンダム』のキャラクターデザイン担当の安田朗(やすだ あきら)の絵は、無駄な線がなく本当にすっきりしている。悪くいえば、トンボさんのいうようにのっぺりして物足りない。
 安田朗は、他にゲームの『ストリートファイターII』で春麗やガイルといったキャラクターを担当していることで有名。
 
 ちなみにWiki「安田 朗」によると、
「ゲームクリエイター・イラストレーター・キャラクターデザイナー・漫画家・元アニメーター。北海道釧路市出身。男性。ペンネームはあきまん(AKIMAN)。
 アニメスタジオでは『コンポラキッド』や『北斗の拳』の原画を描いていたが、賃金の低さから電車賃さえなくなり、数ヶ月で辞める。1985年に株式会社カプコンに入社。
『ファイナルファイト』 『マジックソード』 『ストリートファイターII』 『ヴァンパイア』『X-MEN Children of The Atom』『ストリートファイターIII』の制作にたずさわる。現在はフリーランス。
 絵を描くにあたり影響を受けたのは安彦良和、フランク・フラゼッタ、 N・C・ワイエス(en)。本人曰く『安彦さんが好きで、アニメーターになろうとして失敗してゲーム業界に入ったようなもの』(『∀ガンダム全記録集2』より)。

 キャラクターデザイナーとして有名だが、主にドット絵を制作するドッターとして手腕を発揮し、『ストリートファイターIII』のリュウや春麗などに代表される緻密で職人的なグラフィックは、ゲーム業界内外に多くのファンを持つ。ドットという制約・作業効率上、無駄な装飾や色を排して明確な記号と力強いシルエットで構成された魅力的なキャラクター達は格闘ゲームのキャラクターという枠を飛び出し、多くのファンを産み、多くのクリエーターを刺激した。
 しかし、その職人気質な仕事ぶりから期限に間に合わないといったことも多々あり、当時の開発現場では『安田さん待ち』という言葉が生まれたエピソードも。その反面で、作業効率を考え、グラフィックの色数を減らす代わりにキャラのパターン数を増やすアニメ的パターン画を考案し、『ヴァンパイア』シリーズや『マーヴル・スーパーヒーローズ』シリーズなどで活かされた」
とあった。
参照:Wiki「安田 朗」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%89%E7%94%B0%E6%9C%97

Mさん話「失われる技術・撮取り」につづく
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-160.html

~~~~
関連記事:Mさん話「ユニコーンガンダム�景気とクオリティー」
http://cost-off.seesaa.net/article/183814843.html
Mさん話「ユニコーンガンダム�宇宙世紀と富野監督」
http://cost-off.seesaa.net/article/184354549.html
Mさん話「ユニコーンガンダム�ファースト打ち切り、安彦良和、SEEDの設定」
http://cost-off.seesaa.net/article/186083087.html
Mさん話「作監」「茄子 アンダルシアの夏」
http://cost-off.seesaa.net/article/107494745.html
Mさん話「巨人の星�オズマの最期」
http://cost-off.seesaa.net/article/191717021.html

こっさんめーる52「特攻からお笑い国家へ」「稲垣&田代逮捕」
http://cost-off.seesaa.net/article/160132987.html
まとめて読む→アニメ業界話・作品話(Mさん話)カテゴリー(コストブログ)
http://cost-off.seesaa.net/category/8611452-1.html
アニメ業界話・作品話(Mさん話)カテゴリー(コストブログ2)
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-category-5.html
<Mさん関連記事一覧>
・Mさん話「アニメーターと演出」
http://cost-off.seesaa.net/article/104815245.html
・Mさん話「映画の文法、表現の方程式」
http://cost-off.seesaa.net/article/103435242.html
・Mさん話「映画とディレクターズカット」
http://cost-off.seesaa.net/article/98197272.html
・Mさん話「江頭2:50とお笑い」
http://cost-off.seesaa.net/article/97482630.html

・Mさん話「原作付きアニメ化」
http://cost-off.seesaa.net/article/100823059.html
・Mさん話「演出と脚本」
http://cost-off.seesaa.net/article/97360336.html
・Mさん話「才能�」
http://cost-off.seesaa.net/article/100309680.html

・Mさん話「宮崎監督作品」
http://cost-off.seesaa.net/article/103052906.html
・Mさん話「宝島」
http://cost-off.seesaa.net/article/106218441.html
・Mさん話「緑ルパン」
http://cost-off.seesaa.net/article/106965438.html

・Mさん話「作監」「茄子 アンダルシアの夏」
http://cost-off.seesaa.net/article/107494745.html
・Mさん話「高畑監督」
http://cost-off.seesaa.net/article/108836115.html
・Mさん話「絵コンテ」
http://cost-off.seesaa.net/article/110040206.html

・Mさん話「ガンダムとエヴァ�」
http://cost-off.seesaa.net/article/112749838.html
・Mさん話「ガンダムとエヴァ�スポンサー」
http://cost-off.seesaa.net/article/113010701.html
・Mさん話「ガンダムとエヴァ�続・スポンサー」
http://cost-off.seesaa.net/article/113203782.html
・Mさん話「ガンダムとエヴァ�音楽と切り貼り」
http://cost-off.seesaa.net/article/114118669.html
・Mさん話「ガンダムとエヴァ�モチベーション」
http://cost-off.seesaa.net/article/115749045.html

・Mさん話「視聴率・壱」
http://cost-off.seesaa.net/article/116620802.html
・Mさん話「視聴率・弐」
http://cost-off.seesaa.net/article/116626243.html
・Mさん話「視聴率・参」
http://cost-off.seesaa.net/article/117772707.html
・Mさん話「視聴率・肆(四)」
http://cost-off.seesaa.net/article/117820281.html

・Mさん話「DVD化前編」
http://cost-off.seesaa.net/article/119673798.html
・Mさん話「DVD化後編」
http://cost-off.seesaa.net/article/112749838.html
・Mさん話「DAICON4(庵野監督)」
http://cost-off.seesaa.net/article/120560117.html

・Mさん話「映画談義」
http://cost-off.seesaa.net/article/121491208.html
・Mさん話「映画談義2・ヤッターマン」
http://cost-off.seesaa.net/article/121959079.html
・Mさん話「映画談義3・ゲゲゲの鬼太郎」
http://cost-off.seesaa.net/article/123288136.html

・Mさん話「最近の打ち合わせ事情」
http://cost-off.seesaa.net/article/124937613.html
・Mさん話「演出の役割1」
http://cost-off.seesaa.net/article/125503014.html
・Mさん話「演出の役割2」
http://cost-off.seesaa.net/article/128998219.html
・Mさん話「演出の役割3-1」
http://cost-off.seesaa.net/article/129065805.html
・Mさん話「演出の役割3-2」
http://cost-off.seesaa.net/article/131951152.html
・Mさん話「演出の役割3-3」
http://cost-off.seesaa.net/article/133608985.html

・Mさん話「魚眼レンズ効果」
http://cost-off.seesaa.net/article/139810859.html
・Mさん話「ニルスのふしぎな旅」(前編)
http://cost-off.seesaa.net/article/148843794.html
・Mさん話「ニルスのふしぎな旅」(後編)
http://cost-off.seesaa.net/article/149157135.html

・Mさん話「宇宙戦艦ヤマトの影響」
http://cost-off.seesaa.net/article/159421895.html
・Mさん話番外「沖縄旅行・おきなわワールド」
http://cost-off.seesaa.net/article/178895416.html

・Mさん話「ユニコーンガンダム�景気とクオリティー」
http://cost-off.seesaa.net/article/183814843.html
・Mさん話「ユニコーンガンダム�宇宙世紀と富野監督」
http://cost-off.seesaa.net/article/184354549.html
・Mさん話「ユニコーンガンダム�ファースト打ち切り、安彦良和、SEEDの設定」
http://cost-off.seesaa.net/article/186083087.html

・Mさん話「巨人の星�」
http://cost-off.seesaa.net/article/189624266.html
・Mさん話「巨人の星�オズマの最期」
http://cost-off.seesaa.net/article/191717021.html

・Mさん話「出統監督」【追悼】
http://cost-off.seesaa.net/article/196495749.html
・Mさん話「ジブリの後継者問題」
http://cost-off.seesaa.net/article/199375068.html
・Mさん話「ジブリの後継者問題(後編)『アリエッティ』『ゲド戦記』」
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-69.html
http://cost-off.seesaa.net/article/215438791.html

・Mさん話「爆発職人のアニメーター」
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-70.html
http://cost-off.seesaa.net/article/215623118.html
・Mさん話「太い線の作画監督(1stガンダム)・中村一夫」
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-92.html
http://cost-off.seesaa.net/article/220131966.html

・Mさん話「失われる技術・撮取り」
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-160.html
http://cost-off.seesaa.net/article/230842329.html
・Mさん話「失われる技術・撮取り2、セルアニメ」
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-170.html
http://cost-off.seesaa.net/article/232860166.html
・Mさん話「失われる技術・撮取り3、流出する技術と知識」
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-176.html
http://cost-off.seesaa.net/article/233890233.html
・Mさん話「失われる技術・撮取り4、都条例」
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-214.html
http://cost-off.seesaa.net/article/241393361.html

・Mさん話「アニメ映画はヤマトから始まった&ガンダム劇場版」
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-216.html
http://cost-off.seesaa.net/article/241581870.html
・Mさん話「年末の打ち合わせ」
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-230.html

・Mさん話「ジブリ作品の協力会社」
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-303.html
http://cost-off.seesaa.net/article/259786329.html

・Mさん話「海外のセル画コレクター」
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-334.html
http://cost-off.seesaa.net/article/267879982.html
・Mさん話「出演出、モンタージュ」
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-359.html
http://cost-off.seesaa.net/article/273322181.html

・アニメーターのギャラ(Mさん話5)修正版
http://cost-off.seesaa.net/article/96287580.html

「ガンダム創世」大和田秀樹著
http://cost-off.seesaa.net/article/116268683.html
アメリカンな実写版ガンダム・ケツ顎シャア「GUNDAM 0079 The War For Earth」
http://cost-off.seesaa.net/article/148768078.html

『秋葉の偶然(Mさん夫妻)』
http://cost-off.seesaa.net/article/119077793.html
『大人の事情(皆殺しの監督)』
http://cost-off.seesaa.net/article/92528294.html
【訃報】飯田 馬之介【ガンダム第08MS小隊監督】
http://cost-off.seesaa.net/article/171716787.html
【訃報】出崎統監督死去【アニメ監督】
http://cost-off.seesaa.net/article/196477011.html

実写版「ヤッターマン」
http://cost-off.seesaa.net/article/129274245.html
『劇場版 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-』
http://cost-off.seesaa.net/article/165393700.html
機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)3話「ラプラスの亡霊」
http://cost-off.seesaa.net/article/189438439.html
「ガンダムAGE・・」
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-161.html

『お台場18mガンダムpart1』
http://cost-off.seesaa.net/article/127347795.html
「普通日記09/08/29-30(G画像追加)」
http://cost-off.seesaa.net/article/126914941.html
『通常の3倍の・・電気代&静岡ガンダム』
http://cost-off.seesaa.net/article/182767124.html
『三鷹の森 ジブリ美術館』
http://cost-off.seesaa.net/article/113118633.html

『休日とガンダム産業と経済学賞』
http://cost-off.seesaa.net/article/113515216.html
議長話「異次元ワープと脚本」
http://cost-off.seesaa.net/article/113864254.html
京都アトム『アトム誕生の秘密』『イワンの惑星』
http://cost-off.seesaa.net/article/110902530.html

