コストブログ2 【過去記事】全寮制の明徳義塾のその後

プロフィール

Cost

Author:Cost
管理人のコスト(cost)です。
ご連絡はcostblog2@yahoo.co.jp まで、当ブログの著作権は一部画像をのぞきコストに帰属します。無断転載禁止。
FC2 Blog Ranking


カウンターは旧ブログと共通(カウントも通して計測)

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

広告バナー

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

広告バナー2

【過去記事】全寮制の明徳義塾のその後

 今日放送のアメトーーク! (テレ朝)の高校野球特番を観ていて、2006年に移転前の旧ブログ(コストブログ)に、全寮制の明徳義塾で中学の同級生が脱走した話を書いたのを思い出した。

藤川球児(高知商業)、全寮制の明徳義塾
http://cost-off.seesaa.net/article/21348963.html

 なぜか、この8年も前の記事が最近、「明徳義塾 野球部 脱走」「明徳義塾 野球部 監獄」「明徳義塾 特待生」などのワードで検索されているw

 上の過去記事には、中学の同級生の「かのやん」がスポーツ推薦の特待生だか奨学金付きで入学し、全寮制の野球部にいたが、
肩を壊していたたまれなくなり、中学時代の恋人に会いたくて地元の街(明徳義塾から40km)に脱走して、実家ではなく友達(こっさん)の家に匿われていたという高校時代の話を書いた。

 まったく盛らずにノンフィクションの事実を書いただけだが、ひょっとして記事を読んでビビッて進学をやめた奴がいるんじゃないか?と思った。一時期めちゃめちゃ読まれていたw

 事実、ここ数年の明徳は良い選手が集まらないのか、甲子園に出れなかったり、出ても1回戦で負けたりしている。昔は、夏は優勝したし、1回戦で負けるなんてまずなかった。

 元々、県民からも外人部隊と呼ばれるほど、他県出身の選手が多く、地元の選手は控えにしかいなかったこともある。それだけにいい選手が集まらないと結果にすぐ出るのかもしれない。

 ただ、地元の友達(結婚して愛媛県在住)の子どもが中学から明徳義塾の卓球部に行きたいと行って進学したのだが、
こちらは一人っ子だったせいか、全寮制の生活が楽しくてしょうがないらしくて、休みになっても愛媛の実家に戻らなくなり、親が卓球部の全国大会で応援に来た時にのみ面会するという。
 
 なぜ「面会」かというと、試合前は保護者といえども会ってはいけないという明徳ルールがあるからだそうで(友達談)、それでも子どもはまったく平気で楽しく全寮制生活をやっているという。
 
 野球部と卓球部では中身も違うんだろうけど、全寮制生活でみんなとの生活が向いているという生徒もいるのだと思った。

 しかし、友達は子どもが中学から県外に行って、一気に親離れしたと寂しそうに話していたw

~~~~~
関連記事:コラム人物編カテゴリー
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-category-4.html
コラムレポカテゴリー
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-category-2.html
関連記事

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : ブログ

tag : 明徳義塾 全寮制

<< 輝いてる人たち | ホーム | 【日記】ゲリラ豪雨(7/14)と十年一昔(ver.1.5) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム