コストブログ2 コラム・人物編

プロフィール

Cost

Author:Cost
管理人のコスト(cost)です。
ご連絡はcostblog2@yahoo.co.jp まで、当ブログの著作権は一部画像をのぞきコストに帰属します。無断転載禁止。
FC2 Blog Ranking


カウンターは旧ブログと共通(カウントも通して計測)

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

広告バナー

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

広告バナー2

伝える力~1~「あがりとのぼりで混むんです」

 先日、新宿のある会社でサービス内容を聞いた。
 詳しい話は、現地にも行ったことがある営業担当が説明しますというので、営業担当が出てきた。

 施設があるのは栃木県で、俺は東京より北は出張で数回行ったことがある程度だから、
「すいません、四国の田舎者なので、この栃木県○○郡○○町ってのがどの辺で、どんなとこなのかがわからないんです」
と、言うと

 営業担当は、日本地図を持ってきて
「えーっと、栃木は埼玉の上にありまして、関東の北のほうなんです。これ以上北だと福島とか東北になります。そういう場所です」
と、堂々と栃木県の説明をしてきた。

 おいおい、栃木県がどのあたりかぐらいはわかるよ。47都道府県の位置ぐらいは知っているよ。
 ひさびさに開始1分で帰ろうかと思ったw
 
 この説明だと、東京に来たことがない人が「東京の新宿ってどんなとこですか?」と質問したら、
「東京は、関東地方にあって神奈川の北にあります」と説明して、新宿については何も説明できてないのに「俺は仕事できた!」と勘違いしているのと同じだ。

 俺が聞きたいのは、栃木県○○郡○○町のことなのに、まったく意図が通じない。
 栃木県○○郡○○町の施設やアクセス、周辺観光情報を知りたいのであって、栃木県の位置ぐらいは知っているよ。大人なんだから。

 冒頭からネタになりそうな香ばしい感じが漂ってきたw

 とはいえ、社会人同士でストレートに指摘するのも失礼なので、再度
「で、この○○郡○○町ってのはどんなとこですか?どうやって行くんですか?駅は何駅なんですか?」
と、質問した。

すると、
「御用邸のある那須塩原駅から車で60分ですね」

「車で60分!?60分だとかなり行けますけど、そんなに遠くにあるんですか?」

「いや、40分かな。ここは、一本道であがりとのぼりで混むんですよ」
 
 車で60分と40分じゃ10kmぐらい違うし、いきなり所要時間が2/3になったが、それよりも

あがりとのぼり」って何だ?

 上りと下りならわかるが、手を上手するジェスチャーしてなかったら意味不明だw

 あがりとのぼりなら行きっぱなしだし、たとえ上りと下りだとしてもそれで渋滞するってのも意味が分からない。

 今まで仕事柄、社内の人はみんな正しく伝えることが基本的に出来ていたし、仕事先も同業者なのでリリースで来た内容も見事なものだった。

 取材でも取材を受ける相手は、経営者や開発者、もしくは社内で特に取り上げてほしい社員だから基本優秀だった。ボンクラ社員を記事にすることはまずない。

 が、今回はサービスを利用しに来た相手にこの説明。担当者がこんな説明をしているとなると、正直この施設のサービス自体怪しいなと思ってしまう。

 さらに担当者に話を聞いてみると、現地施設には行ったことがあるけど、それは地元の栃木出身だからだという。ちなみに長野の施設について聞いてみると、「そこは担当じゃないので、上田市までの行き方すらわかりません」という答え。
 
 だろうなあ。地元で行ったことがある施設について、まともに受け答えできないのなら、2県隔てた担当でもない物件説明は無理だろう。というか、担当の栃木の施設についても普通の会社ならアウトの説明だ。

 5分以上会話してわかったことは、駅が那須塩原駅で駅からかなり距離があるということだけ。車がない場合はどうやって行くのかもわからない。

 この営業担当は、見た目は悪い人でもいじわるな人ではないのだが、商品やサービスを提供するのにその説明ができないというと、この施設がよさげでもこの会社の利用は止めたほうがいいと普通は思う。

 しかし、この営業担当者は「まったく俺の仕事は完璧だ!」という顔つき、ひさびさにこのレベルの人間と遭遇したw

 仕事じゃ変なのは遭わないし、電話の時点で対応がいい加減だったら会社で説明を聞こうとは思わないのだが、この会社は受付の電話の対応はまともで、どっちかというと丁寧なだと思うぐらいだから、サービス内容を聞きに来たのだが、営業がここまで低いレベルってのは珍しいな。

 大学の親友のS川もあまりにもひどい従業員に呆れていると電話でよく話すが、なるほど北海道と東京じゃ人口密度の違いで遭遇確率が違うだけで、東京でもいるなあ。

 過去記事の
S川話「ハネと半製品、大臣と幹事長」
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-437.html

の記事に「口に出してる言葉と考えてる言葉が一致してない」奴の話を書いたが、今回もそれに近いなあ。
 
 おそらく、この担当者も自分が間違った対応しているとかは微塵も考えていないだろう。すごく満足げな顔をしている。

 ここまで噛み合わないと時間の無駄なので、「帰って検討します」と言って席を立つことにした。

 知識がないのなら通常は詳しい担当者に代わってというのだが、これがもっとも詳しい担当者、しかも地元出身だという。地元出身だから担当にしたというなら、安易すぎる。
 説明する仕事で説明できないのに、施設やサービスを売りに出そうというのは無理ゲーだよwお客への安心感ゼロw

 書いていないが、これ以外に2回ほど質問を変えて施設やサービスの情報を聞き出そうとしたが、その質問を理解できないようだった。当然、やんわり断るというニュアンスの帰って検討しますも、通じていない。

 う~ん、自己肯定は高そうだが、自己認識力は極めて低そうだw

 良かった、他社を選ぶことができる資本主義社会で。

 経営者とか受付とかがいくら優秀で仕事の意識が高くも、お客や利用者と接する社員がこのレベルだと、会社って淘汰されていくんだろうな。

つづく

~~~~~
関連記事:S川話「ハネと半製品、大臣と幹事長」
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-437.html
絶対に電車は止めない駅員と正直なオペレーター
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-919.html

【驚愕!】FREETELのカスタマーサポートの対応【ウソつきオペレーター】
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-945.html
【高校時代話】机の中が異常に汚い女
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-442.html

S川話「ダイ・ハードなサバイバー」
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-559.html
S川話「バカの判断基準」(序文)
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-340.html

S川話「腕に傷を持つ男」
http://cost-off.seesaa.net/article/172265136.html
S川話「ウンコテロ」
http://cost-off.seesaa.net/article/174270236.html
S川話「コンビニLの事件簿トリプル」
http://cost-off.seesaa.net/article/174402520.html

【目次】コラム人物編目次part1
http://cost-off.seesaa.net/article/107966008.html
まとめて読む→コラム人物話カテゴリー(コストブログ)
http://cost-off.seesaa.net/category/2974048-1.html
コラム・人物編カテゴリー(コストブログ2)
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-category-4.html 

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : ブログ

輝いてる人たち

 仕事や旅行で会った人で、職種も性別もバラバラで事業の規模も違うんだけど、自分のやりたい仕事を見つけてやってる人は、ほんと輝いてる。
 
 写真見直してもみんないい顔してるだよなあ、ほんと。
 一緒に写っているこっちがきょどってる感があるぐらい。(撮るほうだから写るのは慣れてない)

 経営者だったり、専門職だったり、技術者だったり、環境に関する仕事だったりとさまざまなんだけど、いい顔で輝いてる。
 仕事であそこまでいい笑顔出せるのはいいなあと素直に思ってしまう。

 楽しく好きな仕事をしていると、本人は仕事感がなくなるというのは本当かもしれない。俺も頑張ろう。
Bali-20140815-1254
バリ島の舞踊(2014/8/15.撮影)

~~~~~
関連記事:【高知の殿】塩井の殿の歌舞伎誘致【市川海老蔵】
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-762.html
【高知旅行6】塩井の殿とひろめ市場で土佐グルメツアー【2015年お盆帰省】
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-737.html 
【高知旅行18】塩井の殿、海老蔵公演始末記【弁天座・歌舞伎】 (05/15)
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-886.html

高知市の料亭・濱長「芸妓 かつをさん」
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-763.html
【高知、濱長】土佐のおきゃくPRイベント【浅草】
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-829.html
【高知旅行17】さんごの清岡屋~Natural Coral~【宝石珊瑚】
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-869.html

【沖縄・読谷村】さんご畑~陸上のサンゴ礁~
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-813.html
【沖縄・本部町】ゲストハウス「なんで家ねん」【ケンにー】
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-775.html

【出雲旅行2015、その2】「古民家 はまのや」、鵜峠浦
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-806.html
【出雲旅行2015その3】 出雲ゲストハウス いとあん(前編)「オーナーの熱田糸帆さん」
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-809.html
【出雲旅行2015その4】 「出雲ゲストハウス いとあん」(後編)「いとあんの楽しみ方」
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-820.html

Mさん話「アニメ映画はヤマトから始まった&ガンダム劇場版」
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-216.html
Mさん話「タイガーマスクのミスターX~中間管理職の哀愁~」
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-787.html

戦艦長門と兄部艦長
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-622.html
『知覧特攻平和会館(語り部編)』『義烈空挺隊』
http://cost-off.seesaa.net/article/103531105.html
トワイライトゾーンな道案内
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-943.html

【目次】オススメ記事のリンク、ランダム
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-814.html
コラム人物編カテゴリー
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-category-4.html

tag : 輝いてる人

絶対に電車は止めない駅員と正直なオペレーター

 2016/7/3.東京メトロの電車内で犯罪があったので、改札へ行き、駅員に犯人が電車で逃げるから電車を止めてくださいと言うと、
若い駅員は堂々と
「止められないですね」
と、言い出した。
「警察が来る前に発車したら犯人が逃げるのに止めないんですか?」
といっても
「止められないですね。連絡したのでお待ちください」
 
 どこの世の中に犯人が逃げるのに定時運行を優先する鉄道会社があるんだろうか。結局、犯人は間に合った警察に連行されていったが、後で駅事務室でこの場合は止めないんですか?と聞くと

「当然、止めますよ。痴漢なんかは現行犯じゃないと逮捕できないですから」
との回答。

 そりゃそうだ。殺人犯がいても電車は止めないわけがないんだから。というか、しょっちゅうドアに荷物が挟まって電車止めてるだろ。

 しかし、問題の改札の駅員については「事情でもあったんじゃないの?」といって、注意をする気はなさそうな態度なので、東京メトロのお客様センターで苦情を聞くというので、
0120-104-106
にかけてみた。

 すると、あきらかにぐったり感があるオペレーターが出てきた。元気感ゼロどころかマイナスだ。
一通り改善要望を伝えた後、ついでに

「こういう苦情の電話のお客さんって、問題があってかけてきてるわけだから冷静な人ばかりではないでしょう?」
と聞いてみた。

 すると、
「はっきり言って冷静な方はいません。皆様お怒りです。でも、こちらに問題があってかけてきてくださってるわけですから」

と、正直に話してくれた。

 やっぱり、相手は全員怒って電話してくるのか。だから元気度マイナスで、内容聞く前から謝ってたのか。自分がミスしたわけでもないのに、いくら仕事とはいえ、それは嫌だな。

 その話を聞いて、もう強くはいえなくなり、

「改善するところは改善するよう伝えてください。あと、お仕事がんばってください」
といって電話切った。

 世の中、色んな仕事があるが、このオペレーターの仕事はできないなあ。仕事とはいえ、サンドバック状態じゃん。

 でも、正直に「この仕事は実際こうなんです」と話されると、あの元気ゼロのぐったり感はそういうことだったのかとわかって多少好感が持てた。
 
 同じ会社なのに、片方の駅員は「俺がルールだ!犯人がいても電車は絶対止めない!」といい、片方は延々と苦情の電話処理か。雇用形態も給料も違うんだろうけど、なかなか世の中、面白いw


絶対に電車は止めない駅員と正直なオペレーター につづく
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-919.html
田園都市線で発煙、振替輸送
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-923.html

~~~~~
関連記事:S川話「S川の子育て奮闘記4・なまはげ」
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-904.html
S川話「後悔はゼロにはできないけど」「バイキング(食べ放題)」(ver.1.1)
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-887.html
皮むき冷凍みかん「不知火みかん」、東京メトロ24時間券
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-910.html
コラム・人物編 カテゴリー
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-category-4.html

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : ブログ

tag : 駅員 オペレーター

居心地がいい人、気持ち悪い人

 良い人と話すと実に気分が良くなる。楽しいと思うことの一つ。

 ブログやFBで記事にした人は、情報として書く価値があると思う以前に、この人の話を書きたいと思う人間性がある。

 ウィット(wit)があってテンポもよく、話しているだけで勉強になる。ずっと話を聞いても飽きない。

 あと、心がきれいな人が多いのだろう、一緒にいて居心地がいい。人柄だけで説明できない部分がある。

 反対に人を騙したり、悪質な金儲けやよくない考えを持っている人とは、いくら上辺の言葉が丁寧であっても気持ち悪く感じる。

 この1年ほどは特にそうで、仕事でもプライベートでもうさん臭い相手だと電話で話しただけでも気持ちがよくない。

 具体的には、平気で嘘をつけたり(嘘への罪悪感がない)、前都知事のマスゾエ的なタイプで、せこくてバレてるのに平然と嘘やごまかを続けるタイプ。
 例えるなら、地獄から仮出所してこの世でまた悪さをしている輩(ヤカラ)といったところだろうか。

 そういうヤカラがいるから、かえって素晴らしい人との時間が貴重に思えてくる。

 波長が合うというのだろうか、赤ちゃんが理屈抜きで好きな人には笑い出す感覚のようで、一緒にいると機嫌が良くなる。

 S川とこういう話をよく話すが、結論はいつも同じで、

「世の中は玉石混交だから、人生はなるべく話が合う相手と楽しく過ごすことを目標に入れていこう」

とオチがついて電話を切ることが多い。

 ブログでアップした人の良いところが、書ききれてなくても何かしら良さが誰かに伝わって、あの楽しい時間の恩返しになっていれば幸いである。
 一緒にいて心地よい良い人と多く会えることは、非常に価値があると思う。
201606-56アジサイ
近所のアジサイ(2016年6月撮影)

~~~~~
関連記事:S川話「S川の子育て奮闘記4・なまはげ」
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-904.html
S川話「後悔はゼロにはできないけど」「バイキング(食べ放題)」(ver.1.1)
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-887.html
絶対に電車は止めない駅員と正直なオペレーター
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-919.html

コラム・人物編 カテゴリー
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-category-4.html

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : ブログ

S川話「S川の子育て奮闘記4・なまはげ」


 今年3月、S川が出張で東京に来て、東北のブースでなまはげと撮った写真をデジカメの画面で見せてくれた。
なまはげ
なまはげ
これぐらいリアルな仮面だった(ひろいもの画像)

 そのなまはげの面がかなりリアルな出来だったので、

「これ、なかなかリアルななまはげの仮面だな。郷土博物館に展示してそうなぐらいの出来だなあ」

「やろ、これなら子どももビビると思って写真撮って、長男に見せて
 『お父さんはなまはげと友達だけん、呼んだらすぐなまはげ来るよっ』ってビビらすばいw

「それ、信じるか?」

「信じる」
と、強く確信して話していたS川から、後日電話で結果を聞いた。

「どう、信じた?」

「それが、長男に見せたらデジカメの画面をじぃーっと見てんのよ。で、
 『これは偽者だ!だって手首が青くないっ』
 って言ってきたのよ。
 なまはげの仮面は青いけど、手首が肌色の部分が出ていて偽者って言い出したのよ」

「うひゃひゃひゃっw細かいとこ真剣に見てるなあw
 さすがに小学校に上がる前になると騙されないかw」

「だけん、俺も
 『あ、そう。なら、今からなまはげに電話してすぐうちに来てもらおう。なまはげだからすぐ家に来るよ』
 って電話かけようとしたら
 『あっ、やめてよっやめてよー!!」
 って、もう必死に止めるのよw」

「あはははwやっぱなまはげ信じてたんだw
 そうか、手首の肌色とか本物はいるけど、これはどっちだってことでじぃーっと見てたんだなw
 子ども面白いなあw」

 なまはげの威力、現代でも健在w


S川話、待ち合わせエピソード(2016/8/18)につづく
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-950.html
S川話「S川の子育て奮闘記5・首が抜けない次男坊、アイス直撃」
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-956.html

~~~~~
関連記事:S川話「S川の子育て奮闘記」
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-88.html
S川話「ヤフオク事件とスマホ」(S川の子育て奮闘記2)
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-679.html
S川話「盗んだスポーツカーで優勝、次男坊のおもらし」(S川の子育て奮闘記3)
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-756.html

S川話「S川の子育て奮闘記4・なまはげ」の関連話
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-904.html
S川話「S川の子育て奮闘記5・首が抜けない次男坊、アイス直撃」
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-956.html

S川話「後悔はゼロにはできないけど」「バイキング(食べ放題)」
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-887.html
○○話「二級ボイラー技士試験に落ちた従業員」
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-745.html
S川話「ウンコテロ」
http://cost-off.seesaa.net/article/174270236.html

S川話「コンビニLの事件簿トリプル」
http://cost-off.seesaa.net/article/174402520.html
『S川と再会②~麻薬中毒者の実態~』
http://cost-off.seesaa.net/article/79954605.html
S川話「北海道レポート・日勝峠越え」
http://cost-off.seesaa.net/article/110764241.html
S川話「市営住宅にまつわる怖い話」
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-125.html

【目次】コラム人物編目次part1
http://cost-off.seesaa.net/article/107966008.html
まとめて読む→コラム人物話カテゴリー(コストブログ)
http://cost-off.seesaa.net/category/2974048-1.html
コラム・人物編カテゴリー(コストブログ2)
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-category-4.html 

続きを読む »

テーマ : パパ育児日記。 - ジャンル : 育児

tag : S川話 なまはげ

S川話「後悔はゼロにはできないけど」「バイキング(食べ放題)」(ver.1.1)

   S川話「後悔はゼロにはできないけど」

 今年に入ってからのS川(九州出身、大学時代からの友人)との電話から。

「情報収集が遅れて応募が終わっていた仕事があって、気づいてればなあと悔いが残るんだけど、
 でも、もしそっちの道を進んでいたら、5月の取材の仕事はできなかったし、そもそも真冬の寒い時期に仕事してたから情報に気づかなかったのも無理なかったかなとも思うんだよ。

 人生の岐路でどっちが良かったって思う時もあるけど、やり直したら今のルートで得たものも十分価値があるから、結局後悔はゼロにはできないけど、なるべくゼロに近づけるようにやってくしかないんだよなあ

「いや、俺もそうばい。
 あのまま県警にいたらと給料は公務員だから全然良かっただろうけど、人生やり直せるけど記憶も何も完全にリセットされてなしになるとしたら、今のままでよかって言うね。

 県警にいたら、法科大学院のチャレンジもしないまま終わって悔いが残るし、なにより鈴鹿で工員やってた頃の同僚たちと楽しかった思い出も、○○さん(俺のこと)と鈴鹿や神奈川、東京で遊んだ記憶もなくなるから、それならやり直しせんでよかって思うね」

「そうだよなあ。S川は、鈴鹿の同僚引き連れて九州ツアーやってたもんなあ。話聞いても楽しそうだったよ。
 それに、鈴鹿もきのこの山VSたけのこの里とかの同僚ネタも豊富だったなw」

「それに北海道に来ることもなかったから、子どもも生まれておらんことになるけんw」

「だな。何がどう転ぶかわからんから、これはこれでいいのよ」

関連記事:S川話「きのこの山VSたけのこの里」
http://cost-off.seesaa.net/article/109282137.html
S川話「S川の鈴鹿時代の同僚」
http://cost-off.seesaa.net/article/171434603.html
S川話「腕に傷を持つ男」
http://cost-off.seesaa.net/article/172265136.html
201408bali-beach
バリ島のビーチ(2014年8月撮影)本文とは無関係

~~~~

   S川話「バイキング(食べ放題)」

 今年の1月頃、バイキング(食べ放題)に一人で行ったが予想ほどは量を食べることができず、どっちかというと後半は元をとろうとしてつらかった。

 その後に北海道のS川と電話。

「いやー、この前食べ放題行ったのよ。したら、90分コースなのに50分ぐらいで箸止まって、あとはもう食べてないメニューのを一口単位で味見するぐらいでギブよ。
 もう全然よ。味も量もそうだけど、なんか予想してたほど楽しくないのよ」

「俺もよ、この前嫁とドライブしてて食べ放題の店あったから、入ろうとしたら嫁が私行きたくないっていうから、じゃあ1時間待ってて言って一人でバイキング行ったのよ。
 したら、店内で一人で食べてるの俺だけで、周りはみんなカップルや友達で楽しく食べてて、もう居たたまれんなって30分で出たけんね。
 戻って嫁御に全然楽しくなかったって言っても、俺一人で行ったからブーたれてて帰り散々よw」
201508bali-gohan1
バリ島の食事(2015/8/16.撮影)

「あはははwまあ、嫁さんにしたら自分に合わせて店変えてくれると思ったら、一人で行かれたから怒ったんだろう。
 でも、わかるわ。
 俺も一人で食べてるの俺だけで、まだ空いてたからいいけど、女子高生2人組のテーブルとか見ると、あー都会だと高校生で学校帰りに来るんだ、けっこう食うなとか思ったね」

「やろ、もうなんか一人でバイキングとか周りの雰囲気でおれんばい。
 あと、女同士行ってる連中は鬼のように食うばいw」

「そうそうw女子高生えらい食ってたよw
 俺はさあ、鹿児島旅行でS川としゃぶしゃぶ&カニ食べ放題が今までで一番のバイキングで、あれぐらい楽しめるかと思ったのよ。
 大学生の頃に4000円も出して、サラダバーも付けてのフルコースで、原付で真冬に熊本から一晩かけてやっと鹿児島市に着いた後だから、あの時は食ったねw」

「食ったねーw」

 「もう、すぐに肉持ってこい!カニ持ってこい!タレ追加!って、ガンガン連続でピンポン(店員コール)押し捲ってたね。サラダバーいけば、ライチ大量に取ってきて延々食ってたねw
 うまかったし量も食べたし、あれは楽しかったねーw」

「楽しかったねー、あれはw
 俺もそうよ、あれをイメージして嫁待たせてまでバイキング行ったら、30分と持たないで出たけんね」

「やっぱ、バイキングは楽しいやつと行かないとダメだなw一人で行くもんじゃないなw」
 
関連記事:S川話『鹿児島・桜島』(桜島まで何マイル?)
http://cost-off.seesaa.net/article/16818453.html

S川話「S川の子育て奮闘記4・なまはげ」につづく
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-904.html
S川話「S川の子育て奮闘記5・首が抜けない次男坊、アイス直撃」
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-956.html

~~~~~
関連記事:S川話、待ち合わせエピソード(2016/8/18)
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-950.html
【S川話】電車内で歌いかけてくる女、私のこと知ってますよねの女
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-843.html

S川話「おやつと兄弟」
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-848.html
【日記・人物編】冗談が通じない人、うれしくなる人、鋭い人
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-875.html

S川話「S川の子育て奮闘記4・なまはげ」
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-904.html
S川話「後悔はゼロにはできないけど」「バイキング(食べ放題)」
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-887.html

S川話「コンビニLの事件簿トリプル」
http://cost-off.seesaa.net/article/174402520.html
『S川と再会②~麻薬中毒者の実態~』
http://cost-off.seesaa.net/article/79954605.html
S川話「市営住宅にまつわる怖い話」
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-125.html

S川話「盗んだスポーツカーで優勝、次男坊のおもらし」(S川の子育て奮闘記3)
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-756.html
S川話「S川の子育て奮闘記」
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-88.html
S川話「ヤフオク事件とスマホ」(S川の子育て奮闘記2)
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-679.html

S川話「ウンコテロ」
http://cost-off.seesaa.net/article/174270236.html
S川話「北海道レポート・日勝峠越え」
http://cost-off.seesaa.net/article/110764241.html

S川話「森元首相、失言集」
http://cost-off.seesaa.net/article/164053696.html
S川話「片付いてましたよぉ」
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-648.html
S川話「きのこの山VSたけのこの里」
http://cost-off.seesaa.net/article/109282137.html

【目次】コラム人物編目次part1
http://cost-off.seesaa.net/article/107966008.html
まとめて読む→コラム人物話カテゴリー(コストブログ)
http://cost-off.seesaa.net/category/2974048-1.html
コラム・人物編カテゴリー(コストブログ2)
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-category-4.html 

続きを読む »

テーマ : ブログ - ジャンル : ブログ

tag : S川話

仕事の選び方

 FBでシェアされていた記事で、有名企業のトップが仕事の選び方で
「仕事を選ぶ基準は、楽にできること」
と説明していて、仕事はつらいことを頑張ってやるものという考えを否定していて、なるほどと思った。

 長時間できないつらい作業は、そもそも向いてない。長時間できる仕事はある程度適正があるか、好きか、だろう。

 別の記事で、仕事としてやるとなると長時間作業するわけだから、好きなことを仕事に選んだほうがいいというのもあったが、確かに納得。
 
 収入のこともあるだろうが、やっててつらいことはストレスもたまるし、やるなら長時間や家でもやっても楽しいものがいい。

 「楽できること」ではなく、苦もなく「楽にできること」を仕事にするという説明はなかなか的を射ている。

 ともあれ、今の時期は東京もいい季節だ。
20150219お台場223
お台場

~~~~
関連記事:S川話「後悔はゼロにはできないけど」「バイキング(食べ放題)」
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-887.html
【目次】コラム人物編目次part1
http://cost-off.seesaa.net/article/107966008.html
まとめて読む→コラム人物話カテゴリー(コストブログ)
http://cost-off.seesaa.net/category/2974048-1.html
コラム・人物編カテゴリー(コストブログ2)
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-category-4.html 

【仕事】インタビューで捨てるところがない人

【日記・人物編】冗談が通じない人、うれしくなる人、鋭い人の続き。
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-875.html


    「インタビューで捨てるところがない人」

 昨日からインタビュー記事3本のうち、もっとも長文の原稿を書いている。

 通常、2日もかけていたら時給換算だと損なのだが、しゃべってる内容が良すぎて捨てるところがなくて、全部使えるため時間がかかっている。普通は1本1日もあれば十分なのところ。

 元々の指定文字数の倍以上になったため、Webサイト用なので1ページから2ページに変更してもらおうと思っている。
 この実績と内容見たら、たぶん通ると思う。いい台詞ばっかだもん。

 通らなくても尺(文字数)に合わせて切る作業は、クライアントがやるからとりあえず、6500文字強の原稿を推敲して出しておこう。

 それよりも一番驚いたのは、理系の開発者(工学博士)で海外で顧客に英語でプレゼンし、大学で准教授も勤めていたせいか、話す台詞がそのまま文章に使えるのだ。無論、構成や整理はいるものの、理路整然とはこのこと。

 質問に対して一寸のずれもない的確さ。レコーダー聞き返して舌を巻いた。

 事前に質問を出して準備はしてくれていたにせよ、とにかく無駄がなく分かりやすい。そのため結果として濃密な内容になっている。

 10年記者をやっているが、ここまで切る(捨てる)ところがない会話をしてる人は、そうはいなかった。

 よかった、切る作業がなくて。はじめのアジェンダの文字数だと、大河ドラマ(50話)を1クール(12話)で詰め込むという作業になるところだった。

 実際、同じに日インタビューした他の2人社員は、この人ほどではなかった。でも、正直あとの2人のほうが分量的に書きやすいw

 まあ、せっかくすごい人に良い話が聞けたのだから、採算よりもいい記事に仕上げておこう。
Dscn0316b2
今年の善福寺公園の桜
(2016/4/6.撮影)

※写真はクリックすると拡大してはっきり見えます。サムネイル(縮小画像)は幅の関係でボケてます。

~~~~~~
関連記事:アニメ業界・作品話(Mさん話)
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-category-5.html
【目次】コラム人物編目次part1
http://cost-off.seesaa.net/article/107966008.html
まとめて読む→コラム人物話カテゴリー(コストブログ)
http://cost-off.seesaa.net/category/2974048-1.html
コラム・人物編カテゴリー(コストブログ2)
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-category-4.html 

【日記・人物編】冗談が通じない人、うれしくなる人、鋭い人

 【日記】G.Wの連休だけど、4/25の取材の原稿(3本)などで仕事。

 『下町ロケット』ばりの企業の技術者・開発者の話で、書くのは楽しみなんだけど、やはり1日に3人ってまとめて取材ってのは多かった。頭の中で構成をぐつぐつと煮ているところ(手をまだつけたくないw)。

 やっぱ、取材は1日午前午後で2人までにしよう。料理も多すぎると見ただけで、満腹になってしまうのと似ている。
バリ島 食事 店
バリ島での食事。ケースから選んで買う。
バリbali 201408 shokuj
バリ島の食堂
(2014年8月撮影)


【人物編】「冗談が通じない人、うれしくなる人、鋭い人」
 アクセス数が増えてるのはありがたいけど、
「冗談が通じない人は、このブログを読むのはご遠慮ください」
と、どこかに書こうと考えてる。

 人それぞれ受け取り方が自由なんだけど、100人が読んで、1,2人しかそうは読まない(理解しない)ってのは単なる誤読、間違いだから。

 ブログの記事だけでなく、会話でも最近はそういう人に説明したり、誤解というのも無駄だとわかったので、反論はしなくなった。
 そこまでひどい誤読をする人は、おそらく誤解を解く説明のほうもちゃんと(正しくは)理解できないだろうから。

 学校で国語があって夏休みに読書感想文などもやってきて、いい大人になって冗談(ボケ)を冗談と理解できないとか、字面の表面と深いところでは意味が違うという、裏返しや反語がまったくわからない人がいる。

 それは国語の授業を受けて、読書感想文も書いた上でだから、足の速い遅いと一緒で能力的なことなのだろう。

 一度無難な言い方で遠まわしに注意をしてみたが、通じてないと思う。常識や考え方の土俵が違うとしか言いようがない。
 
 親友のS川は、仕事で注文書類の書き方が間違ってる顧客がいても、

「あのーすいません、注文の書き方が変更になったので、今度からこういう形でお願いします」

と、まったく同じ説明を言い忘れていたという体(てい)で、3回までは相手が理解しなくても資料を持っていってラリーをすると話してくれたが、なかなか参考になった(笑)。S川も大変だなw

 俺も3回はしないが、1回はラリーするようになった。

 逆に、俺よりもはるかに深いところまで考えていて、「それだとこういう問題がある」と教えてくれる人も当然いて、そういう人と話をすると勉強になるし、すごい良いことを聞いたとうれしくなる。

 良いこと聞いたから誰かに伝えたいと思って書いてる記事が、Mさん話とかたまにある人物話や職業話。

 ある人(ブログは知らない人)は、FB(フェイスブック)だけアップしている旅行の記事を読んで、

「この旅行の記事は、観光記事のように書いているけど、観光じゃなくてほんとは別の目的があるのを、観光記事っぽく書いているように見える」

 と、1回しか会ってなくてこのブログも知らないのに、指摘された時は心底驚いた。読心術でも会得してるのかと思った。
 ぞっとするほど鋭い人で、どんだけ頭いいんだよ。

 つきあいが10年以上になるS川なら、
S川「重金属で、あれなんだっけ、代表的な重金属・・」
俺 「重金属?カドミウムとかか」
S川「そうそう、カドミウム!」
俺 「カドミウムって、イタイイタイ病の原因だぞ」
S川「そう、それが塗料に含まれてる機械だから、安全なのかって問い合わせしてた。
   重金属は水銀とか色々あるんだけど、一発でよく当ててくれたなあwすぐ名前が出なかったとこなのよ」

 と、大学で同じ学科でほぼ同じカリキュラム受けてるから、連想もシンクロしやすいんだけど、この1回しか会ってないのに隠してる情報まで読み取ってくる人もいて、世の中ほんとに上には上がいると思ったwというか、エスパーかよw
bali20140817-22b.
ウルン・ダヌ・ブラタン寺院  
(2014/8/17.撮影)
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-872.html

※写真はクリックすると拡大してはっきり見えます。サムネイル(縮小画像)は幅の関係でボケてます。

【仕事】インタビューで捨てるところがない人につづく
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-878.html

~~~~~~
関連記事:アニメ業界・作品話(Mさん話)
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-category-5.html
【目次】コラム人物編目次part1
http://cost-off.seesaa.net/article/107966008.html
まとめて読む→コラム人物話カテゴリー(コストブログ)
http://cost-off.seesaa.net/category/2974048-1.html
コラム・人物編カテゴリー(コストブログ2)
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-category-4.html 

テーマ : つぶやき - ジャンル : ブログ

【人間観察】勇者な子ども

 今日、夕食を駅前の日高屋で食べていた。
 この店は、禁煙だとカウンターになるので背もたれが欲しかったので、吸っている人がいなさそうな喫煙席へ座った。

 その後、隣のテーブルに母親と小学校低学年の男の子が座った。

 しかし、子どもの2つ先の席のおっさんがタバコを吸いだした。

 俺は、子どもがいるんだから食べ終わったのなら吸わずに出ればいいものを思いつつも、席が3つ離れているし、喫煙席なので黙っていた。
 
 すると、さっきの男の子が
「あー、ガスマスクちょうだい、ガスマスクっ」

 と、あからさまにタバコが煙いと言い出したのだ。
 母親は、
「あっ、もう夜はここは喫煙席になるのねぇ。仕方ないねえ」
と、なだめているが、男の子は
「あー、空気が悪いっ気持ち悪いっ」
と、攻撃を止めない。
 言う相手は、タバコのおっさんではなく、あくまで母親だというところが実にクレバーだ。

 すげえな、この子w
 大人の俺は喫煙席だから仕方ないとルールに従って、せいぜいにらむぐらいしかできないのだが、子どもはストレートに嫌なものは嫌!と主張している。

 単に怖いもの知らずなのか、母親がいるから強気なのかわからないが、
 さらに
「あー吐きそう、ガスマスクつけないとガンになるっ」
と、波状攻撃だ。

 子どもでなければ完全にケンカを打ってるような、ヤバイ攻撃、いや口撃だ(笑)

 「ガスマスクがいる、ガンになる」って、あたりで俺はもう笑いを必死にこらえていたw
 小さな勇者よ、頑張れw

 そして、結局、母親が禁煙席のカウンターが空いたら移動させてくださいということを店員に言って、親子は移動したが、それと同時にタバコを吸っていたおっさんも会計をして店を出て行った。
 
 小さな勇者よ、よくやってくれた。おかげで俺はきれいな空気の中で食事ができたよww
 グッジョブ!

 いつもは、子どもを観察すると不思議で面白いネタが多いが、今日は子どものおかげだった。

~~~~~~
関連記事:子供に好かれる(人間観察・子供編3)
http://cost-off.seesaa.net/article/117274273.html
『人間観察(2007/07/18)&子供編2』
http://cost-off.seesaa.net/article/48347430.html
『気が襲ってきた』
http://cost-off.seesaa.net/article/103199604.html
『更新料とバス停で泣く子供』
http://cost-off.seesaa.net/article/125568994.html

【人間観察】子供に好かれる4「つかんだら離さない」
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-781.html
【目次】コラム人物編目次part1
http://cost-off.seesaa.net/article/107966008.html
コラム・人物偏カテゴリー(コストブログ2)
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-category-4.html

【弁天座】塩井の殿、海老蔵公演始末記【歌舞伎】

 このページは、【高知旅行18】塩井の殿、海老蔵公演始末記【弁天座・歌舞伎】
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-886.html
のミラーサイト(コピー)で同じ内容です。コラム・人物編カテゴリー用にコピーしました。

~~~~~

     【弁天座】塩井の殿、海老蔵公演始末記【歌舞伎】

 2016/3/30.今年の春の帰省で、塩井の殿(塩井政利さん)に香南市赤岡町の芝居小屋「弁天座」を案内してもらった。
20160330bentenza1
高知県香南市赤岡町にある芝居小屋「弁天座」
20160330bentenza8
お遍路さんが見学に来ていた。
弁天座HP:http://wwwa.pikara.ne.jp/bentenza/

 弁天座は、塩井の殿が会長を務める「香南市歌舞伎でまちおこし実行委員会」が2015年9月15、16日に歌舞伎公演「市川海老蔵 古典への誘い」の誘致に成功し、2日間4公演は大盛況だった。

 俺も行きたかったが、昨年8月は外祖母の初盆で帰省していて、9月の公演には帰れなかった。
その時の記事↓
【高知の殿】塩井の殿の歌舞伎誘致【市川海老蔵】
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-762.html

 そもそも、実家の町と同じ郡部だった赤岡町自体あまり行ったことがなく、今回ほぼ初めて来た。ちなみに赤岡町は土佐の絵師・絵金さんで有名。
20160330bentenza5
弁天座
20160330bentenza3
2階席からも全然近い
20160330bentenza4
キャパ300人は伊達じゃない狭さw
20150915弁天座3.
2015年9月の市川海老蔵の歌舞伎公演時
写真より実物はステージと近く、文字通り手を伸ばせば届く距離(笑)

 弁天座は、江戸時代から残る芝居小屋で客席数300程度と聞いていたが、実際来てみると、
「こ、これは狭いっ!全部S席じゃないですかww
 写真で見るよりも近いですね。これは、相撲の砂かぶり席みたいなもんじゃないですか(笑)。観る側にとってはすごくいいですねー」

 思わずそう言ったぐらいの予想以上の狭さ、そして予想以上にきれいだった。2階席で舞台までの距離が15mもないとか、ありえない。
 予想をここまで超えてきたのは久々w

 寄席の新宿末廣亭よりも狭く、全席S席で本当に砂かぶり席かリングサイド。演者との距離がすごく近い。
 小屋全体でも舞台の広さと観客席の比率が1:3ぐらいしかない。2階席足しても客席の広さは、教室1個分とちょっとぐらい。比率絶対おかしいって(笑)
20160330bentenza2
最前列。海老蔵公演の時は、殿が座っている部分も座敷席になった。
ガチで近すぎw
20160330bentenza11
2階席にある絵金さんの絵のレプリカ
2階席で、土佐山内家(土佐藩主)の本物の殿様も海老蔵公演を観覧した。

「この距離で海老蔵(敬称略)に手を伸ばしたら届くんじゃないですか?近すぎて飛び出す人とかいたら危ないぐらいですよ」

「幸いそんなの変な人はおらんかったけど、『若様の指にささくれがあった』とか、そこまで見えたって言ってたねぇ。どこを見てるのよwって思ったけど、それだけ近かったってことだから。もう歓声どころじゃなかった。悲鳴ぐらいキャーキャー言ってた。
 海老様も他の役者も乗ってたねえ。客一人一人の顔が見えて反応がわかるから、ノリに乗ってたねえ。江戸時代の歌舞伎役者と同じ感覚だったと思うよ」

「なるほど。これほど近いとわかってたら9月も無理して帰ったんですが、東京だから往復の飛行機代で歌舞伎座で見れると思ったんですけど、歌舞伎座だとこんな近くの席は取れないでしょう」

「県外から来た人で、
 『歌舞伎座でS席はずっと抽選で外れて取れないのに、高知でこんな近い距離で見れてうれしかったですっ』
 って言ってくれた人がいたよ。感激してくれてやってよかったなあって思ったねえ」

「この最前列は料金がどれだけ違うんですか?」

「いや、1階席はどこも一律1万8000円にした。2階席は1万6000円で、地元の仕出し弁当を買ってもらうようにしたんだよ」

「えぇ?1階はどの席でも同じなんですか。最前列が得じゃないですかw
 絶対にこのかぶりつきところは3万とか取れますよ。オークションならもっと上がるかも」

「初回だし、いろいろ事情があって。値段は次回どうするか検討するけど、最前列以外はあまり高いと地元の人が来れなくなるから」

「そうですけど、飛行機に乗って東京で歌舞伎見たり、ディズニーランド行くのを考えたら、これは安いですよ」

「だから、今まで奥さんだけ東京の歌舞伎座で見ていたのを地元なら夫婦で行こうとかなるし、歌舞伎見たことない人でもCMもやっている海老様が来るなら行こうかってなるしね」

「なるほど。ただ、(座席が少なくて)入場料収入じゃペイしないでしょう」

※歌舞伎の公演には、役者から大道具、照明係と数十人単位の人数が必要。

「文化庁から補助金もらっても足らないから、その分は企業から寄付募ったり、そりゃもう去年は忙しかった。
 おかげで、この公演終わってから三ヶ月は体調良くなかった。今は良くなったけど、やっぱり疲れが出たんかなあ」

「ははは、さすがの殿も疲れが出ましたか。
 大体、殿はギャラもらってないんでしょう。普通は、イベント会社とかに委託契約してやるような事業ですよ。企業の寄付集めだって、あれだけの数の会社回るだけでも大変ですよ」

「お金もらってやったら、それこそ『あいつは自分のお金のためにやってる』って言われて協力してくれんからな。
 ただでさえ、2年前に市川海老蔵を呼ぼうって会議で言ったら
 『それは蟹蔵とか物真似芸人呼ぶってことか?』とか、『歌舞伎で経済効果はどれだけあるのか』とか言われて、全然理解されなかったんだから」

「そうだったんですか。高知は議論好きな県ですが、何かしようとするとすぐ反対する人がいるってのは変わってないですね。まあ、テレビに出てる市川海老蔵が田舎の自分の町に来て、さらに歌舞伎をするってことがイメージできなかったんでしょう。
 経済効果がゼロなわけないでしょうにw
 僕も当初は、高知市内のホールならともかく、赤岡の田舎で大丈夫かと思ってましたけど、よく呼べましたね」

元々、中村勘九郎さん(5代目、18代目中村勘三郎、2012年12月没)が全国の芝居小屋を復興する事業を進めていたんだよ。
 各県の芝居小屋で歌舞伎をやろうということで、こんぴら歌舞伎(香川県)もその流れで開催されていたから、弁天座でもうまくいけば誘致できるんじゃないかなと思ったんだよ。
 でも、勘九郎さんが亡くなったから、それで色々イベント会社に相談したりもして、海老様を呼ぼうってなったんだよ」

※中村勘三郎(18代目)が最後の名前だが、殿は46年間名乗った前名の中村勘九郎のほうで会話している。
20160330bentenza6
楽屋。海老蔵もこの楽屋を使っていた。
20160330bentenza7
出番前に全身を確認する姿見鏡
20160330bentenza9
木が優しい弁天座の内部
20160330bentenza10
厠(かわや、トイレ)

「地方は、何かしていかないと寂れていくだけだから、赤岡には弁天座があったからそれを生かして町おこしをということで、海老様を呼ぶって言ったんだけど、まあ最初は周りから相手にされんかった。

 で、実際に海老様が来た途端に、どうやって呼んだ?どうして来た?とか聞くもんだから、こっちも最初は協力してくれなかったってのがあるから
 『電話で呼んだ』『そりゃあ、飛行機で来たんじゃないの』ってとぼけてやったよw


「あははは(笑)まあ、それぐらいは仕方ないですねw
 だって、殿が東京の松竹本社まで行って交渉したんですから」

「松竹は、さすがに歌舞伎のすそを広げるということで非常に協力的で、次回は2017年にまたお願いしようと思っている。
 ほんと、当初は味方がいなかったから、四国八十八箇所回って公演成功の願掛けやったよ。無事、成就したから高野山にお礼参りに行かんといかんなあ」

「あー、お遍路回ってましたね。フェイスブックで見ました。あれは、海老蔵公演のためにやってたんですか。突然、お遍路始めたなあと思ってました」

 四国八十八箇所霊場巡りのお遍路では、八十八箇所を打ち(参拝すること)終わることを結願(けちがん)といい、八十八箇所全てを参拝した後に高野山金剛峯寺奥之院にお礼参りとして参拝することを満願(まんがん)という。
 ちなみに四国遍路は総行程約1,400Kmで、四国の人は迎える側なのか、あまりお遍路はしない。俺も出雲大社には毎年行くが、四国遍路は回ったことがない。

 殿は、日ごろ
「俺は金はなくても、心まで貧乏したことはないっ」
と常に強気前向きなのだが、急にお遍路に出たのはそういうわけだったのか。この時、初めて知った。

「でも、今回の歌舞伎誘致やって良かった。観客が喜んでくれたのもあるし、海老様が高知を気に入ってくれて、『塩井さん、またここでやりましょう』って言ってくれたから」

「それは何よりですね。事務所が公演入れても演者がそこでやりたくないっていったら外されますし、海老蔵がまた来たいって言ってくれたなら、次回の話も持っていきやすいですね」
20150817カツオの塩たたき
高知の鰹のたたき

「海老様は、鰹のたたきがうんと(土佐弁で『うんと』はすごく、とてもの意味)気にいって、公演の2日とも楽屋で食べて、帰りの日も飛行機の時間まで食べたいって電話かかってきて、ホテルまで俺が持って行ったよw」

「はははwどんだけ気に入ったんですか。3日連続食べてるじゃないですかw
 でも、ツイッターでアップしてくれてていい宣伝になりましたね」

「海老様は、土佐ロイヤルホテルに泊まったんだけど、高知市内の街中じゃなくてすぐ裏が海だから、
 『塩井さん、釣りしましょう、釣り!』って急に言い出して、さすがにそれは道具もそろえないといけないから、それはまた次回来た時にしてくれって言ったけど、それぐらい高知が気に入ってくれたよ」

「釣りって、遊び気満々じゃないですかwでも、地方出張の楽しみってそういうことかもしれないですね」

何よりも今回の公演で、地元の若者たちが自分たちで何かしよう、町を盛り上げていこうって気持ちになってくれたのが一番良かった。
 県内の企業も協力体制作ってくれたし、企業と若者とをつなげていくことも必要だし、2年1回は歌舞伎で町おこししていきたいね」

殿、おつかれさまでした。

弁天座
〒781-5310
高知県香南市赤岡町795番地
TEL: 0887-57-3060
HP:http://wwwa.pikara.ne.jp/bentenza/

【高知旅行19】町家カフェ「道-タオ-」【香南市】につづく
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-893.html

※写真はクリックすると拡大してはっきり見えます。サムネイル(縮小画像)は幅の関係でボケてます。

~~~~~
関連記事:【高知旅行2】高知市の日曜市
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-656.html
【高知旅行3】続・高知市の日曜市
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-657.html
【高知旅行4】鰹のたたきマップ【2015年春帰省】
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-659.html

【高知旅行5】高知の殿(塩井の殿)
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-726.html
【高知旅行6】塩井の殿とひろめ市場で土佐グルメツアー
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-737.html
【高知の殿】塩井の殿の歌舞伎誘致【市川海老蔵】
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-762.html
【高知旅行18】塩井の殿、海老蔵公演始末記【弁天座・歌舞伎】
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-886.html

【高知旅行7】日曜市、永野さんの無農薬ブルーベリー
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-740.html
【高知旅行8】日曜市、田畑さんのミニトマト「アイコ」
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-744.html
【高知旅行9】日曜市、小川さんの土佐刃物(小川鍛造)
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-747.html

【高知旅行10】高知市の料亭・濱長「芸妓 かつをさん」
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-763.html
【高知、濱長】土佐のおきゃくPRイベント【浅草】
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-829.html
原宿表参道元氣祭 スーパーよさこい2015「濱長 花神楽」(オフショット前編)
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-830.html
原宿表参道元氣祭 スーパーよさこい2015「濱長 花神楽」(オフショット後編)
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-837.html

【高知旅行11】日曜市、川村さんのしそっぷ(しそジュース)
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-748.html
【高知旅行12】日曜市、三谷さんの田舎ずし
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-757.html
【高知旅行13】日曜市、岡林さんの冷やしあめとゆずネード、カキ氷
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-758.html
【高知旅行14】日曜市、ガツンと来る土佐山ジンジャエール
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-777.html
【高知旅行15】土佐養生膳 加尾の庭【薬膳】
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-788.html

【高知旅行16】思い出の店「ヒジリのパン」【香美市】
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-867.html
【高知旅行17】さんごの清岡屋~Natural Coral~【宝石珊瑚】
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-869.html
【高知旅行18】塩井の殿、海老蔵公演始末記【弁天座・歌舞伎】
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-886.html
【高知旅行19】町家カフェ「道-タオ-」【香南市】
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-893.html

【オススメ】『ロケみつ』稲垣早希のブログ旅・四国編【高知入り】
http://cost-off.seesaa.net/article/144907749.html
『ロケみつ』稲垣早希のブログ旅・四国編【高知・足摺岬】クジラどこ?
http://cost-off.seesaa.net/article/149341652.html
『ロケみつ』稲垣早希のブログ旅・四国編【高知県中村・須崎】
http://cost-off.seesaa.net/article/150104165.html
『ロケみつ』稲垣早希のブログ旅・四国編【高知市内①】ぼうしパン~高知駅
http://cost-off.seesaa.net/article/152398485.html
『ロケみつ』稲垣早希のブログ旅・四国編【高知市内②】路面電車~城西館
http://cost-off.seesaa.net/article/163508206.html

【目次】コラム人物編目次part1
http://cost-off.seesaa.net/article/107966008.html
まとめて読む→コラム人物話カテゴリー(コストブログ)
http://cost-off.seesaa.net/category/2974048-1.html
コラム・人物編カテゴリー(コストブログ2)
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-category-4.html 

テーマ : 高知(土佐) - ジャンル : 地域情報

S川話「おやつと兄弟」(ver.1.1)

【S川話】電車内で歌いかけてくる女、私のこと知ってますよねの女のつづき
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-843.html


      S川話「おやつと兄弟」

 2016/3/7.海浜幕張駅近くのファミレス。
 出張で上京したS川(九州出身)と半年ぶりに再会して、飯を食べた。S川には、年子の長男と次男がいてその話題になった。ちなみに俺もS川もともに姉か妹がいる。

「やっぱり兄弟はいるばい。遊び相手だけじゃなくて、世の中は競争社会だというのがわかるけんね。
 一人っ子だとおやつがいつまであると思うけんね。でも、兄弟がいるとそうじゃないってのがわかる。うかうかしてたら兄弟に食べられるってw」

「そうだよな。ちょっと風呂入ってるうちになくなるからな。俺も風呂入ってる間にヤクルト飲まれて、姉に風呂上りに楽しみにしてたのにって文句言ったら
 『飲まれたくなかったら、名前でも書いとけ!』で終わりだからな。そっから名前書くなり、所有権を主張することを学んだなw」

「そうなのよ、おやつがいつまでも自分のために取っておいてくれるなんてのは、世の中に出たらないけんね。
 うちの嫁御(S川は奥さんをこう呼ぶ)は、一人っ子だから俺がお菓子食べようもんなら烈火の如く怒るけんね。
 『なんで食べたの!?』って、そりゃもう世の中でありえないことが起こったぐらいに怒るのよw

「あー、小さい頃におやつの取り合いを経験してないんだなあ」

「だからよ、兄弟がいれば冷蔵庫におやつがあれば兄弟に狙われるとか、隠すかすぐに食べようとか、食べられたなんてことはとっくに経験してるのよ。
 世の中に出たら普通に競争社会だけん。兄弟がいると子どもの頃から、『おやつはいつまでも自分のために取っておいてくれない』ってことがわかるからいいのよ」

「それと分かち合いもあるな。
 俺が2歳ぐらいの頃、俺と1つ下の妹におやつにどら焼きが出たのよ」
どら焼き
どら焼き

「俺がテーブルに着いた時点で、妹は自分のどら焼きを食べ終わってて、俺のほうをじっと見るのよ。まだしゃべれないから物欲しそうに。
 で、俺は
 『おまえは、もう自分の分食べたじゃないかっ』って言ってもじっと見てくるのよ。
 あんまり見るから、ちぎってあげようとなったけど、俺もまだ子どもだから、半分?いやいや、1/3?、いやいや、1/4?、う~んって迷ったあげく2割ぐらいちぎってあげたのよ。

 自分の分がなくなるのは嫌だから一口ちょいぐらいの大きさだけど、その前に妹は自分の分で1個丸々食べてるからね。
 で、渡した時に
 『これで少ないとか文句言ったら怒るぞ』って身構えてたら、妹はちぎってもらった一口分のどら焼きを持って、わーいわーい!ってすぐ食べないでめっちゃ喜び出したのよ。
 てっきりすぐ食べて『もっとくれ』って言うのかと思ってたのに。
  
 そこでわかったのは、この子は食べたいって気持ちよりも分けてほしかったんだなあって。こんなに喜ぶならもうちょっとあげてもよかったかなあって思ったね

「だからよ、兄弟がいるとマンガとかおもちゃとかも倍になるし、入ってくる情報が一人っ子よりも多いからいいって」

「そうそう、わかんないことあれば親が忙しいとか、細かいことまで聞けなくても兄弟に聞けば簡単にわかることとかあったからなあ。
 ちびまる子ちゃんでも『ノストラダムスの予言で世界が終わるから勉強しない』って、まる子が言っても速攻で姉が
 『予言だから外れることがあるのよ。外れた時にどうするの?』ってツッコンで、終了だったからなw」

「そうそうwやっぱ兄弟はいたほうがいいばい」

 千原兄弟や中川家など兄弟でコンビを組んでいるお笑い芸人もいるが、兄弟がいたからこそのコンビだなあ。

 昔、嘉門達夫の歌で死ぬ間際のおじいちゃんに何か欲しいものは?と聞くと
「俺、弟が欲しい・・」
と答える曲があって笑ったのを思い出したw

~~~~~
関連記事:S川話「後悔はゼロにはできないけど」「バイキング(食べ放題)」
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-887.html
S川話「電車内で歌いかけてくる女、私のこと知ってますよねの女」
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-843.html
S川話「S川の子育て奮闘記4・なまはげ」
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-904.html

S川話「おやつと兄弟」
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-848.html
【日記・人物編】冗談が通じない人、うれしくなる人、鋭い人
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-875.html

S川話「コンビニLの事件簿トリプル」
http://cost-off.seesaa.net/article/174402520.html
『S川と再会②~麻薬中毒者の実態~』
http://cost-off.seesaa.net/article/79954605.html
S川話「市営住宅にまつわる怖い話」
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-125.html

S川話「森元首相、失言集」
http://cost-off.seesaa.net/article/164053696.html
S川話「片付いてましたよぉ」
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-648.html
S川話「きのこの山VSたけのこの里」
http://cost-off.seesaa.net/article/109282137.html

S川話「腕に傷を持つ男」
http://cost-off.seesaa.net/article/172265136.html
S川話『鹿児島・桜島』(桜島まで何マイル?)
http://cost-off.seesaa.net/article/16818453.html

【目次】コラム人物編目次part1
http://cost-off.seesaa.net/article/107966008.html
まとめて読む→コラム人物話カテゴリー(コストブログ)
http://cost-off.seesaa.net/category/2974048-1.html
コラム・人物編カテゴリー(コストブログ2)
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-category-4.html 

続きを読む »

tag : S川話 兄弟

【S川話】電車内で歌いかけてくる女、私のこと知ってますよねの女

 2016/3/9.S川が出張で上京したので、幕張で夕飯を食べながら近況を話した。
半年ぶりなので話がたまっていたが、去年に続いてS川は20代のおかしい女に絡まれていた。

 今回、羽田から幕張メッセへのリムジンバスが飛行機の遅延で乗れなかったS川は、3回以上の乗り換えをして最後のJRに乗っていた。
 隣には、20代の女が座り、当初
「爪が・・」
と自分の爪を気にしていた。
 その後、S川は歌が聞こえると思っていたが、どうも耳の近くで歌っていると気づいた。

 歌っているというか、ささやくように歌う音量だが、S川は気になり、隣を見た。

 すると、思い切り、S川の耳元で隣の女が歌っていた!

 いつもは強気なS川だが、この時は何も見なかったふりをして前を向きなおし、ななめ上のあらぬ方向を見てその後の3駅以上をやり過ごした。

 その後、その女は歌をやめ、爪を噛み切り始め、そして降りる時にS川をずっとにらみつけて降りていった。

 海浜幕張駅で合流した俺は、近くのファミレスでその話を聞いた。

「マジか・・、俺10年以上東京で住んでいるけど、電車内で歌う奴は見たことがないってw
 さらに、それが隣の耳元で歌うって、もう0・00%台に低い確率だよ。
 酔ってるとか、ドラッグやってるとかそんな感じだったか?」

「いや、見た目は普通なのよ。それがささやくように何か耳元でずっと歌ってるんのよ。
 で、3駅ぐらい無視ってたら爪噛み出して、降りる時にはガンにらみなのよw」

「ははは(笑)。まるで私の歌でノッてこないって、この男どうかしてんじゃないの?不感症か!とか思ってにらんでった感じがするw
 ヤバイねえぇw」

「やろ、もう隣見たら数cmで顔があるけん、もう見なかった振りしてななめ上をずっと見てたばい。
 普段なら、爪噛んでたら『爪噛むなー!』って言うとこが、もう二度と隣を見んかったけんね」

「爪噛むなwww
 俺もズルズル音立てて食べる奴には、ズルズル言うな!って思うけど、言えないねえ。しかも、耳元で歌ってくる女だろう、絶対言えないねw」

「去年の3月も羽田行きのバス停で、『私のこと知ってますよね?』って言ってきた女いたけんね。もう幕張はなんかあるね、ここw」

 去年、幕張から羽田行きのバス停で待っているS川に、20代の色白の見知らぬ女が自転車で近づき、

「私のこと知ってますよね?五反田の風俗で働いてましたよね?」
などと、あやしいことを言ってきた女がいて、S川は
「知らないですし、風俗?僕は○○屋で羽田から帰るとこです。ここ羽田行きのバス停でしょ」
と、応えても

「じゃあ、五反田行ったことありますよね?」
と、食い下がり、俺とS川は五反田で飯食ったことがあるから
「五反田はありますけど」
「ほら、やっぱり~」
「いえ、それは友達と飯食っただけで、あなたのことは知らないですから」

などと不気味に食い下がってくる女に絡まれ、結局昼の羽田発の便なのでバスが来て乗り込んだが、1年経っても謎のままになっていた。

「あー、バスの中から電話してきた事件な。飛行機が羽田に引き返して空港で一泊するはめになっても平気なのに、あの時はS川は慌てて電話かけてきたからな、何事かと思ったよw」

「あの女の謎も解明したかったね。あれから飛行機は全部最終便にして、変なのが来ても謎を解明していけるようにしたけど、今回の耳元で歌う女には何もできんかったね。
 もう、ただただ見てみぬ振りよw」

「はははw、だって車内で歌いかけてくる女はヤバいもん、絶対おかしいってw
 電車で寝てる酔っ払いとかラリって裸になってるのは見たことあるけど、こんなのはないなあ。引き強いなw」
【脱法ハーブ?】電車内でパンツ一丁男
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-355.html
DSCN9186
最終日の羽田空港内

 毎回、お互いのネタを話すだけでもめちゃめちゃ楽しい時間。

S川話「おやつと兄弟」につづく
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-848.html
S川話「人生の選択、やり直せるけど記憶はなくなる」「バイキング(食べ放題)」
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-887.html

~~~~~
関連記事:トワイライトゾーンな道案内
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-943.html
S川話「コンビニLの事件簿トリプル」
http://cost-off.seesaa.net/article/174402520.html
『S川と再会②~麻薬中毒者の実態~』
http://cost-off.seesaa.net/article/79954605.html

S川話「市営住宅にまつわる怖い話」
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-125.html
S川話「森元首相、失言集」
http://cost-off.seesaa.net/article/164053696.html

S川話「片付いてましたよぉ」
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-648.html
S川話「きのこの山VSたけのこの里」
http://cost-off.seesaa.net/article/109282137.html

S川話「腕に傷を持つ男」
http://cost-off.seesaa.net/article/172265136.html
S川話『鹿児島・桜島』(桜島まで何マイル?)
http://cost-off.seesaa.net/article/16818453.html

【目次】コラム人物編目次part1
http://cost-off.seesaa.net/article/107966008.html
まとめて読む→コラム人物話カテゴリー(コストブログ)
http://cost-off.seesaa.net/category/2974048-1.html
コラム・人物編カテゴリー(コストブログ2)
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-category-4.html 

続きを読む »

【仕事】人の原稿を直す仕事、その3「妄想から始まる元原稿」

 東京の冬は寒くて取材で外を回れないのと、近所で通勤が20分を切るという理由で、素人ライターの原稿を直す仕事に就いたが、
 
 あまりの妄想ぶりに「ソースは?」どころではない原稿に遭遇しているが、最近はネタをもらったと笑うようになった。

例えば、ゲーム業界についての原稿の冒頭では
「ITといえば、ゲーム業界ですよね」→んなわきゃーない

とか、薬剤師の原稿の冒頭では
「いつの時代も人気がある職業の薬○師は」→人気職業だったことなんかない

とか、必ず妄想で書き出す素人ライターがいて、毎回
「んなわけあるかっw」
「聞いたことねーよ、どの時代だよw」

と、呆れてツッコミを入れている。
ソース(情報源、根拠)はどれ?までいかなくて、すぐに妄想とわかるレベル。

 一番ひどかったのは、「ジャパンネケルクラブ認定トリマー」とあったので、コピペだろうからチェックせずにスルーしたら、

 隣の先輩から
正しくは「ジャパンケネルクラブ公認トリマー」だよ。

 と、指摘された。
 マジか、1つの単語に2箇所間違うって狙ってやってんのか?
しかも固有名詞だぜ。コピペしたら間違いようもないのに、もはやトラップと化している元原稿w

 良かった、横の先輩がめちゃ優秀で。

 冒頭からこれだから、中身を読んでも予想通りの出来なので、まともに読んでいると間違った内容に引きずられる(影響される)ので、
チラッと見たら自分で1から書くようにしてる。

 先輩のアドバイスは正しかったwほんとヒントにしかならない元原稿がある。
 当然、原型留めないほどに書き直し。しかも、俺と先輩二人がかりだから、人件費かかってると思う。
 隣の先輩は、こんな原稿を俺みたいにツッコむわけでも文句言うこともなく、黙々と直している。ほんとすごいな。

<おまけ>
 フェイスブックでアップされていた面白いサイト。
「お金がないとクリエイティブになる15の証拠」
http://curazy.com/archives/69745

DSCN9456
2015/9/29.沖縄・さんご畑にて

「ウソを書いて出す人」「流星の社員」「信者の人」につづく
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-823.html

~~~~
関連記事:【日記】人の原稿を直す仕事(ver.1.1)
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-entry-799.html
コラム・人物偏カテゴリー
http://costblog2.blog24.fc2.com/blog-category-4.html

| ホーム |


前のページ «  ホーム  » 次のページ