『EVA新劇場版:序』
http://cost-off.seesaa.net/article/54652392.html
『EVA新劇場版:破(ネタバレなし)』
http://cost-off.seesaa.net/article/123027223.html
『2009年映画興行収入ランキング』
http://cost-off.seesaa.net/article/140163753.html
『2010年映画興行収入ランキング』
http://cost-off.seesaa.net/article/184955148.html

普通日記(09/05/31)&アクセス解析「台湾」
http://cost-off.seesaa.net/article/120580540.html
「キャプテン翼芸人」&書店専務との会話
http://cost-off.seesaa.net/article/141660472.html
K合さん話「ジブリの美術監督」&『海がきこえる』
http://cost-off.seesaa.net/article/159056951.html
【映画】『SRサイタマノラッパー ロードサイドの逃亡者』 【初日舞台あいさつ】
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-320.html
関連記事

テーマ : アニメ - ジャンル : アニメ・コミック

<< 静岡市なう1(2011/08/15)ver.2 | ホーム | 【ゲーム】「アクシズの脅威V、ジャブロー侵攻用MSで攻略」ver.1.1 >>


コメント

Randalさん、コメントと紹介リンクありがとうございます。

>ガンダム話をせがむ
そのくだりに「アニメはガンダムだけじゃないよという感じで」の文章を追加しました。
 ガンダム関係の記事は、アクセス数が毎回跳ね上がるし、Randalさんのサイトから来る人だけでもやはり同じMさん話でも人数が違いますから、ガンダムの注目度の高さには驚かされます。
 ちょうど今もお台場で、実物大ガンダムがパーツごとに有料イベントで展示されてますが、未だにその人気は健在ですね。

>中村一夫さん
僕も安彦さんなら知ってましたが、この人はほんとに初めて聞いた方でしたが、担当した回を見れば一目瞭然で、やはり業界の人だとテロップまでチェックするという点が素人とは違いますよね^^;
 作画プロダクションというのがあるんですね。初めて知りました。

>ギャンがガンダムをビームサーベルでガンガン突きまくるシーン
そう!そのシーンです!アムロのガンダムが後ずさりするとこです。
 リック・ドムをバルカンで撃破は、あれはバルカンではないとか色々説がありますが、素直に見るとそう見えますよねw

 本文はわかりやすく12機と書きましたが、ガンキャノンとかが1機か2機は落としているのと、アムロの台詞でも9つあたりまでは数えているので12機全部ではないでしょうが、まさにニュータイプ覚醒後の鬼神のような強さを表現してましたよね^^
 僕もコンスコンの「3分も持たずにか!?」の驚くシーンは気に入ってますw

>のっぺり
トンボさんはGガンが好きで、その正反対なのがターンAでしたからそういう言い方したんでしょうが、僕も初めてターンAのキャラを見た時はやけに薄味だなと思いました。
 富野監督は、安田朗さんのターンAのキャラクターデザインをイメージにピッタリということで絶賛してましたが、確かに内容にはあっていたと思います。

>2Dと3DCGを合成
 直接パソコン上で絵をいじったりするから、昔のような太い線だと処理が難しいのかもしれないですね。


こんばんは。今回も楽しく読ませていただきました。

>俺がMさんにガンダム関係の話をせがむと、「ガンダム好きだねーw」と、ちょっと呆れ気味ながらもリクエストに答えてくれた話から。

ご協力本当にありがとうございます。Mさんにもよろしくお伝えください。

さて中村一夫さんのお話ですが、名前を聞いて一瞬「どこかで聞いたなあ…誰だっけ?」と思いましたが、コストさんの記事を読んでいくうちに、作画プロダクション「中村プロダクション」の創設者で、TV版「機動戦士ガンダム」(以下、ファースト)で作画監督を務めたアニメーターであることを思い出しました(ファーストというと、どうしても安彦良和さんや板野一郎さんのイメージが強いもので…)。

さっそくTV版ファーストのDVDを引っ張り出して、中村さんが作画監督を担当した回をチェックしてみたのですが…確かに線が太い! いや正確にいえば、太くて荒々しく力強いタッチというべきですかね。特にメカ・戦闘シーンの線は半端なく太いですね(笑)。コストさんが紹介している第37話「テキサスの攻防」でギャンがガンダムをビームサーベルでガンガン突きまくるシーンもなかなかの迫力なんですが、私的には第33話「コンスコン強襲」で、ガンダムが12機のリックドムを3分も経たずに全滅させるシーンが一番印象深いです。何かもう画面から「うおおおおりゃああぁぁ!!」と殴り描いてるアニメーターの声が聞こえてきそうなぐらい迫力があります。だってガンダム、バルカン砲だけでリックドム粉砕してるし(笑)。「勢いで描きすぎだろ!」ってツッコミを入れたくなるような荒々しさなんですが、ガンダムの鬼神のような強さが伝わってくるから楽しめちゃうんです。

それと比べると、最近のアニメの線はキャラもメカも細く精密で美麗なものが多いですね。昔の線がアナログ的だとすると、デジタル的というか。2Dと3DCGを合成させるケースも多いですから、マッチングの問題もあって均一的な線となる。それがトンボさんのような方には「のっぺりしてる」と映るのかもしれませんね。

話は変わりますが、あきまん(安田朗)さんは私も大好きなデザイナーです。世間的には「ストリートファイター」の春麗が有名でしょうが、私的には「∀ガンダム」のキエル・ハイムが一番好きですね。また富野由悠季監督と仕事をしてくれないかなあと渇望する今日この頃です。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム